読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

オロナミンC・焼肉・カレー 陣痛を起こす3大ジンクス

妊娠 知っ得
スポンサードリンク

(2015.1最終更新)

私の妻は、切迫早産での入院も無事に乗り切り、臨月となった今、自宅安静の状態になっています。

もう、いつ産まれても赤ちゃんの発育には問題ないということで安心はしているんですが、もう一つの心配事として、里帰り中の妻の出産に立ち会えるかという大問題があります。

こういったわけで、私たち夫婦は、私が妻の実家に滞在しているとき(主に土日)に出産となったらいいのにーって話しています。

陣痛や出産のタイミングをコントロールできないことは百も承知なんですが、出産を促すジンクスなんてものを調べてみました。

なお、あくまでジンクスなので科学的根拠はまっったくないです。

オロナミンC

なぜ栄養ドリンクという括りでなく、オロナミンC限定なのかはよくわかりません。

おそらくは、他の栄養ドリンクと違いカフェインが成分として入っていないからじゃないかと推測します(栄養ドリンクの効き目を比較!飲むタイミングや効果を調査 - Latte)。

カフェインは胎盤を通りやすく、また、胎児の中枢神経を覚醒・興奮させる作用があります。

そのため、十分胎児が成長している臨月の妊婦さんでも摂取しないに越したことはありません。そういう意味ではリポDよりオロナミンCです。

f:id:Pikky:20141202073858j:plain

焼肉

これは結構「実際に陣痛が来た!」っていう報告が多いジンクスです。ただ単に実践したひとが多いからというのもあります。ちなみに世の中にはこんな人もいました。

出産前日の夜に焼き肉30人前食べて、食あたりだと思ったら陣痛だった。
ギャル曽根、焼き肉30人前食べて陣痛→出産!wwwww : ワラちゃんねる

カレー

3大陣痛ジンクスの最後はカレーです。

カレー食べて陣痛が来たっていうブログを以下に記しておきます。

この3つを探すために20以上の「食べたのに全然陣痛来ない…」を素通りしたことは内緒です。

3大ジンクスの共通点

全く科学的根拠のないジンクスですが、火のないところに煙は立たないだろうということで、共通点を探してみました。そして見つけた共通点が・・・

「腸への刺激」

です。

焼肉の動物性の脂質、オロナミンCの炭酸、カレーの香辛料はいずれも腸に刺激を与えるものです。いずれも安倍さんが第一次内閣のときに患ったとされる「潰瘍性大腸炎」の人が食べてはいけないとされるものでした。

で、お産が近づくと出てくる体の変化に以下のようなものがあります。

出産のためのホルモンは腸の活動を促し、腸をからっぽにして少しでも赤ちゃんの通り道を確保しようと働きます。同じように、吐き気を感じることもあるでしょう。
陣痛、そして出産です - gooベビー

つまり、

オロナミンC/焼肉/カレーを食す

腸が活発に活動をする羽目になる

体が強制的に出産のための準備をしている状態になる

陣痛を誘発

の流れなんじゃないかと推測します。

おわりに

こんなこと書いていながらあれなんですが、実際は陣痛が来るかもーっていう思い込みの要因が一番なんじゃないかと思っています。

(2015年1月追記)

無事この記事を投稿した直後に元気なベビーが生まれました。

試したのはオロナミンCと焼肉ですが、ジンクスの効果…かどうかは怪しいですが、思い込みの効果はあったかもしれません。

なお、残念ながら私の滞在中ではなく、仕事中に陣痛が起きました。6時間かけて駆けつけ、最後の10分のみ立ち会うことができました。

◆おすすめ記事◆