パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

イヤイヤ期に入ったけど、今が一番可愛い【2歳半】

スポンサーリンク

最近イヤイヤ期と呼んで差し支えなくなってきた様子の息子くん(2歳半)。

何をやるにもイヤイヤと言わなければならない厳しいルールのもとで生きることを決心した模様で、普通にすれば数十秒でできるようなことも何分・何十分とかかるようになりました。大人から見るとなんとも生きづらいように見えるんですが、本人の意思なのでどうしようもない。

最近の我が家は、そんな息子に対峙すべくあの手この手で手を替え品を替え、色々と試行錯誤をしています。

でもなんだろう、そんなイヤイヤ期の息子がとても可愛く思えているのです。

f:id:Pikky:20170608220910j:image
(散歩中、アリを見つけると「アリさんアリさん」と言いながらじーっと見つめる)

つい数ヶ月前までは宇宙人だった

いつも言ってる気がしますが、つい数ヶ月前まで息子は宇宙人でした。

早い子だと2歳前後ですごく流暢に喋る子どももいますが、うちの子はそんな子に比べると言葉の発達がゆっくりで、話しているうちの半分くらいはまだ宇宙語でした。

なので、息子が伝えたいことが伝わらず癇癪を起こしたり、多分息子自身も自分の気持ちを言語化できずに不機嫌になったり、といったことが多くありました。

それがイヤイヤ期に入る少し前から急に語彙力が飛躍的にアップし、ベッラベラ言葉を喋るようになりました。いわゆる言葉の爆発期です。

言葉が爆発したからイヤイヤ期が始まったのか、その因果関係はよく分かりませんが、自分の言葉で自分の気持ちを表現できるようになりました。

自分の気持ちが分からず愚図られるよりも、確信犯でイヤイヤ言われるほうが幾分か気が楽だし、対処もできます。

イヤイヤが長引くとさすがに疲弊しますが、喜怒哀楽をより鮮明に表現できるようになり、すごく可愛い瞬間も増えました。

言葉の爆発と同時に妄想も爆発

言葉の爆発と時を同じくして、息子の空想のレベルが飛躍的に向上しました。

息子がどこかを打って痛がったときに「痛いの痛いの〜パパに〜飛んでいけっ!」と言って、私が自分で「イタタタタ」という自作自演の遊びをよくやっていました。

最近それが進化して「痛いの痛いの〜◯◯くんに飛んでいけっ」と言うと息子が笑いながら「イタタタタ〜」と痛い真似をしてくれるようになったのです。

え、ナニ、可愛すぎて直視できない。

あとはいわゆるごっこ遊びをすることが増え、そこにパパが参加させてもらうことも増えました。

「いらっしゃいませー」と言う息子に「お魚ください」と言うと、魚のオモチャを手渡してくれ、「これお金です」と渡すフリをするとしっかり受け取ってくれます。

なんだろう、いままで基本一方通行だったコミュニケーションがしっかり双方向になっていて、ほんとに嬉しいし可愛い。

イヤイヤ対応も楽しい

イヤイヤ期なので、何事にもイヤイヤ言っている息子。そんな息子に対峙すべく私も色々試行錯誤しています。

とりあえずは大げさな演技で息子を楽しませながらやってもらう、という方針で頑張っています。

歯磨きとか手を洗う場面では、大げさに「ば、ば、ばいきんまんが◯◯くんの手のひらで暴れてるよー!早く洗わないとばいきんまんが◯◯くんの手を真っ黒にしちゃう(><)」てな具合です。
息子くんもニヤニヤしながら、でも手を不思議そうに見ながら付き合ってくれます。もちろん、手を洗い終わった後には「ほらほらばいきんまんお水を一緒に流れていってるよ!」と言ったり、歯ブラシを指差しながら「ほらばいきんまんがここにいっぱいいる!」とダメ押しをすることは忘れません。

ついにやってきた!うちの子どもがイヤイヤ期を迎えたようです。【2歳半】【対策大募集】 - パパパッとパパ

これ息子もニヤニヤしてますが、私もニヤニヤしています。正直私も結構楽しみながら遊びながらやっています(歯磨きや手洗い自体はちゃんとやってる)。

本格的にごっこ遊びを楽しめるようになり、パパも本域で演技を楽しめるようになりました。

先ほどと同じですが、双方向のコミュニケーションが可能となり、子ども相手におちゃらけてもその反応が返ってくることにとても幸せを感じています。

それでもって、イヤイヤしていたことを必死の説得でやってくれたときにはすごい達成感を感じることができます。

心と時間に余裕があるからこそ

そんなことを言っても、時間に追われているときや焦っているときにイヤイヤをされるとどうしてもイライラしてしまいます。

我が家の場合、保育園の通園もないし、タイトなスケジュールとなる予定も滅多にないので、時間に追われることなくイヤイヤに付き合ったり演技を楽しむことができています。

ご飯を食べないのだけはキーーッてなりますが、それ以外は微笑ましく穏やかな気持ちで接することができて接することができています。

親がイライラしてしまうと余計にイヤイヤが加速してしまい、負のスパイラルになってしまうので、いつも心に少しのスペースを空けて子どもと接していきたいです。

おわりに

上の子が生まれて2年半。もう赤ちゃんではなく、完全にキッズとなった息子ですが、これまでずーっと「今が一番可愛いかも」と思ってる気がします。

正しい育児ができているかは甚だ自信がありませんが、溢れんばかりの子どもへの気持ちは親としての自信になっています。

☑あわせて読みたい