パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

3歳児がシンカリオンは実在すると思っていて辛い

スポンサーリンク

我が家は3歳と生後10ヵ月の兄弟との4人暮らし。

上のお兄ちゃんは3歳と1ヶ月あまり。最近のブームはもちろんシンカリオン。

▶︎【レビュー】シンカリオンは3歳児も三十路も大興奮の変形ロボット【組み立ての解説も】 - パパパッとパパ

f:id:Pikky:20180117001356j:image

テレビアニメが始まってまだ2週ですが、もう相当な虜です。録画して何十回と見ています。

息子の今の口ぐせは「きょだいかいぶったい(巨大怪物体」です。シンカリオンの敵です。

3歳児はシンカリオンが身近にいると思っている

息子と街中を散歩していると「シンカリオンいるかなー」と2分に1回くらい言ってます。

通り過ぎる車一台一台をシンカリオンじゃないかと期待して見ていそうな雰囲気です。

走る地下鉄が見えるスポットが近所にあって散歩によく行くんですが、電車が近づいてくるたびに「あれはっあれはっ」と言って、シンカリオン(新幹線のはやぶさ)が出てくるのを待ってます。

きっと次はシンカリオンが来るはずという純真な期待の眼差しを覗くたびに私の胸が締め付けられます。

こまちのるって言い出したぞ

あと最近「こまちのる」ってのも口癖です。

新幹線のこまちではありません。シンカリオンのこまちです。おっととっと私はなんと返答したらいいのか…。

ちなみに今時点ではアニメには主人公が乗るはやぶさのシンカリオンしか出てきていないのですが、何故かこまちって言っています。

ひょっとするとはやぶさは既に主人公の速杉ハヤトくんが乗ってるから、こまちって言ってるのかもしれない。主人公に遠慮しているのか、はたまた共に闘う妄想をしているのかまでは分かりませんが、今週末の放送では新たな登場人物とともにこまちのシンカリオンが出てくる予定。どんな反応を見せるんだろうな…。

f:id:Pikky:20180117003634j:image

どんな顔して大宮に連れていけばいいのだろうか

あと最近は大宮に行きたい行きたいと申しております。

これもシンカリオンの舞台が大宮で、鉄道博物館の地下がシンカリオンのラボになってるからです。

つまり大宮行きたいイコールシンカリオンに会いに行く、です。あまりにも期待に胸を躍らせるので今週末に行く流れになっているのですが、どうしよう。

大宮行って鉄博行くのは全然叶えてあげるのですが、息子の期待には応えられないなぁ。

アニメではShincaっていうSuicaを模したカードがあり、それを使ってシンカリオンを起動したり、鉄博の地下ラボに入ったりするんですが、オモチャのシンカリオンにも律儀に付いてきてるんですよねShinca…。

息子は完全にこのカードでシンカリオンに変身できるし、地下ラボにも行けると思っています。

さてさてどうしたものか。今から言い訳というか息子が平穏に諦めてくれる口上を考えねば。

下手に夢を壊すようなことは当然しないですが、そんなキラキラ期待に心を踊らせてる様子を見てしまうと、思わぬ一言でパーンッと破裂しそうでびびっています。

私はパパとしてどこまでノッてあげたらいいんだろうか…私の目下の悩みです。

無責任に話にノッても良いんだけど…

もう少し成長すればシンカリオンが近所にはいないってことも何となく理解してくれるんだとは思うのですが、3歳だと完全に実在するものだと信じきっています。
無責任に話にノッてあげてももちろんいいんですが、下手にノッてしまうと思わぬところで墓穴を掘ったりします。

記憶力抜群の3歳児は大人が軽く言った言葉を決して忘れません。そして厄介なことに自分にとって都合のいいように言葉を書き換えるのです。

下手に「今週末大宮に行こうか〜」なんて軽く言ってしまうと、冒頭の"今週末”が勝手に抜け落ち、次の瞬間には「(今から)大宮行くっ」となってしまいます。

それに対して「今じゃないよ、今週末だよ」と言うと「いまでしょ〜、やくしょくしたでしょ〜」と聞く耳を持ちません。

なので軽い気持ちでリップサービスなんてことは絶対にできません。そのくせ、着替えとか好物じゃない食事とかあまりテンションが上がらないことに対して、「◯◯くん、着替え(ご飯)終わったらテレビ観ようか〜」「約束だよ〜」と言って「うんっ」と言ってもまともに動いてくれません。しまいにはやってないのに「テレビ見るーーーっ」と言い出します。なんて理不尽な契約社会なのだ。

そういうわけで、シンカリオンの話題になると、途端に言葉を選んで話しています。大人にもこんなに気を遣わないぞってくらい先のことを想像して話しています。私も見聞色を鍛えて未来が見えるようになりたい。

おわりに

3歳と1ヶ月の息子、シンカリオンにハマっているという近況でした。なんだかんだ言ってますが、割と私もシンカリオンにハマっています。

そしてなんだかんだ言って、鉄道博物館に息子を連れて行くのを楽しみにしているかもしれない。待ってろよ、シンカリオン。