パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

世間の荒波に翻弄される1歳児が可愛すぎて鼻血が出そう

スポンサーリンク

我が家は3歳半のお兄ちゃんと1歳半の弟くんの兄弟との4人暮らし。今回は日々世間の兵たちに惑わされる1歳児の姿を紹介します。

f:id:Pikky:20180911223735j:image

思わずギューーッとしたくなる可愛さ

1歳半、やんちゃ盛りに可愛い盛りの花が咲く

下の子はちょうど1歳半になったばかり。最近は自我が芽生えてイヤイヤ言うことが増えてきましたが、それを差し引いても鼻血が出るレベルに可愛いです。

下の子は1歳を過ぎて歩き出したのですが、1歳半となった今、もう結構なスピードで歩く・走ることができます。言葉もパパ・ママ・ワンワン・ニャンニャンなどそれなりに発語してくれるようになりました。着実に成長してくれています。

でもね、ちょっと自分を過信しているというか、自分がどこまでできるか分かっていないんですよ。その結果、だいたいの行動において失敗ばっかりします。彼の思い通りに進むことなんて100回に1回あるかどうか。

このだいたいの物ごとに失敗するところがね、可愛いんです。色んなものに弄ばれてる感じが堪らない。あーあー(苦笑)って感じなんですが、そこがまたいいんですよね。なので危険でなければしばらく放置してニヤニヤしながら見守ってます。

そういったわけで、今回は世間の兵たちに弄ばれる1歳児の撮影に成功したので、それを大公開します。

滑り台に弄ばれる1歳児

滑り台に遊ばれる1歳児

滑り台ってなんであんなに下から登りたくなるんでしょうね。

うちの1歳児も例に漏れず下から登りたい欲望を抱いており、その野望を叶えるために飽くなき努力をしているのですが、いかんせん…。

3歳のお兄ちゃんだともう上手に登れてしまうので、「ちゃんと階段から登ろうね」と注意をしないといけないんですが、1歳児は新喜劇ばりに魅せてくれるのでついつい見守ってしまう。3歳児の手前、親の態度は気をつけねば。

プラレールに弄ばれる1歳児

プラレールに弄ばれる1歳児

電車大好き子鉄3歳児を兄に持つため、家にあるおもちゃの八割方が電車関連です。

ホント物心ついたときからプラレールに囲まれ、横ではゴロンしながらガタンゴトンとぶつぶつ言いながら電車を転がしている兄を見ていれば、それがライフワークになってしまうのは致し方ないこと。

f:id:Pikky:20180912123639j:image

最初の頃は電車じゃなく車の方に興味を示していたのに、今や兄と一緒に寝っ転がってガタンゴトン言ってます。今下の子が最もはっきり発音できるのが「ガタンゴトン」です。マヂか。

上の動画は3ヶ月前くらいの動画です。このときはまだプラレールに弄ばれていましたが、今はもう完全に立場逆転。プラレールを完全に手中に収めました。

てか、これが原因ですぐに兄弟ゲンカになるから親としては複雑です。

食欲と睡眠欲の狭間で戦う1歳児

食欲と睡眠欲の狭間に揺れる1歳児

食べながら寝る幼児ってテレビとかでたまに見ていましたが、まさかこんな身近に現れるとは思ってなかったです。

上の子は眠たくなるとグズる子だったので、食べながら寝てしまうなんでことは一度もなかったのですが、下の子は割と頻繁にあります。

別に夜寝れていないとか、ご飯が遅い時間になっているとかではないんです。いつも通りのタイムスケジュールで過ごしていてもコクンコクン行くんです。

もうね、可愛すぎて可愛すぎてニヤニヤしながら見てしまいます。

この他にもマヌケ姿をたくさん見せつけてくれるのが1歳という時期

まだ動画に収めることができていないマヌケ行動がたくさんあります。

マヌケ行動に限らず、音楽が流れると必死に踊り出したり、まぁ一つ一つの行動が純真で無垢で可愛いすぎます。

3歳の上の子も可愛いんですが、こちらはもう普通に会話できるし、普通に色々と器用になっているので、1歳児のような可愛さではありません。3歳児はこちら側の幼児で、1歳児は向こう側の幼児って感じです。

もう少し成長するとイヤイヤ期が本格的に始まってしまうし、少しずつ器用になり物ごとを上手にできてしまいます。こんな可愛い失敗をしてくれるのも今のうちだけだと思って、常に動画の準備をしています。

おわりに

我が家のキュートな1歳児が魅せてくれたキュートな動きを撮れた分だけ載せてみました。

何度見てもニヤニヤが止まらないのは本人が至って真面目に動いているからなんだろうなぁ。

下の子が大人になったらこのエントリを見せてあげよう。