パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

習いごとは子どもが”できる”を知るための極上の機会だった【3歳の体操体験】

スポンサーリンク

我が家は3歳と生後11ヵ月の兄弟との4人暮らし。

3歳のお兄ちゃんはこれまで保育園・幼稚園に通わず、習いごともせず、家で伸び伸びと育ってきました。ホント伸び伸びって言葉がぴったりの自由奔放っぷり。

そんなフリーダム少年ですが、最近ついに習いごとを始めさせようかと我が家で話題になっています。

f:id:Pikky:20180218231416j:image砂場に夢中な奔放少年

3年間、伸び伸びと育てすぎた

生まれてきて3年間、本当に伸び伸び育ってきた息子。3年のうち最初の2年半はひとりっ子だったので、大人からは構ってもらえるし、なんでも自分の思うがままにしてきました。

そんな息子がこの4月から保育園に入ることが決まったとき、ふと一抹の不安がよぎりました。

うちの子、うまく集団生活できるのかな…

3歳になり、公園や子育て広場で子どもが遊んでいると、スタスタスタと近寄っていき一緒に遊ぼうとします。

波長の合う子だったら一緒に追いかけっこしたりキャッキャキャッキャ遊んでいますが、だいたいは怪訝そうな目で見られたり、逃げられたり…。自分の思い通りにいかないとジャイアンのように怒り出すことも。お世辞にも友達との関わり方が上手ではありません。

また、集団生活で一緒にご飯を食べたり一緒に遊ぶって、一定のルールを守らなきゃいけないものです。その辺の社会性に関するしつけはできていないし、経験もさせることができていません。なのでこれから保育園ですごく戸惑うんじゃないかと心配になっていました。

なんというか気まぐれな夏の天気みたいな子どもなので、集団生活の枠のなかでやっていけるのかな…と不安になっていたのです。

体操教室の体験に行ってきた

そんななか近所の体操教室で体験教室をやっていました。習いごともそろそろさせてあげたいと思っていたところなので、ちょうど良い機会だと行ってきたのです。

ちなみに息子は「しまじろうのわお」でよく流れるこのCMを見てバク転への憧れに胸焦がしています。

youtu.be

このCMを見てから、ほぼ毎日お風呂の前にお布団ででんぐり返しの練習をしています。そしてようやくできるようになり、ものすごいドヤ顔を見せてくれました。

そういうわけで息子もヤル気で体操教室に向かってくれました。

内心ドッキドキ

初回の体験は、息子も私も妻も内心ドッキドキです。能天気だったのは11ヶ月の弟くんくらい。

その日の体験教室に来ていたのは10人くらい。多分みんな同い年か、息子よりちょっと上くらいの子どもたち。みんなしっかりしてそうに見えるから不思議です。

でも息子も最初こそ泣いてしまったけど、いざ始まってしまえばコーチの指示に従って動くことができていました。

…”コーチの指示に従って動く”って言葉にすればすごく簡単だけど、フリーダム3歳児に正直コレがここまで出来るとは思わなかった。

たった1時間の体験でいくつもの”できる”を発見できた

たった1時間の体験教室ですが、息子が案外色んなことをできるんだと私も息子自身も初めて知りました。
それは体操に関することではなく、社会的な振る舞いのことです。

  • 列に並んで順番を守る
  • 前の子に倣って、体操の決まった動きをする
  • コーチの話を聞く
  • コーチが「スタートっ」と言うまで始めるのを我慢する

体操そのものの体験も興味深いものでしたが、これら集団のなかで協調性を発揮できたことが何よりも嬉しかったです。嬉しいというよりは安堵かな。普通の人間で良かったという。

この1時間ですっかり保育園への不安が消え去りました。この様子なら大丈夫だわ。

気の知れた親だとどうしてもお互い甘くなるけど、ああやって他者(この場合はコーチ)が大きな声で号令をかければ子どもって有無を言わさず従うものなんだな。本能かな、あれ。息子自身も周りと協調して体操ができていることにまんざらでもない様子。

ちなみに息子は生まれて初めて鉄棒をしたらしく(そういえばさせたことなかったな)、すんごい目をキラキラさせてやっていました。

2歳までの息子は絶対拒否だった

そういえば1年くらい前までは、同じように体験教室に行っては警戒してギャン泣きをしていました。もう体験どころではなくて、最後までやりきらず撤収することもしばしば。

周りの同年代の子たちはウッフキャハハしているのに、うちの子はどこか悪いんだろうかと疑心暗鬼になったりもしました。

その子のペースがあるんだと理性では理解しているんですが、成長が早い子を目の当たりにするとやっぱり不安に思ってしまいます。

ウチの子も3歳にしてようやく周りと同レベルに楽しめるようになりました。保育園に通う前にそれが分かって良かった。

3歳あたりの体操教室の様子

この体験教室に参加していたのは男の子3人、女の子が7人くらいでした。多分みんな3〜4歳。

息子も含めて男の子のほうがフリーダムでした。1人の子はずっとパパに抱きついて体験どころではなかったし。

女の子のほうがコーチの指示もしっかり聞いて、言われた通り動こうという意思があり、男の子はそれを見て何となく真似してる感じです。

でもみんなそれぞれに楽しそう。あんな純粋に体を動かすことを楽しめるなんて羨ましい。

コーチは結構スパルタで大きな声で指示するし、私ならまぁいいかと甘やかすところでもしっかり注意をするんですが、不思議とみんな従っているし、不思議とみんなコーチを怖がらずに楽しんでる。

既に同じ体験教室に3回行きました(4回行ける)が、回を重ねるごとに良い意味で慣れて良い子に指示に従っています。もうこのまま体操教室に通うことに決めました。

おわりに

これまで自由に育ててすぎて、保育園で友達と仲良く過ごせるかすごく不安でしたが、この体操教室の体験でその不安が一気に吹き飛びました。

私は下衆寄りの人間なので、習いごとと言えばサッカーや野球をさせて将来は億を稼ぐスターにさせたいとか、早期教育系で賢くさせたいとか思ってしまいますが、このくらいの子どもたちには友達と仲良くルールを守って競技を楽しむってことに意味があるのだなと学ぶことができました。

めざせ内村航平!←