パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

2歳差の弟が生まれて兄(と親)がぶつかった壁ビッグスリー

スポンサーリンク

我が家は3歳と生後9ヶ月の兄弟との4人暮らし。

4人家族になって9ヶ月、あっという間でした。子どもが2人になることで家が賑やかになったし、とても刺激的な毎日です。言い換えれば、退屈とかのんびりといった単語が我が家から一目散に逃げていったということですが。

我が家の兄弟の年齢差は2歳。より正確にいえば2年4ヶ月。

今回は、2歳児を抱えながら赤ちゃんを迎え入れたときに衝突した壁を挙げます。

f:id:Pikky:20171218002342j:image

2歳ってどんな時期

下の子が生まれたとき、お兄ちゃんは2歳4ヶ月。

言葉も文章で話せるようになり、意思疎通はほぼ取れるようになっていました。ヤンチャに走り回りますが、見境のない暴れ方ではなく、赤信号・青信号の区別がついていたり、遊んでいるときにも友だちと順番を守りながら遊んだり、とある程度社会のルールも理解しながら動けるようになりました。

生活面で見てみれば、おっぱいは卒業していたし、夜泣きも卒業してぐっすり寝てくれるようになっていました。

1歳まではやること全てに手を差し伸べる必要がありましたが、2歳になると多少は自分でできるようになり、幾分か日々の生活が楽になったようなそんな時期です。

2歳差の兄弟育児でぶつかった壁ビッグスリー

少しずつ社会的な生活をできるようにトレーニングを始める2歳の時期。そこに赤ちゃんがやってくることで、お兄ちゃんがぶつかってしまった大きすぎる壁を3つ挙げます。

大きな壁1:トイトレにぶつかる

まず、だだかぶりをしてしまったのが、トイレトレーニング。

なんとなく2歳の夏にしようと思っていましたが、その頃は下の子が3〜4ヶ月。新生児に毛が生えたくらいの赤ちゃんでそれどころじゃなかった…。

何とか大も小もオマルでできるところまでは行きましたが、まだまだオムツメインの毎日で卒業見込は立っていません。

もう同世代の子たちは続々とお兄ちゃんお姉ちゃんの仲間入りを果たしているのに…。来春には保育園に入る予定(入れれば)なので、どこかで思い切らないといけないです。

ただ、もうおしっこうんちの感覚は分かっているようだし、どこかで大人が決断すれば短期間で卒業できるもんだと高を括っています。

大きな壁2:昼寝なし&夜泣きにぶつかる

3歳手前に激突したのがこれ。

お兄ちゃんは日によって数時間お昼寝することもありますが、全くお昼寝せずに1日乗り切ってしまうことも。

いや、お昼寝なしで何か問題があるわけではないですが、大人の体力が持ちません。昼間の1〜2時間のお昼寝は大人にとっては数少ない休息の時間。

相手が3歳児だけなら昼寝なしでも夜ぐっすり寝てくれるんで持つんですが、そこに下の赤ちゃんの夜泣きが割り込んできます。

多少の騒音ではビクともしない睡眠の深さを誇る私でも目を覚ましてしまうほどです。夜は下の子が寝かせてくれない、昼は上の子が寝かせてくれない。このダブルパンチはじわじわと我らを奈落へ溺れさせていきます。

ちなみに2人お昼寝していた頃は、それはそれで大変でした。休日に私がいるときはまだ2対2で対等に戦えますが、平日は1対2。

下の子はより長く寝てくれなきゃ困るので兄弟別室で寝かすのですが、体は1つで寝かす場所は2つ。それは大変になるに決まってます。2歳台の頃はお昼寝失敗で夕方子ども達が不機嫌になり地獄絵図となっていることがしばしばありました。

上の子が3歳に近くなると、下の子を寝かしつける間1人遊びができるようになり、格段に楽になったようです。わずか数ヶ月の違いですが、大きな違いです。うちの子は3学年差くらいが良かったのかも。

たかが昼寝、されど昼寝。毎日毎日繰り返される日常なのですごくインパクトが大きいのです。

大きな壁3:イヤイヤ期にぶつかる

そしてなんといってもこれ。イヤイヤ期との大激突です。

自由気ままに泣き散らす下の赤ちゃんと、全てのものが気に入らないイヤイヤ兄ちゃん。こいつは強力タッグです。

ただ、思っていたよりは悲惨な状況ではないというのが正直なところです。イヤイヤが酷いときも、下の子のぐずりが激しいときにもたくさんありますが、不思議と同時に発生することは多くありません。お互い気を遣いあってるんでしょうか。

少なくとも上の子は確実に意識していて、下の子でてんやわんやになっているときは大人しくしてくれています。気を遣いながらイヤイヤをするってのも変な話ですが、でも大変助かっております。

ま、言い換えれば2人のぐずりとイヤイヤが交互にやってくるわけで、やっぱり大変ですが。

結局壁は乗り越えられていないけど、気負わずにやるしかない

トイトレも完了していないし、お昼寝はいつもセンシティブな問題だし、イヤイヤ期もまだ収束の気配を感じません。

いつ収まるとも分からないこの大きな壁たち。子どもが1人だったらきっと真面目に正面からぶつかっていって、悩んだり気を病んだりしたと思います。でも子どもが2人になって悲観する余裕もないので、ある意味気負わずに先延ばしにしています。昼寝とかイヤイヤ期とか親がどうこうできない部分も多いし。

おわりに

2歳差の兄弟育児の1年生である我が家に立ちはだかった大きな壁を取り上げました。

うん、ホントは家計とか保育園とかもっと大きな問題はあるんですが、そこは大きすぎて目をつぶって耳を塞いでます。