読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

IHヒーターの頑固汚れに色々ぶつけた結果、やっぱりクレンザー一択だった

作ってみた
スポンサードリンク


材料不要で手間いらず!排水溝のヌメリやレンジ汚れはアレを丸めるだけでピッカピカに

この記事を見て、そういえば我が家のIHヒーター汚かったな・・・よし掃除しよう、と思い立ちました。なんたってアルミホイルとクレンザーがあれば、どんな頑固な汚れだって取れると言うし、正直ワクワクしながらアルミホイルを取り出しました。

よし、あとはクレンザーだ、とキッチンの扉を開けて気づきました。

 

「あ、ない・・・」

 

クレンザーが我が家になかった・・・。

急いで買ってこようかとも思いましたが、他の洗剤で試してみてからでも遅くないか、と呑気に実験してみることにしました。

f:id:Pikky:20150208015033j:plain

我が家にある洗剤のラインナップはこちら。

  • ジョイ
  • 水の激落ちくん
  • 重曹

他にも漂白剤とかあったんですが、とりあえず今回は上記の3つで試してみました。

掃除前

f:id:Pikky:20150207232315j:plain

うん、汚れてますね。ちなみに買って2年です。

ジョイ+アルミホイル

f:id:Pikky:20150207233328j:plain

ジョイをヒーターの上に垂らして、アルミホイルでゴシゴシゴシゴシ。もうゴシゴシしている段階で結果はなんとなく見えていましたが・・・

f:id:Pikky:20150207233420j:plain

はい、これがジョイ後です。変化なし!

水の激落ちくん+アルミホイル

f:id:Pikky:20150207233013j:plain

ジョイと同じようにヒーターに吹きかけ、ゴシゴシ。もうゴシゴシする前から結果は予想できていました。

f:id:Pikky:20150207233511j:plain

はーい、変化なし!

重曹+アルミホイル

f:id:Pikky:20150207232600j:plain

一番期待してたやつです。困った時の重曹です。上の写真を見てもらったらわかりますが、ゴシゴシの段階で他のやーつーとは明らかに違う感触!これはいけたんじゃないか!?

f:id:Pikky:20150207232739j:plain

はい、ダーメー。

よく考えれば当然

IHヒーターのトッププレートの汚れは主に焦付きです。食器の汚れのような油汚れとは根本的に違います。

食器用洗剤(界面活性剤)は、界面活性作用という化学反応を利用して汚れを「浮かす」ものです。焦付きのような強くこびりついた汚れは苦手です。水の激落ちくんにいたっては水です。焦付きが取れるわけがない汗

クレンザー(研磨剤)は、細かな粒子で物理的な力で汚れを「剥がし」ます。焦付きのような頑固な汚れはこのぐらいパワフルにやらなきゃとれません。

重曹は水に溶けないので、重曹の粒子が研磨剤の役割を果たします。ただし、クレンザーより粒子の粒が小さく汚れを剥がす力は劣ります。我が家のIHヒーターはもう2年くらいこびりついているので、重曹では弱かったようです。

真打登場

しょうがないから買ってきました。

f:id:Pikky:20150208194655j:plain

からのドンッ!

f:id:Pikky:20150208195349j:plain

オオーッッ

 

汚れが・・・汚れが・・・・

 

まぁまぁ落ちてるー!

f:id:Pikky:20150208200633p:plain

beforeとafterを並べてみました。

新品同様!とは言えませんが、十分汚れが落ちています。

結論

結論:最初から大人しくクレンザーを買ってくるべきだった。

◆おすすめ記事◆