パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

下の子1歳。きょうだい育児のゴールデンクロスか!?

スポンサーリンク

我が家は3歳のお兄ちゃんともうすぐ1歳の弟くんの兄弟との4人暮らし。

下の子が生まれてもうすぐ1年。つまりは我が家のきょうだい育児ももうすぐ1年。

これまでは騒がしい上の子、大人しい下の子という構図で我が家の育児が進んできましたが、どうやらちょうど今その転換点を迎えようとしています。

f:id:Pikky:20180224145318j:image

手のかかるようになってきた下の子

生まれてからずっと育てやすいで定評のあった下の子くん。

だいたいいつでも機嫌よくニコニコしているし、寝かしつければコロンと寝るし、オモチャを渡せば1人で遊ぶ、離乳食をあげれば大人しくパクパク。

世の中の赤ちゃんがみんな君みたいに育てやすかったらひょっとしたら日本に少子化は訪れなかったかもしれない。それくらい手のかからない子でした。

ところがこの数ヶ月、ハイハイを覚え、つたい歩きを覚え、夜泣きも覚え、自我が芽生え、後追いも始まり、あれよあれよの間に手がかかってくるようになりました。

離乳食もとっちらかすし、オモチャを上手に扱えないと怒るし、お兄ちゃんのオモチャを触りたがるし、うーん大変。

これってうちの子に限らず、大人しかった赤ちゃんでも、だいたい1歳前後の時期から見違えるように手がかかるようになるもんです。とうとうキミも自由を手に入れたくなったか。

手のかからないようになってきた上の子

それと呼応するように少しずつ手がかからないようになってきたお兄ちゃん。

2歳4ヶ月て下の子がやってきたときには、あまりの環境変化に不安定になったり、ときには下の子に手を出して大人を困らせたりしていました。

そしてそのままイヤイヤ期に突入。何をするにもイヤイヤで何もしてくれません。真面目にあれほっといたら1週間ずっと同じパジャマ着続けかねない。それがイヤイヤ期クオリティ。

それが3歳を過ぎたあたりから少しずつ聞き分けが良くなってきました。

着替えはまだイヤイヤ言うんですが、ご飯は行儀よく1人で食べるようになったし、大嫌いだった病院も「すわってたらすぐおわるの」と大人しく診察を受けてくれたり。

下の子にも優しく接するようになったし、嫌なことされても手を出すことはなく、言葉でしっかり態度を示せるようになりました。

まだまだやんややんや言ってるんで、イヤイヤ期が終わったわけではなさそうですが、接する大人が"楽になってきたなぁ”って思う瞬間がここ数ヶ月増えてきました。

ゴールデンクロス?いやいやデッドクロス

ゴールデンクロスは株式投資の有名な用語です。

短期の移動平均線が、長期の移動平均線を、下から上に突き抜ける形に交差(クロス)している状態を、「ゴールデンクロス」といいます。

このゴールデンクロスが出ることは、その銘柄はこれから上がっていく兆候だといわれています。つまり「買いのサインが出ている」ということになります。

ゴールデンクロスとは?

要はこれから株価が上昇していく可能性の高い転換点を示すサインってことです。

ちょうど我が家も手のかかるほうが変わってきて、ちょうど今クロスしているところかなぁと思います。

このクロスをゴールデンクロスと見るか、あるいは逆に下降局面の暗示と言われるデッドクロスと見るべきか。

うむむ、うむむ。投資と一緒でこの時点でそれが上昇への転換なのか下降への転換なのか、そもそも転換点なのかどうかも分かりません。いずれ時が経ってからああやっぱりって分かるもの。

今できるのは信じることだけ。これはゴールデンこれはゴールデンこれはゴールデンデンデデンデン。

結局いつだって大変ということ

やっとやっとやーっと、上の子が少しずつ落ち着いてきて、安心して見られるようになってきたかと思いきや、また目の離せない生物がフローリングをほふく前進しています。

なんだよー、結局ずっと大変なんじゃないか。仲良しだね、君たち。

これまではどちらかというと上の子が下を意識してライバル視していたんですが、最近は逆転して下の子が上を意識して対抗意識をメラメラ燃やしています。

どうやらきょうだいって書いてライバルって読むってのは本当のようです。そうやってお互い切磋琢磨して良い子になってくれたらいいんですが、そうはいかない男子クオリティ。きっとヤンチャなほうに切磋琢磨していくんだろうな。

おわりに

上の子3歳3ヶ月、下の子もうすぐ1歳。たぶん、今ちょうどヤンチャのデッド…ゴールデンクロスを迎えようとしています。

これから新たなきょうだい関係を見られそうなのは楽しみなような怖いような。私が落ち着いて休みを過ごせるのは当分先の話だなぁ。