パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

2歳前の子どもの可愛さはプーさんとドナルドとペンギンの融合体

スポンサーリンク

我が家は4歳のお兄ちゃんと1歳の弟くんの兄弟との4人暮らし。今回はいよいよ可愛さが手に負えなくなってきた弟くんの話。

登場人物紹介

f:id:Pikky:20181011234713p:plain

兄:4歳1ヶ月
4歳を迎え、可愛いというより凛々しくなってきた。お父さんは少し寂しい。

f:id:Pikky:20181011235007p:plain

弟くん:1歳10ヶ月
可愛い盛り。いま世界で一番可愛いという私の中での評価。

(*イラストはKaoさんに描いてもらいました。詳細はこの記事をご覧ください*)

2歳目前の弟くん、いよいよ可愛さが手に負えなくなってきた

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/Pikky/20170828/20170828225413.jpg
(*生後5ヶ月頃の弟くん。私史上最強の鎧*)

あと2ヶ月ほどで2歳となる弟くん。その可愛さが天井知らずで増してくいっぽうです。

なんだろう。何が可愛いのだろう。もう全てが可愛いんです。ほっぺは別腹のなつさん(id:natsuf)風に言うと「可愛さの圧に吹っ飛ばされる」毎日です。

www.cheeks-betsubara.com

相変わらずママママママママ言っていて、パパの扱いの悪さには苦笑いものなんですが、それでも可愛いと心から思えるんだから恐ろしいです。

2歳前の息子、なにがそんなに可愛いのか、まとめてみます。

舌足らずな言い方がもうたまらん

2歳前後の子どもの何が可愛いって、たどたどしい喋り方ですよ。弟くんは今、二語文〜三語文くらいの言葉を話せるんですが、必死に大人に話しかけてはニコニコしています。

鉄道好きらしく「そーぶせん、のりたーい」「ちゅっおーせん、のったーー」とか乗りたい電車・乗った電車のことを延々と話しています。

あと食べ物。「リンゴたべたぃ…」「モモ食べたぃ…」っていつも言ってます。

幼児ってそれだけで可愛らしいものなんですが、話し出すと何十倍も可愛さが弾けます。これが最近一層可愛く見えている要因なのは間違いない。

f:id:Pikky:20190114233356j:image

ペンギンみたいな歩き方がもうたまらん

あとは一つ一つの動きが可愛すぎるんです。

いま4歳の兄は、2歳前の時点でチャキチャキ動けていたんですが、弟くんは運動神経が怪しいのか、未だにドタドタ歩きます。

そんな歩き方したら5歩歩くうちに転けちゃうよっていう歩き方。イメージとしてはペンギンです。あんな歩き方をします。

階段もうまく片足から降りることができず、いつも両足で”落ちて”ます。一段落ちるたびにドヤ顔をするんです。「どや、上手に降りれたやろ」みたいな顔。落ちてるくせに。

お腹がぽっこり出たそのシルエットがもうたまらん

ペンギンみたいな歩き方をするのは、その体型にも大きな要因があります。お腹だけぽっこり出てるんです。

可愛らしい顔をしながら、お腹はプーさん、お尻はドナルドダック。そして歩き方はペンギン。よくもまぁ世の中の可愛いものをここまで組み合わせたなというフルコースぶり。ただただ立つだけ、歩くだけで可愛いんです。

たんまりご飯を食べた後が特にすごい。「お腹ポンポンやんっ」て言うとドヤ顔で服をめくってお腹をポンポンと叩きます。可愛いわー。

あんなワガママボディで可愛いと持て囃されるのは、ぷーさんか幼児くらいなもんです。

f:id:Pikky:20190114233416j:image

甘えん坊な弟スキルがもうたまらん

弟くんは甘えん坊です。しかもあれは自分が可愛いと分かってる系の甘えん坊。大人がメロメロになるツボを本能で知っています。

胡座かいてEテレを観てると、トボトボ歩いてきて、膝の上にドンと座るんです。そして満面の笑みで振り返って「パパパパパ〜❤︎」って言います。そんなんされてデレデレしない親はいません。

上の子は大人がだらだらしてると一緒に遊ぶことを強要するタイプなのですが、弟くんは一緒にだらだらするタイプ。もう堪りませんわー。

気づけば4歳兄はもう同じ「可愛い」じゃなくなった

いま4歳になるお兄ちゃん。3歳の頃までは可愛い、可愛いと思って育ててきましたが、そういえば4歳になって可愛いと思う機会が減ってきたように思います。

愛情が減ったわけじゃないんです。今までと変わらない愛情で接しているんですが、そんな親バカ視点で見ても4歳だと「可愛い」じゃなく「凛々しい」「お兄ちゃんになった」と見えるんです。

もう大体のことは自分でできるようになり、親の補助が必要な場面なんてもうほとんどありません。手塩にかけて…というより、もう勝手に育っていってる感じです。

ホントにいつのまにか。イヤイヤ期が終わった3歳中盤にもだいぶ自立を感じましたけど、今の4歳になってからの自立は階段を三段飛ばしくらいで進んでいってるのを見てる感覚です。

明らかに楽になってきたんですけど、やっぱりちょっぴり寂しい。今までヒーヒー言いながら抱っこしていたのが、小さな手を握って歩く時間が増えてきて、成長って怖いわ。

f:id:Pikky:20190114233454j:image

今が一番可愛くて、これからアレがやってくる

ちなみに上の子のときの経験から、私はだいたい知ってしまってるんです。2歳前後の今が一番ピークに可愛くて、このピークはアレの始まりとともに下がっていくんです。

ヤンチャ坊主だった上の子のイヤイヤ期はそれはもう大変でしたが、もとがヤンチャなので事前に覚悟ができていました。今回はおっとり系の弟くんで、そこから豹変するのか、あるいはおっとりなイヤイヤで済むのか、今からドキドキが止まりません。いや、ここに来て豹変されたらちょっと無理っす。

おわりに

2歳になる弟くんが可愛すぎて食べてしまいそうという話でした。その可愛さを堪能するとともに、迫り来るイヤイヤ期への恐怖を感じずにはいられない。どうか1日でも長く、この可愛いままでいてほしい。というかイヤという単語をまだしばらく覚えないでほしい。