パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

3歳児には上野動物園よりあらかわ遊園のほうが楽しいぞ

スポンサーリンク

我が家は3歳のお兄ちゃんと1歳の弟くんの兄弟との4人暮らし。今回はGWのお出かけのお話。

f:id:Pikky:20180430141802j:image

GWに荒川遊園に子連れで行ってきました

GWのど真ん中にあらかわ遊園に行ってきました。

今年のGWは、初めての保育園生活で疲れた身体を癒すべく遠出せずにのんびり過ごす予定でしたが、我が家の子どもたちの精神にのんびり過ごすという回路は組み込まれていませんでした。

動物に触りたい!という3歳くんのリクエストもあり、id:cabucafeさんのエントリを見てピンっときた荒川遊園に行ってきました。

cabucafe-shiochanco.hatenablog.com

最初は上野動物園に行こうかなと思ったんですよ。でもどう考えても、GWど真ん中に行ったら動物を見るどころじゃない人だかりだろうし、触れ合いなんてもっと難しかろうと思って荒川遊園にしました。
決して荒川遊園を舐めていたわけではありませんが、上野動物園より繁盛していることはないだろうと。そして、これが大正解でした。やっぱり上野動物園よりも繁盛はしていなかったし、上野動物園よりも3歳児向きの場所だったのです。

あらかわ遊園、安すぎやろ

大人の入場料が200円、小学生以下は無料です。しかも都営交通の1日パス(700円)を持っていれば大人もタダです。

我が家は行きはバスを乗り継いでいき、帰りは都電とバスを乗り継いだので、通常だと往復の交通費と入場料で千円以上するところが、1日パスのおかげでだいぶ安く済みました。

上野動物園だと入場料だけで600円することを考えると(これもだいぶ安いけど)、一般庶民の財布に優しい施設です。

遊園のなかのアトラクションに乗るためには別途チケットが必要ですが、動物に触るだけなら入場料だけでオーケーです。

あらかわ遊園、子鉄向けだった

f:id:Pikky:20180430140057j:image

あらかわ遊園には下町都電ミニ資料館なる施設があります。小さめな施設ですが、鉄道模型やNゲージが並んでいて、うちの子鉄は目を輝かせていました。

GWとはいえ屋外にずっといるのは辛い日差しだったので、こうやって屋内に避難できる施設があるのは嬉しい限り。

ほとんど下調べもせずにやってきましたが、日曜だとNゲージを動かすこともできるようです。ざっと運転席は10くらいあったし、そこまで人も混まないだろうから、次は絶対に日曜に行こう。もちろんここも入場料のみで入ることができます。

また、観覧車にも乗ったのですが、遠くに走る新幹線(たぶんあさま)も見ることができました。子鉄は観覧車も要チェックです。

あらかわ遊園、もちろん動物にも触れあえた

f:id:Pikky:20180430141315j:image

当初の目的である動物との触れ合いもできました。モルモットにヤギ、羊が解き放たれていて、ご自由にどうぞ形式でした。

どの動物ものんびり動かないので安心して息子に触らせることができます。

上野動物園にも動物との触れ合いコーナーはありますが、確か時間制で、しかも小さい動物だけだったような記憶があります。

飼っている動物の種類はさすがに少なくて、そこは上野動物園と比較しようがないんですが、その分動物達との距離が近くて、3歳児にはこちらのほうがいいです。

こんな自由にヤギや羊を触っていいなんて、緩い感じがたまんないです。

あらかわ遊園、3歳児にちょうどいいアトラクション達

f:id:Pikky:20180430141720j:image

乗り物に乗るには、別途チケットがいるんですが、せっかくなのでチケットを買いました。

どれも子ども100円、大人200円の値段設定でリーズナブル。

アトラクションのクオリティも3歳児にちょうどいいものでした。小学生には多分つまんないだろうな。

私も十年以上ぶりに観覧車に乗りましたが、思った以上に景色が良くて楽しかったです。観覧車の中は自然の風が吹いてきて涼しかったし。…つまりはすきま風なんですけどね。ほんとこれは隙間じゃなくて穴だよねってレベルでそっちのほうに涼しくなりました。

あらかわ遊園、GWでもさほど混んでない

f:id:Pikky:20180430141657j:image
これがその観覧車

我が家が行ったのは4月30日。GWのど真ん中もいいところです。

でもどのアトラクションもだいたい10分前後の待ち時間で乗れたし、活気があるなぁと微笑ましく見ていられる人の量でした。ジェットコースターだけすごい並んでいたけど。

上野動物園とか水族館・遊園地に行っていたら人・ヒト・ひとで楽しむどころじゃなかっただろうなと思うと、あらかわ遊園を選んで大正解でした。

あらかわ遊園、ホントは子鉄のカフェにも行きたかった

今回、諸事情で行くことができなかったのですが、ホントはここも行きたかった。

ameblo.jp

プラレールが走るカフェ、kotetsu。荒川遊園地前駅から徒歩1分のところにあります。子鉄の息子を持つ我が家が行かないわけにはいきません。

次は日曜日に行って、下町都電ミニ資料館でNゲージを運転し、観覧車で走る新幹線を拝み、kotetsuでランチをするという子鉄フルコースにしよう。

ちなみにあらかわ遊園の最寄駅は都電の荒川遊園地前ですが、その近くには都電の車庫があって、ここも子鉄には堪らないトレインビュースポットです。

おわりに

あらかわ遊園は人も多くないし、3歳児にちょうどいいレベルの施設だし、電車好きが喜ぶ施設もあるし、動物にも触れ合えるし、予想以上に楽しめる場所でした。

▼基本情報▼
住所:東京都荒川区西尾久6丁目35−11(Google マップ
アクセス:都電荒川線荒川遊園地前から徒歩3
料金:大人200円、小学生以下無料。