読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

パパが知っておくと喜ばれる母乳育児の基本

0歳児 0歳児-0歳前半 知っ得
スポンサードリンク

(2016.11 最終更新)

妻は息子を母乳で育てています。純粋にすごいなぁと思うのですが、同時に私が「母乳で育てる」ことに対する知識が何もないことに気づきました。

妻も初めての母乳育児なので、足りているかいないのかが分からず苦労をしているようです。せめて、妻の相談相手になれるよう、最低限の知識を持っておきたいと思います。

f:id:Pikky:20141216214335j:plain

母乳のメリット

母乳栄養の利点には、乳幼児突然死症候群のリスクの低下、知能の向上、中耳炎のリスクの低下、風邪への抵抗、小児白血病のリスクの若干の低下、小児糖尿病のリスクの低下、ぜんそくや湿疹のリスクの低下、虫歯の予防、後年の肥満の予防、自閉症のリスクの低下、特に養子縁組の子供の精神疾患のリスクの低下等がある。

母乳 - Wikipedia

丈夫な子に育つだけでなく、「知能の向上」とか「後年の肥満の予防」といった利点もあるんですね。それはいい。

ただ湿疹のリスクの低下とありますが、母乳にすると乳児性湿疹となりやすいみたいです。

息子も顔にプツプツができたので、沐浴時に赤ちゃん用石鹸で顔を洗い、また朝起きた時にぬるま湯で洗顔してあげています。1週間ぐらい続けた結果、湿疹が大分収まってきたので効果があると思います。

母乳の基本

母乳は消化吸収がよく、腹持ちしないため、夜にまとめて寝てくれる赤ちゃんはまだあまり多くありません。また、授乳間隔もあまり空かず、母乳不足が心配になるママも多いと思います。
また、最初の頃に感じていたおっぱいの張りがなくなり不安になるママも。これは、必要なときに母乳が作られるようになったサイン。赤ちゃんの機嫌がよく、体重も増えているようなら問題ありません!徐々に授乳時間も短くなり、授乳間隔も空いていきます。 

母乳育児について

ミルクに比べて消化が早いから、それだけ早くお腹が減るんですね。

また、母乳は飲み始めより飲み終わりの方がカロリーが高く、ちょうどいいところで赤ちゃんが満足するようにできている、という話もあります。ミルクの方が体重・身長の成長スピードが早いですが、食べ過ぎで肥えていると捉えるほうが近いようです。

母乳の質

3時間以上飲ませないと母乳は歴然に質が落ちます。
特に夜は体が休まっている分、たくさんの母乳が製造できます。夜中飲ませないでいると、母乳がおっぱいの中に溜まったままになるのでママの体が
”母乳を飲んでくれない=もう作らなくていい”
と勘違いしてどんどん母乳製造量が減ってしまいます。

おいしい母乳と授乳|新米ママのおっぱい入門

これを知らなかったら、妻を気遣って「夜はミルクで腹持ちをよくさせたら?」とか言ってしまいそうでした。ママには辛いですが、パパができることはママがする昼間の家事を出来るだけ減らしてあげることなんかな。

授乳の間隔

母乳の回数は、一日8~12回程度といわれています。「授乳は3時間おき」というイメージを抱いている方も多いと思いますが、これはミルクの場合。母乳とミルクは消化時間に差があり、授乳回数も異なってきます。
母乳とミルクの回数や間隔に大切なポイントはこれ!
母乳はほしがったら何度でもOK
ミルクの間隔は3時間(以上)あける

教えて!母乳育児のキホン|授乳のお手本。|教えて!授乳ママのホントのところ

ミルクは量と間隔をしっかり守って与えることが基本な一方で、おっぱいは欲しがったら欲しがった分だけあげたらいいんですね。母乳は上手くできているんだな。

母乳が足りているかのサイン

冒頭でも書きましたが、母乳の場合どれだけ飲んだかが分からず、量が足りているかどうか不安に思うようです。

しかも消化が早いのでミルクよりも短い時間で赤ちゃんのお腹が減るので、余計に心配になります。

<哺乳量が少ないサイン>
赤ちゃんが十分な母乳を飲めていないことを示す、信頼できるサインは以下の2つです。

・体重増加が少ないとき
・尿が少ないとき

胎便(粘着性の黒い便)が産後4日間出続ける時も、赤ちゃんが十分な母乳を得られていないサインです。

母乳不足かどうかを判定できる手段はこの2つだけ!

