パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

うちの2歳子鉄が勧める「もしも1日東京観光するなら」【電車ビュースポット巡り】

スポンサーリンク

我が家は2歳11ヶ月と生後7ヶ月の兄弟との4人暮らし。
もうすぐ3歳の上の子くんは、バリバリの子鉄です。家にあるオモチャの8割くらいは電車だし、寝言で電車の名前を言うし、休日にどこに行きたいか聞くと必ず「◯◯(電車の名前)みるっ」と言います。

そんな子鉄と都内の電車スポットを巡り出してもう1年以上経ちます。電車に乗り物以上の感情を微塵も感じない私ですが、だいぶ都内の電車スポットに詳しくなったと思います。

2歳くらいの子どもが電車好きになるのは何も珍しくありません。
むしろ世の2歳児はだいたい車派か電車派に分かれるくらい、子鉄人口は多いはずです。

今回は、もし私の友人に息子と同じくらいの子どもがいて、そしてその子どもが子鉄だったとして、その子鉄くんが1日東京に来るとなったらどのルートで観光を楽しんでもらうか考えてみました。

うちの子鉄なら絶対小躍りする観光ルート

早速、私(と息子)が自信を持ってお薦めできる「子鉄が小躍りする観光ルート」を挙げてみます。なお、スタートは東京駅とします。

走るN700系を好きなだけ見るがいい@東京交通会館

f:id:Pikky:20170926073810j:plain

まずは東京駅からJR山手線または京浜東北線で1駅の有楽町にある東京交通会館。

ここの屋上庭園からは有楽町駅を通過する新幹線を間近に見ることができます。

停車している新幹線なら駅で見れるし、走ってる新幹線も在来線の車窓から見ることはできますが、「好きなだけ走ってる新幹線を見る」となると意外と難しいです。

この屋上庭園なら数分おきに走る新幹線を見ることができます。
しかも東京駅からほど近いので、新幹線が徐行運転で走っており、いくらでもゆっくり見てくださいと言わんばかりの悠々としたお姿を拝むことができます。

ちなみに隣の新橋駅近くには博品館Toy Parkというところがあり、ここに行けばプラレールやブリオで心ゆくまで遊ぶこともできます。注意しないと買わされる羽目になりますが。

▼基本情報▼
住所:東京都千代田区有楽町2丁目10−1Google マップ
アクセス:JR有楽町駅から徒歩1分
料金:無料

▼ここまでの経路で乗る路線▼
JR山手線 or JR京浜東北線

▼関連記事▼
有楽町の駅前ビルは子鉄の聖地!東京交通会館のトレインビュー

東武の特急に記念乗車ついでにスカイツリー観光@とうきょうスカイツリー駅

f:id:Pikky:20170817135338j:plain

有楽町から東京メトロ丸ノ内線の銀座駅に移動し(確か東京交通会館から直結で乗れる)、大手町駅で半蔵門線に乗り換え、スカイツリーの最寄り駅の押上駅に向かいます。

スカイツリーの最寄りですが、スカイツリーを観に来るわけではありません。
別に観てもいいですけど、子鉄は鉄塔への興味が薄いはずです。事実、うちの息子を連れて何度かスカイツリーに行ってますが大体空振りに終わってしまいます。

しかし、押上駅からスカイツリーを跨いで東武のとうきょうスカイツリー駅に来ると様子が一変します。

このとうきょうスカイツリー駅から終点の浅草駅までは特急料金無料で特急電車に乗ることができます。
我が家が行ったときには特急りょうもうに乗ることができたし、時間が合えば夢のスペーシアに乗ることもできます。

こちらはスペーシアに乗れたすみっこさんと子鉄くんの記事です。
【小鉄】東武特急「スペーシア」に大興奮!東武浅草駅を勝手に聖地認定。 - 共働き、両親頼れない!けど2人目産んじゃった(・ω・)ノ

たったの一駅で時間にすると数分ですが、スカイツリーを1時間眺めるよりもキラキラした子どもの顔を見ることができます。

ちなみに浅草駅を降りると歩いて数分のところに隅田川の水上バス乗り場があり、「ちょこっとクルーズ」なら安価で隅田川クルージングを楽しむことができます。
安い分短時間なのですが、小さな子連れには子どもが飽きない分逆に嬉しいです。

