パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

【2人目育児5ヶ月目】下の子の存在感が薄いあるある4選

スポンサーリンク

我が家は2歳8ヶ月と生後5ヶ月の兄弟との4人暮らし。

2人目育児が始まって5ヶ月。ほんとあっという間に過ぎてしまいました。

上の子も赤ちゃん返りすることなく少しイヤイヤ期を満喫しているくらいで良い子だし、下の子も今のところ育てやすい赤ちゃんで助かっています。

 f:id:Pikky:20170803121857j:image

大人を悩殺する上目遣い

下の子の存在感が薄い

そう、下の子が意外と育てやすくて助かっているのですが、育てやすいが故に我が家における存在感が薄いのです。

ママだと授乳という何物にも代え難い時間があるのでそうでもないかもしれませんが、パパにとってはなんか全体的に上の子を見ながら片手間にやっている感があります。

片手間って言いかたが悪いですね。でもオムツ替えも抱っこも、意識は上の子に向けたまま手だけ動かしています。我が家はまだまだ上の子の天下で回っています。

下の子の存在感が薄いあるある4選

気づいたら寝返りしてた

一ヶ月ほど前ですが、下の子が無事に寝返りを成功させました。

上の子も下の子も3ヶ月を過ぎたあたりから寝返りの練習をし始めて、上の子は2ヶ月で下の子は1ヶ月でマスターしました。

習得までの期間が上の子より短いというのもあるのですが、今回ほとんど寝返りの練習に付き合ってません。

上の子のときには実演したり、色々と手出しをして、できそうでできない姿に一喜一憂していました。それが今回は「あー練習してるなー」と傍目に見ながらいつの間にかマスターしてしまいました。

上の子は寝返りができた日(5月6日)まで覚えているのに、下の子はいつだったかもう覚えていません。

なお、上の子の寝返り記念日の覚え方はゴロゴロの日です。皆さんもこれで覚えてしまいましたね。

写真全然撮ってない

上の子のときには半年で2000枚近く写真を撮ったはずですが、下の子は冗談抜きで200枚も撮っていない気がします。

そもそも上の子のときに撮った2000枚ですが、何十枚とほぼ同じ構図・顔の息子が並んでいます。取り敢えず撮っとけ〜と撮って、捨てるに捨てられないパターンです。

それが2人目になると、写真を撮る暇がないというのもあるし、カメラを向けたら漏れなく邪魔が入ってくるという困難もあります。どっちかというと後者のほうが手強いです。

2歳半の上の子はとにかく何でもやってみたい時期。パパ・ママが楽しそうに写真を撮ってると当然「僕もやる!」という展開になり、早々に撮影会が終了してしまうのです。

(追記)

id:cabucafeさんからのコメントでもありましたが、上の子と差をつけてしまうと良くないですね。写真たくさん残してあげよう…。

記念日をあんまり祝ってない

そういえば上の子のときほど祝っていないです。

上の子のときには毎月毎月◯ヶ月記念と言って色々準備して写真を撮ったりしていましたが、下の子になって◯ヶ月記念を当日に気づかないことすらあります。そういえば今日で3ヶ月だ!みたいな思い出し方です。

お宮参りやお食い初めは何とかお祝いしましたが、それで精一杯です。あと下の子のお祝いなのに主役はなぜか上の子みたいな雰囲気になります。そうしないと拗ねるし。

上の子が主役級に振る舞っている間、下の子はバウンサーの上で揺ら揺らってことも少なくありません。下の子のお祝いなんだけどね。

上の子存在感あり過ぎ

下の子の存在感が薄い…というより上の子の存在感があり過ぎる、というのが今の状況です。

赤ちゃん返りとかイヤイヤ期とかトイトレとか、いま我が家にある心配ごとはだいたい上の子関係だし、下の子はとりあえずゴロゴロしといて〜という感じで成り立っています。

上の子も赤ちゃん返りをしているわけでもなく、イヤイヤ期も手に負えないほど酷いわけではありませんが、それでも基本は構ってちゃんなので、どうしても上の子中心の日常になってしまいます。

これで下の子がハイハイでも始めて動き出したら、目で追わなくてはならない対象が2人になっていよいよ手に負えなくなってしまう恐怖に身を震わせています。

上の子と一緒に遊んでくれるようになれば多少は楽になるかもですが、もうしばらくは2人の育児の効率化は厳しそう。

我が家の家庭平和のためにもうしばらくは存在感を消して過ごしていってもらいたいです。

おわりに

2人目育児5ヶ月の現状は、下の子の存在感薄いあるあるです。

上の子のときほど構ってあげられていない下の子ですが、そんな中逞しく生きている下の子を見て、こうやって下の子は強く育っていくんだなと思うのでした。