読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

(文京区認可保育園)出来たてパパにおくる保育園戦況調査

知っ得 知っ得-保育園
スポンサードリンク

文京区の2015年度認可保育園の一次申し込み状況が昨年末に公開されていました(平成27年4月認可保育園等の入園・転園・延長保育のご案内)。我が家は2015年4月は見送っているので直接は関係ありませんが、来年度を見据えて注視していきたいと思います。

 

保育園については過去の記事で色々まとめているのでご一読あれ。

出荷前パパにおくる保育園事情講座〜きそ
出荷前パパによる保育園戦争の戦況調査〜認可編
出荷前パパによる保育園戦争の戦況調査〜認証編
出荷前パパにおくる保育園事情講座〜お金編
出荷前パパにおくる保育園事情調査〜2015年からの制度変更編
出荷前パパによる国立大附属幼稚園事情調査
消費増税延期で子育て支援の行方は?

2016年の情報はこちら

さて、文京区は今年度から第5希望まで選べるようになったようです(昨年までは第3希望まで)。倍率を表にまとめてみました。

保育園別

保育園別に0歳児と1歳児の応募数と倍率を示しています。カッコ内は募集数です。応募も倍率も空欄のところは募集を受け付けていないところ、応募はあるけど倍率が空欄のところは募集は0名だけど応募を受け付けているところです。要は募集が0名で倍率が出なかったということです。

区立保育園

f:id:Pikky:20150118212341p:plain

私立保育園

f:id:Pikky:20150118215424p:plain

地区別

地区の区分けは適当です汗

f:id:Pikky:20150119001721p:plain

<参考:2014年度>

f:id:Pikky:20150119002532p:plain

合計

f:id:Pikky:20150119001751p:plain

<参考:2014年度>

f:id:Pikky:20150119002556p:plain

コメント

第5希望まで書けるということで、単純に考えれば倍率5倍以下であれば実質の倍率は1倍以下と言えると思うんですが、5倍を切るなんてことはなく・・・。今年も涙を呑む人が出るのは確定です。

2014年度は第3希望までしか書けなかったので単純には比較できないのですが、2015年度の倍率を5で割った値と2014年度の倍率を3で割った値を比較すると、

  • 0歳児:2015年度 1.18 2014年度 1.50 
  • 1歳児:2015年度 1.76 2014年度 1.68

となるので、0歳児は倍率が下がり、1歳児は相変わらずの激戦ってことでよさそうです。良かないけど。0歳児の倍率が下がっているのは、私立保育園で10園程度新規開設されたことが要因でしょう。1歳児で倍率が下がらずむしろ上昇したのは、昨年0歳児で待機児童になっていた組が新規開設分を食ったと考えるのが自然です。

 

文京区のHPに2014年度の内定ポイントが記載されていますが、0歳児は今年全体的に下がるかもしれませんね。

我が家は来年度1歳児での応募になるんですが、2014年度の1歳児の内定ポイントの最低が26ptで我が家もMAXで26pt・・・。来年もこのままの状況だとかなり厳しい。ただ、上でも書きましたが、今年の1歳児の激戦が昨年度の0歳児の激戦の延長戦上にあったものだとすると、逆に来年の1歳児は今年の0歳児同様に落ち着くかもしれません。完全なるポジショントークです。

おわりに

選考に際して希望園数や希望順位による選考の優劣はないとのことなので、ポイントの高い順に次々決まっていくと考えると、我が家のようにボーダーラインの家庭はとにかく応募が少ないところばかりを並べるしか戦略はないですね。あるいは認証に行かせてポイントを稼ぐか・・・。あとは神頼みです。

 

※2016年の情報は下記にまとめています

※2016年度の保活の結果は…