▼基本情報:とうきょうスカイツリー駅▼
住所:Google マップ
アクセス:東京メトロ押上駅から6分
料金:特急料金無料

▼基本情報:ちょこっとクルーズ▼
住所:Google マップ
アクセス:東京メトロ 浅草駅:徒歩1分
料金:大人600円、小人300円

▼ここまでの経路で乗る路線▼
東京メトロ丸ノ内線
東京メトロ半蔵門線
東武スカイツリーライン

▼関連記事▼
乗り鉄な子鉄にうってつけ!乗車券だけで乗れる特急!【2歳8ヶ月・東武鉄道】
【浅草水上バス】ちょこっとクルーズなら2歳児も隅田川観光を楽しめる

有名トレインビュースポットで目が回るほど色んな電車・新幹線を見学@下御隠殿橋

f:id:Pikky:20170926074140j:plain

浅草駅から東京メトロ銀座線に乗り、上野でJRに乗り換えて日暮里に向かうと、すぐそこに有名なトレインビュースポットが待っています。

日暮里駅を出るとすぐ下御隠殿橋という鉄橋があるのですが、ここが子鉄垂涎のトレインビュースポットとなっています。

かがやき・はやぶさ・こまち・はやてなどはもちろん、各種在来線もわんさか走っているので、子鉄たちはどこに視点を定めればいいのか分からず右往左往します。ほんとヨダレでも垂らしそうなくらいポカーーンと集中して観ているんですよ。

ちなみに下御隠殿橋近くのサイゼリヤはトレインビューファミレスとして名高いところです。
すぐ目の前が京成線の線路なので、スカイライナーを間近に見ながらご飯を食べることができます。
もちろんJRの線路も近いので、暑い日寒い日天気の悪い日は最初からこのサイゼリヤに行ってもいいかもしれません。

▼基本情報▼
住所:東京都荒川区西日暮里2丁目19(Google マップ
アクセス:JR日暮里駅から徒歩0分
料金:無料

▼ここまでの経路で乗る路線▼
東京メトロ銀座線
JR山手線

目の前を本気の速度で通り過ぎる中央線の迫力におののく@旧万世橋

 

  -

すいません、手元に自分で撮った写真がなかったので借りてきたものです。

日暮里駅から山手線・京浜東北線に乗って秋葉原駅に向かい、秋葉原駅を出て徒歩4分のところには旧万世橋というこれまた有名なトレインビュースポットがあります。

ここはかつて中央線が停まっていた「万世橋駅」の跡地で、そのホーム跡地を利用してデッキが設けられ、中央線が走る姿を間近で見ることができます。
今まで挙げてきたビュースポットの中で、最も近くで走る電車を見ることができるところです。ちなみにガラス張りなので予測不能なやんちゃ男児でも安全です。

あと本数は少ない(それでも割と通る)ですが、スーパーあずさ・あずさ・かいじも見ることができます。

▼基本情報▼
住所:東京都千代田区神田須田町1丁目25−4(Google Maps
アクセス:JR秋葉原駅から徒歩4分
料金:無料

▼ここまでの経路で乗る路線▼
JR山手線または京浜東北線

最新トレインビューポイントで色んな特急を見放題@ペンギン広場

f:id:Pikky:20170929225815j:image

秋葉原から総武線と中央線を乗り継いで、最後は新宿駅です(総武線だけでも新宿に行けますが、そこはやはり中央線も乗っておかないと)。
世界一の乗降者数を誇る新宿駅なので、当然多くの電車を見ることができます。

この新宿駅に最近できたのが新南改札で、その改札を出るとすぐ現れるのが最新トレインビューの"Suicaのペンギン広場"です。

ここまでで散々色んな電車を見てきましたが、このペンギン広場では新宿駅を発着する様々な特急を見ることができます。成田エクスプレス・スーパービュー踊り子・スペーシアあたりを見ることができました。

ちなみにこのルートで行くなら新宿駅で改札を出る前にこれら特急が止まる5番線・6番線ホームにいくと間近で見ることができます。

あとは、入場料を払って小田急のホームに行きロマンスカーで締めるというのが我が家の流れです。 

▼基本情報▼
住所:東京都新宿区新宿3丁目38−1(Google マップ
アクセス:JR新宿駅から徒歩1分
料金:無料

▼ここまでの経路で乗る路線▼
JR総武線
JR中央線

▼関連記事▼
 子鉄の新聖地・新宿NEWoMan【おすすめトレインビュー】

まとめ

子鉄オススメ観光ルートをまとめます。

▼東京駅▼

 ↓ JR山手線(京浜東北線)

▼東京交通会館(有楽町)▼

 ↓ 東京メトロ丸ノ内線・半蔵門線

▼とうきょうスカイツリー駅▼

 ↓ 東武の特急

▼浅草駅▼ 

 ↓ 東京メトロ銀座線〜JR山手線(京浜東北線)

▼下御隠殿橋(日暮里)▼

 ↓ JR山手線(京浜東北線)

▼旧万世橋(神田)▼

 ↓ JR総武線・JR中央線

▼ペンギン広場(新宿)▼

おわりに

これで朝から夕方まで電車三昧に過ごせます。
スカイツリー・浅草・銀座・秋葉原・新宿も通るので、ついでに本当の観光を挟むこともできます。ついでですよ、ついで。

子鉄も鉄道に興味のないパパ・ママも楽しめる観光ルート、小さな子鉄と東京にお越しの際は参考にしてください。