パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

絵本の読み聞かせが苦手な私の救世主、それは「図鑑」

スポンサーリンク

我が家は2歳8ヶ月と生後4ヶ月の兄弟との4人暮らし。

小さな子どもを抱える我が家ですが、そんな小さな子との遊びで欠かせないのが読み聞かせです。

我が家でも妻が図書館で色んな本を借りてきたり、このブログを通じて皆さまに絵本を贈っていただいたり、種々の絵本を息子に読んできました。

そしてそんななか気づいたことがあります。…私、絵本の読み聞かせが苦手かもしれない。

f:id:Pikky:20161224093356j:plain

絵本の読み聞かせが苦手な理由

私が読み聞かせを苦手な理由は「感情が込められない」と「脱線に対応できない」の2つな気がします。

感情が込められない

そもそも私は感情豊かなほうではありません。お喋りな部類ではありますが、喜怒哀楽の揺れが少ないです。顔や声に出して喜んだり怒ったりはあまりしないと自分では思っています。

そんな私が絵本を読み聞かせると、どうしても淡々と読んでしまいがちになります。妻が読むとすごい起伏のあるストーリーなのに、私が読むとどうも平坦になってしまうのです。絵本ってどれだけ感情を込めて話せるかで9割がた決まるのに。

私とて精いっぱい感情込めて抑揚つけて読もうとするんですが、普段そういうことをしないのに急にできるようにはなりません。

脱線に対応できない

息子は絵本を順に読んでくれません。途中で飽きたり、好きなところだけ読んで後は飛ばしたり。逆にお気に入りのページは何回も繰り返したり。

自由気ままに読まれるとどう読んでいいか分からなくなります。逆にこちらがアドリブを入れると「それは違う」みたいな反応をされたりもします。なんというか息が合わないんですよね。

普段あんまり読んでいないからこそ、どのページが息子のお気に入りで、このページはこんな風に読んで欲しいっていうのが分かりません。負のループです。

きっとそんな感じで読んでいるから息子としてもパパの読み聞かせはイマイチだと思っている気がします。

そんな私でも図鑑なら楽しく読み聞かせられた

そんな私ですが最近気づきました。図鑑なら楽しく読んであげることができる!

図鑑はどのページから読んでもいい

図鑑はそもそもストーリーも何もなく、どのページから読んでも構いません。なので私も息子が適当にページを飛ばして読んだり、特定のページを熱心に読んだとしても何のストレスも感じません。

図鑑は脱線してナンボ

絵本だとストーリーがあって話に抑揚がありますが、図鑑だと淡々と写真と説明が載っているだけなので、私としては逆に思い切って脱線ができます。

例えば、カブトムシの写真を見ながら「このツノを使ってカブトムシはお相撲するんだよ」とか「このツノはパパと息子くんのパオーンさんみたいなものだよ」とかあることないこと適当に誇張しながら息子にお話ししてあげています。

心なしか息子もパパのそんな話を楽しんで聞いてくれています。変なこと言うとすぐ覚えてしまうので、その点だけ注意しています。

図鑑はパパの知識を伝えやすい

我が家に今あるのは電車の図鑑と虫の図鑑ですが、30年も生きていれば全国の電車もそれなりに乗ったことがあるし、いろんな虫も見たことがあります。なので、図鑑を見ながら色々教えてあげることができます。

息子は聞いているような聞いていないような…感じですが、絵本を読み聞かせるより明らかに食いつきがいいです。

息子がハマっている図鑑

ちなみに息子自身、最近は絵本よりも図鑑っ子になっています。言葉を覚えるのが楽しくて楽しくてしょうがない様子です。覚えた名前を必死に読み上げる姿は可愛すぎて悶えてしまいます。

そんな息子が今読んでいる絵本がこの2つです。

虫の図鑑と電車の図鑑。どちらも小学生くらいまで楽しめる内容ですが、文字の読めない2歳児でも十分に楽しめます。多分2歳あたりの子にとっては、身近な虫とかよく見かける車・電車は興味が尽きない存在なのです。

息子はこれらの図鑑を取り出しては「これは〜〜◯◯!」と言ったり、「これは〜〜?」と聞いてきたりします。自分で名前を言う時も「これは」だし、名前を聞く時も「これは」なので、聞き分けるのが難しいです。

ちなみに離れていた場所でも「これは〜〜?」と図鑑を指差しながら聞いてきます。このとき答えないと怒るので、わざわざ駆け寄って図鑑を見て答えてあげるみたいなことをしないといけません。これは結構面倒臭い…。

おわりに

読み聞かせって小さな子どもと大人が一緒に楽しめる数少ない遊びの一つです。

そんな貴重な遊びが苦手だった私ですが、絵本じゃなくて図鑑なら何とかなりました。色々と書きましたが、結局読む側が楽しく読めると子どもも楽しく聞いてくれる気がします。私にとってそれが絵本ではなくて図鑑だったのです。

読み聞かせが苦手って方がいたら一度図鑑で試してみることをお勧めします。

☑あわせて読みたい