パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

3歳のイヤイヤ期が手強かったのは*1歳のイヤイヤと比べてみる

スポンサーリンク

我が家は3歳のお兄ちゃんと1歳の弟くんの兄弟との4人暮らし。今回は子育てで避けることのできない子どものイヤイヤについて。

f:id:Pikky:20180911011441j:image

木登りを楽しむ3歳児

登場人物紹介

f:id:Pikky:20180929224255j:plain

兄:3歳10ヶ月
イヤイヤ期を最近脱した。話せば分かってくれることが増えて格段に育児が楽になった。

f:id:Pikky:20180929224252j:plain 弟くん:1歳6ヶ月
兄と入れ替わるようにイヤイヤ言い出した男。イヤイヤ初心者のため、我々プロ処理班の手にかかればすぐに鎮火できる。でも果たしていつまで通用するか汗

1歳のイヤイヤと3歳のイヤイヤ

3歳も後半戦に入ったお兄ちゃんは、イヤイヤ期を何とか通り過ぎてくれました。未だにイヤイヤ言うことはしょっちゅうありますが、こちらがあの手この手で頑張れば結局やってくれるようになりました。

www.papapatto.com

ピークの時には、私は白目を剥いてる時間のほうが長いんじゃないかってくらいイヤイヤが家中をこだましてましたが、その頃に比べたら今の息子はぬるま湯です。

一方で、兄と入れ替わるようにして、自己主張が激しくなってきたのが1歳半の弟くん。イヤイヤ期にはまだ早いんですが、いっちょまえに自己主張を押し出してはやんややんや泣いています。

www.papapatto.com

我が家に平穏という単語はもう永遠に訪れないのかな…とため息つきたくなりますが、しょうがない。

でも悪魔とも呼ばれる3歳のイヤイヤと1歳のイヤイヤを比べたら、1歳のイヤイヤなんて可愛いもんです。

何がそんなに違うんだろう。3歳の悪夢のようなイヤイヤの記憶が鮮明なうちに残しておきます。

3歳のイヤイヤが手強かったのは

力づくが通用しない

まずはこれ。

イヤイヤ期に入って、ホントは自分で出来るのにやらないってことが増えました。増えたっていうかほぼ全てそれ。

弟くんのイヤイヤの場合、極端なはなし無理矢理大人がやってしまえばいいんですよ。

着替えを嫌がることが増えてきたんですが、力づくでも一旦着せてしまえばこちらの勝ちです。無理矢理着せようとすれば”やめろーーっ”と言わんばかりに脱ごうとしますが、1歳児には残念ながら自分で脱ぐことができません。そしてそうこうしているうちになだめすかしてお終いです。

でも3歳児のお着替え拒否の難しいところは、本人が脱ごうと思えば脱げるんです。いくらこっちが力づくで着せても次の瞬間、サッと脱いでくるんです。せっかく着たんだから着たままでいいじゃないか…は通用しません涙

力技が通用しないとなると、結局はなんとか説得してやってもらうしかないので、暖簾に何回腕を押せばいいんだ問答で疲れてしまうのです。

火がついたら大炎上必至

あとね3歳児はしつこい。一旦火がついてしまうと消火活動が思うように進みません。どんなに水を掛けても火の勢いが衰えません。衰えないどころか激しくなることも。どんな冷たい水もたちどころにガソリンと化すのです。

何をそんなにこだわるのか、と疑問でしょうがないんですが、とにかく一旦火が付くとずーーっとヤダヤダ言い続けます。

1歳児だと割とスグに興味を別のものに移してくれます。なのでイヤイヤ言って泣き出しても、いつの間にかケロッと泣き止んで遊んでいることも多いです。

努めて冷静に、努めて優しい気持ちでいようとイヤイヤに接していても、それがずーっと続いていくとどうしてもイライラするものです。気持ちの切り替えって大事。

色んなタイミングとバッティングする

イヤイヤ期ってね、色んな自立のタイミングとバッティングするんですよ。代表的なものがトイレトレーニング。

トイトレは大人の声掛けで子どもにトイレをしてもらうことから始まるんですが、もうねイヤって言われるのは分かっているんです。でもそれでも声を掛けなきゃいけない。

そんなにイヤイヤ言うならパパが代わりにやってあげるよ…ができないんですよ。どんなにイヤイヤ言われても何としてでも本人にさせなきゃならない。ああ大変だったなぁ。

この押し問答を何回も何回も繰り返して少しずつ自分でトイレに行ってくれるようになるんです。

それに比べて1歳児なんて、ガッと捕まえてガガガッっオムツを履き替えさせればいいんです。もはやイヤなんて言わせる隙も与えません。

叱らなきゃいけないという縛り

3歳って世の中のだいたいのことは分かっています。これをやっちゃダメってことも分かっていて、その上で確信犯的にやるんです。もはや分かっているからこそやるのかも知れません。

そうなるとこちら側も叱らなきゃいけません。叱るってエネルギー使うから放っておきたいことも多々あるんですが、そうするとダメな行為を黙認したことになります。

叱ったって響きやしない、それどころか逆ギレされることが分かっていながら叱るんです。響かない叱責ほど徒労感を覚えるものはありません。

1歳だとそれこそ本当に善悪がよく分かっていないので、叱るのも気楽です。いや、ダメなことをしたらちゃんと叱るんですが、こちらは通じていないこと前提で叱っているので、プレッシャーがないです。

私のイヤイヤ期関連エントリ集

せっかくなので息子のイヤイヤ期に散々振り回された私の軌跡を晒していこうと思います。今となってはいい思い出…でも下の子が同じ道を通るのかと思うと………。

www.papapatto.com

2歳半の頃。まだこの頃は大人に余裕があった。2歳ってイヤイヤの要素さえなければ恐ろしいほど可愛いんですよ。

www.papapatto.com

上のエントリから4ヶ月後、いよいよピークです。暖簾に腕押し、何を言っても逆効果、この世から”い”と”や”という言葉が消え去ればいいのに、っていつも思ってた。

www.papapatto.com

そこから3ヶ月、猿にまで八つ当たりをする始末。

この猿、こどもちゃれんじに出てくる猿なんですが、こどもちゃれんじはイヤイヤ期の子どもに微かな灯をともす存在だったかも。ホントやってて良かったしまじろう。

www.papapatto.com

叱るんじゃない、褒めるんだと何回も何回も誓うんですが、どう頑張っても実践できない。つうかイヤイヤ期の子どもって褒めるところがないんですよ。それって冷静に考えたらすげぇ存在。

www.papapatto.com

叱っても聞かないなら脅すしかない。脅すのは良くないと思いつつも、ついつい使ってしまう最後の手段。

最近はめっきり脅さなくなったなぁ。

www.papapatto.com

イヤイヤ期が可愛いとかほざいたときから約1年、ようやく終わりを感じることができるようになりました。

おわりに

3歳のイヤイヤが手強かった理由を思い出してみました。

いま思い出しても頭痛がするくらいの壮絶な1年だったのですが、今目の前で素直に生きてくれる息子を見ると、頑張って良かったと涙ぐみそうになります。言うてまだイヤイヤ言うてるんですけどね。