パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

【徹底検証】掃除機vsクイックルワイパー&コロコロ|畳・ラグ・フローリングでの掃除能力を実際に比較しました

スポンサーリンク
 

ただいま、生まれたばかりの息子と嫁さんを迎え入れるべく大掃除真っ只中な私です。
妻と2人暮らしだったときの我が家では、ちょっとした掃除はクイックルワイパーとコロコロで、真面目に掃除するときには掃除機を取り出す、みたいな使い分けをしていました。

我が家の掃除機は、洗濯機と同様嫁さんが大学の時から使っているもので、もう7〜8年は使っています。
そろそろ替え時かなーと思いつつ、クイックルワイパーとコロコロで十分掃除が出来ているなら、買い換えなくてもいいかな、と思ってたりします。

赤ちゃんがいることを考えると、けたたましい音を鳴らす掃除機よりは、サイレントクリーナーなクイックルワイパー・コロコロで済むならそっちのほうがいいわけです。
そういうわけで、掃除機・クイックルワイパー・コロコロの性能について実際に検証してみました。

f:id:Pikky:20120913153540j:plain

検証方法

我が家の床の構成は、フローリングが9畳・畳が4畳・ラグが2畳分というものです。そこで、フローリング・畳・ラグでそれぞれ以下のようなことをしました。

  • フローリング、畳:クイックルワイパー後に掃除機をかけてみて、どのくらいゴミが出るか
  • ラグ:コロコロ後に掃除機をかけてみて、どのくらいゴミが出るか

前回の掃除は1週間前です←
なお、実際に使用したクイックルワイパーとコロコロはこれです。

畳にウェットタイプのクイックルワイパーを使うことに若干のためらいはありましたが、まぁ検証用ということで。

【大容量】クイックルワイパー フロア用掃除道具 立体吸着ウエットシート 32枚

レック 激コロ スゴ技カット 70周 本体 S ( カーペットクリーナー ) S-773

以下、あんまり綺麗なものじゃないので、お食事中とか汚いものが苦手な方は見ない方がいいかもしれません。

フローリング:クイックルワイパーvs掃除機

f:id:Pikky:20150207235915p:plain

画像は敢えて小さくしています笑

左が掃除機で吸ったゴミで、右がクイックルワイパーで取れたゴミです。

私は根っから(?)の男性で、すね毛腕毛がかなり濃い&髪の毛も多いので、抜け毛が結構落ちています。

クイックルワイパーでもだいぶゴミをキャッチできていますが、それでも8割くらいでしょうかね。2割くらいのゴミは取り逃がして、掃除機が吸っています。

 

ラグ:コロコロvs掃除機

f:id:Pikky:20150208000029p:plain

同様に左が掃除機、右がコロコロです。

予想はしていましたが、コロコロではほとんど取れていません。
大目に見て2割程度です。フローリングの4分の1以下の大きさのラグで、フローリングの3倍くらいのゴミを掃除機が吸いました。

畳:クイックルワイパーvs掃除機

f:id:Pikky:20150208085943j:plain

クイックルワイパーもかなり汚れ?い草の色?を落としていますが、やはり3割程度は取り逃がし、掃除機の餌食となっています。

まとめ

クイックルワイパーもコロコロも最初はよくゴミを取ってくれるんですが、次第に(でも割とすぐに)吸着力が落ち、ゴミが取れなくなってしまいます。
特に私みたいな抜け毛が多い家では結構致命的かもですね。

クイックルワイパーにとって一番性能を発揮しやすいフローリングでさえ2割程度のゴミを取り損ねてしまうのは、(床を這いつくばる)赤ちゃんを抱える身としては看過できません。

以上からやっぱり掃除機は必須で、現行機を7〜8年使っていることを踏まえると、買い替えを検討したほうが良さそうですね。

ちなみに、本当に効果的に掃除をしたい場合には、ドライのクイックルワイパー→掃除機→拭き掃除の順でやるのが正しいです。
いきなり掃除機を使うと排気でホコリが舞ってしまい、取り逃がしが多くなるからです。

(2016.1追記)

その後我が家ではマキタのコードレス掃除機を購入しました。
小さい子どもがいると汚れるし、その一方で掃除の時間はなくなるし、で気になったときにサッとできるコードレス掃除機です。

しかもコードレス掃除機なら、排気が上の方から出るので赤ちゃんに埃をとばすこともありません。

▶︎児・幼児を抱える家庭の掃除機はマキタのコードレス掃除機が一番

「ついで」に掃除をする技術は人生を豊かにします