WHOでは、以下の発育の赤ちゃんは「母乳が足りている」と考えられています。

◆生後6カ月までの1日の体重増加は、18~30g(1週間で125g以上)

◆生後5~6ヶ月で、出生体重の2倍

※母乳不足と考えるのは、生後6カ月になるまでは、1か月の体重増加が500g以下。あるいは生後2週間過ぎても出生体重に戻らない場合

新生児の体重増加: 「さら助産院」ベビちゃん大好き

十分な量を哺乳できている、母乳のみで育つ赤ちゃんは、通常24時間で6-8回以上の薄い色のおしっこをします。
もし赤ちゃんが一日にするおしっこの回数が6回未満の場合、特に尿の色が濃い黄色で、においが強い場合は、十分な母乳量は飲めていません。

赤ちゃんの正常な尿の回数

息子は1日に平均40g程度増えているので全く問題なく順調に育っていると言っていいようです。

また、おしっこは1日1回以上おむつ交換時にブシャーを受けるほどのレベルなので、これも大丈夫。・・・よかったー。

ちなみに赤ちゃんの体重を計るベビースケールは1ヶ月2000円くらいでレンタルされているようですが送料も別途かかり費用が割と嵩むようです。

我が家は赤ちゃん本舗で5000円程度で売られていたので、あくまで参考程度に体重を知れればいいし安いやつでもいいかと思って買ってしまいました。

母乳をよく吐くんだけど

母乳を吐くのは以前からあったんですが、最近量が増えた気がします。

赤ちゃんは生理的に1日に数回は吐く

首が座る生後3ヶ月ごろまでの赤ちゃんの胃は、とっくりの形をしていて、胃の入り口の筋肉も発達していないので、胃に入ったミルクやおっぱいが逆流しやすくなっています。
そのため、ちょっとした動きなどの刺激で吐くことが多く、ゲップが上手に出ないときや、おっぱいの出が良すぎるとき、ミルクの量が多いときなども、ゲップと一緒に吐くこともよくあります。

赤ちゃんの嘔吐と対処法 [新生児育児] All About

母乳・ミルクを吐くこと自体は特に問題がないのですね。息子は母乳を吐いても特にグズることなく、また体重の増加も順調なので、病気とかではなさそうです。

口からダラーと出る分には問題ないことが多いみたいですが、噴水のように吹き出すときには、「幽門狭窄症(ゆうもんきょうさくしょう)」が疑われるので注意が必要です。

噴水のようにピューッと吹き出した時は、幽門狭窄症(ゆうもんきょうさくしょう)が疑われます。幽門狭窄症は悪化すると鼻からもミルクをだし、顔色も土色で血色が悪く見えます。幽門狭窄症は簡単に説明すると、胃の出口の幽門(ゆうもん)が狭くて、母乳やミルクが通りにくくなっている症状です。

母乳・ミルクを吐いてしまう

おわりに

基礎知識としてはこれくらいあったら十分ですね。

(2016.11 追記)

我が家は結局1歳半を過ぎるまで母乳を与えていました。夜泣きやどうしようもなく愚図るときには伝家の宝刀のごとくおっぱいを乱発していました。

特に夜の授乳はミルクは非常に手間がかかって大変です。息子が1歳となる頃には、妻と息子はもはや眠りながらおっぱいをあげるくらい阿吽の呼吸になっていました。

でもこうなると断乳・卒乳が大変です。おっぱいをあげている最中に寝ることに慣れてしまうと、入眠儀式としておっぱいが必要になり後々大変になります。生後間もない頃から寝る直前に授乳を止めて、抱っこやトントンで寝かしつけるのがベストです。

そこでパパの出番です。母乳育児はパパの出る幕が少なくて困りますが、こういう寝かしつけができるようになるとパパの株がぐんとあがります。

◆オススメ記事◆