パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

おっとり1歳児、どんくさい疑惑5選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

我が家は4歳のお兄ちゃんと1歳の弟くんの兄弟との4人暮らし。今回はいつものんびり癒し系男児の弟くんについて。

登場人物紹介

f:id:Pikky:20181011234713p:plain

兄:4歳3ヶ月
何をしても激しい男。動きも激しいし、感情の起伏も激しめ。

f:id:Pikky:20181011235007p:plain

弟くん:1歳11ヶ月
あの兄の弟がまさかこんなおっとりだとは…。

(*イラストはKaoさんに描いてもらいました。詳細はこの記事をご覧ください*)

スポンサーリンク

おっとり系癒し男児の1歳くん

f:id:Pikky:20190217233524j:image

我が家の弟くん(1歳11ヶ月)は、のんびり屋さんのマイペース男児。兄がチャキチャキ系の神経質男児なので、その大らかさがより際立っています。

愛嬌があって甘え上手でもあって、ホント典型的な弟気質なヤツです。我々大人はそんな彼の放つ大量のマイナスイオンにいつも癒されております。

そんな、のんびりおっとり系で、癒し系男児な弟くんですが、ときにはおっとり系では済まされない動きをすることも。そう、おっとりの範疇を超えてどんくさい域にまで達しているんです。

おっとりはまだ可愛く見ていられるけど、どんくさいまで行ってしまうとちょっと心配になります。だって男の子は運動が出来てなんぼみたいなところがあるじゃないですか。特に子どものうちは。

そんなわけで今回は我が家のおっとり系1歳児が見せるどんくさい疑惑5選です。

おっとり1歳児、どんくさい疑惑5選

いつまでもボールに追いつかない

f:id:Pikky:20190217142344j:image

公園なんかで大きなボールを持って遊びに行くとですね、楽しそうにいつまでも転がってるボールで遊んでるんですよ。

平坦な公園なんですが、不思議とボールが転がり続けるんです。永遠に追いつかないんですよ。不思議だなぁ。

…実際には、コロコロ転がったボールは当然そのうち停止するんですが、そのボールを追いついて手で取ろうとすると足が先に出てしまって蹴りだしてしまいます。おー永遠に追いつかないねー(棒読み)。

ボール1つでここまで楽しんでくれて、親としては楽な限りなんですが、なんか複雑な感情になってしまいます。

三輪車が遅い

スポンサーリンク

遅いんです。4歳の兄も乗る木製の室内バイクがあるんですが、兄と同じバイクとは思えない遅さ。

4歳児と比べているから…とお思いのあなた。兄が1歳そこそこのときと比べても2歳前の弟くんは段違いにノロノロ運転なんです。

暴走されるよりは全然いいんですが、これじゃいつまで経っても兄と一緒に遊べないじゃないか。

ちなみにこういうクルマ型のオモチャは、今でも押し車として遊ぶほうが楽しめています。

アンパンマン アンパンマンカー メロディ付き

アンパンマン アンパンマンカー メロディ付き

 

近くの公園で土日にこういったクルマ型のオモチャを無料で貸し出してくれるんですが、周りの同世代の子たちが乗って遊んでいるなか、一人楽しそうに押して遊んでます。

f:id:Pikky:20190217144615j:image

段差の目測と自身の身体能力の差が激しい

目の前に段差があって、それを目視で確認して、なんなら「よーし、いっちょ乗り越えたるか」みたいな空気を出して、段差に向かってもなかなかの高確率で躓きます。

多分、自分の中で思っているよりも自分の足が上がってないんですよね。1歳前後のあんよが出来るようになった子どもならまだ可愛らしいで済まされるんですが、あんたもうすぐ2歳ですよ…という気持ちになります。

ハトが余裕を見せる

ちびっこが見つけるとテンションマックスで追いかけるもの。それは鳩。

他の鳥たちにも興味はあるんですが、他の鳥は早いですからね。幼児が「ひょっとしたら捕まえられるかも」と思ってしまうノロさを持っているのがハトです。

でも未だ一度も捕まえられたことはありません。ギリギリのところで逃げ足が速いんです。

でも俊敏系1歳児だった兄のときは、ハトのほうも「もしかしら捕まるかも」と思って本気で飛んで逃げていたんですが、どんくさい系1歳児の弟くんの場合は、ハトが舐めくさってまともに逃げません。

そこまで露骨に態度変えんなや!ウチの息子やって必死やねん!可哀想やろ!とハトに対して妙な怒りを覚える私です。

ハトに舐められる1歳(弟)・ハトに逃げられる1歳(兄)

鳩とは距離を置いて接するスタイル@弟1歳半

鳩は積極的に追いかけていくスタイル@兄1歳

しゃべり方がどんくさい

ここまでどんくさい瞬間を挙げてきましたが、言葉の発達は比較的早かったりします。兄よりも全然早い。

でもね、喋り方が舌足らずで超可愛いの。みなさんが想像する可愛い幼児の舌足らずな喋り方をまんまそのまま体現しています。

舌足らずな喋り方をするだけで、実際には喋りに関してどんくさいことはないんですが、普段のどんくささと相まって、余計にどんくささを際立ててます。

動きがどんくさい割に実は手先は割と器用なんですよ。気づいたらプラレールを一人で組み立ててるし、積み木なんか1歳なる前から黙々と積み上げていたような気がします。逆に言えば、ここまで器用なのにこの有様。器用なんだけど根本的な気質が鈍いようです。

一方の兄はホント正反対で、運動神経は目を見張るものがあるのに手先が不器用。プラレールも最近まで組み立てられなかったし、ボールも上手く投げられない。チャキチャキしてて神経質で、どんくさいとは正反対な性格なんだけどね。

世の中上手く出来ているというべきか、上手く出来ていないというべきか…。

おわりに

我が家ののんびり王子のどんくさい疑惑をお送りしました。

チャキチャキ系の1歳児も可愛かったけど、ドジっ子系の1歳児も目ん玉飛び出るくらい可愛いんです。

どてどてどてってやってきて、「パパ、だこー(抱っこ)」なんて言われたら抱っこして抱きしめて持ち歩きたくなります。

あー可愛いなぁ。