パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

下の子がヤンチャになると上の子が良い子になる不思議【2人目育児】

スポンサーリンク

我が家は3歳と生後11ヵ月の兄弟との4人暮らし。

今までの我が家のきょうだいは、破天荒なお兄ちゃんとそれに振り回される大人しい弟くんという関係でした。

ですが、下の子が11ヶ月を迎えその関係が最近少しずつ変わってきました。

f:id:Pikky:20180216012258j:image

暴れん坊な上の子と大人しい下の子

下の子が生まれてから11ヶ月、我が家のきょうだいはいつもこの関係でした。

ぎゃーぎゃー叫び、ぎゃーぎゃー泣くのはだいたいお兄ちゃん。赤ちゃん返りというわけではなく、もともとそういう騒がしい性格だった彼。

落ち着きがなく、集中力もなく、ご飯のときなんて序盤のうちに椅子から降りて走り回っては(いけないと思いつつ)追いかけて食べさせていました。

もちろん「ちゃんとお座りして食べようね」と口酸っぱく言い聞かせていました。
こんな優しい言い方じゃなく「ちゃんとお座りして食べてっ!」と厳しめに言うこともたくさん。厳しめに言っていたことのほうが多いかも。
それでも右から左に聞き流しては家じゅう暴れまわるのを繰り返します。

そんな暴れん坊のくせに寂しがり屋で一人で遊べない繊細さも持っています。一人で遊んでいてもそばに誰かいないとすぐに泣き出して「一緒に遊べ」と要求していました。可愛いけど面倒くさい…。おかげで彼が起きている間は大人は何もできません。

かたや生まれたときからずっと大人しかった下の子。ぎゃんぎゃん泣くこともありますが、基本はニコニコスヤスヤ。そこらへんに放てば一人でおもちゃをいじくって遊んでます。えっ0歳児って一人じゃ遊べない生き物じゃなかったの!?下の子が生まれていろんなカルチャーショックを味わいました。

一番驚いたのが離乳食。なんと椅子におとなしく座っては口をパクパクさせキレイにペロリと食べます。食べカスが落ちていないテーブルを見て、この子は誰の子かしら…と思わず血縁関係を疑ってしまうほどでした。

下の子が徐々に活発に

大人しくて行儀のいい赤ちゃんだった下の子でしたが、生後11カ月を迎えて少し変わってきました。

高速ハイハイで部屋じゅうをひっくり返し、自分の思い通りにならないことがあると泣いて抗議することも増えました。

それでも上の子のときと比較したら楽な部類になりますが、とにかく活発に動き回るようになり今までよりも手がかかるようになってきました。

食事もそれまで座って大人しく食べていたのに、最近はイスから抜け出したくて抜け出したくてすぐに立ち上がります。確かもう2回ほどイスから転げ落ちています。あっぶない。

離乳食の食べも悪くなり、手遊びを始めたり、ペーッと吐き出したり。あれだけノンストレスだった離乳食が最近は憂鬱な時間に一変してしまいました。

ふと右隣りを見ると…

努めて優しく、楽しくご飯を食べてもらおうと笑顔で離乳食を食べさせているんですが、あまりにも酷いときには(結構頻繁にあるけど) 般若みたいな顔をして、込み上げるイライラを必死に抑えています。

そんなときにふと振り返って隣りを見ると、そこには大人しく行儀よくお座りしてご飯をキレイに完食している上の子がいました。

えっ、君そんなに良い子に一人でご飯食べられる子だったっけ?

これまでどんなに根気強く言い聞かせても聞く耳を持ってくれず、自由気ままにご飯タイムを過ごしていたのに、下の子にカッカッしながら格闘していたら上の子が成長していました。

人のふり見て我がふり直せ的なやつなのかな。

その他にも食べた食器を自分で下げてくれたり、急に片付けへの聞き分けが良くなったり、今までそこまで教えてないぞってところの行儀まで良くなっています。

きょうだい育児ってこんなものかもしれない

自分自身に置き換えてもそうですが、直接言われると反抗したくなるけど、案外他の人が指摘されているところを見るとハッとして直すことって多いです。

そしてきょうだいって驚くほどお互いのことをよく見てるんですよね。下の子はお兄ちゃんの一挙手一投足を真似ようとするし、上の子も何だかんだ下の子に出す必要のないお節介とかちょっかいを出しては泣かしています。

そうやって意識しあって成長してくれればこんなに助かることはありません。意識しあって赤ちゃん返りされると困りますが。

女心と秋の空と3歳児

そうは言っても3歳児。秋の空並みに移ろいやすいです。

この記事をしこしこ書いている最中にちょっと不安定化して、またまたママママ〜となってきました(ちなみに私は複数の記事を1週間かけてチョビチョビ作るスタイルです)。

もう薄々気づいているんですが、あやつら3歳児はその気になればだいたいのことをできるんですよ。ただ甘えてやらないだけ。ダメニートみたいなもんです。

なのでやらざるを得ない環境を作ってあげると案外やってくれます。逆に期待して、やらせようとすると天邪鬼になります。うーん、親が試されてるなぁ。

今回「なんだキミできるじゃないか」ってことでアレもコレも自立させようと躍起になったのが裏目に出たのかもしれません。でも早く一人でできるようになって欲しいし…。

おわりに

今は下の子がだんだん手のかかるようになる時期で、その様子を見て上の子は襟を正す時期なのかもしれません。

またしばらくすると上の子に手がかかって、気づけば下の子も成長していたみたいなターンになるのでしょう。

こうやってお互いに意識しあいながら仲良く成長する姿を見れるのもきょうだい育児の醍醐味なのかな。