パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

2歳児子鉄にオススメ!ホビーセンターカトーは夢の場所!

スポンサーリンク

我が家の長男(2歳4ヶ月)は、電車をこよなく愛する男です。

私はこの1年で用もないのに10回以上は東京駅の新幹線ホームに行かされてるし、たまに言う寝言は「しんかん!(新幹線)」とか「取れたぁぁ!(電車のオモチャの連結が取れたと言ってるはず)」とか、明らかに夢の中でも電車にまみれています。

そんな2歳児の電車巡りでこれまで1番の場所は東京駅でした。この1年、色んな電車関連のスポットに足をのばしましたが、東京駅を超えるスポットはありませんでした。つい先週までは。

息子と私は見つけてしまったかもしれない。東京駅に匹敵する場所を!

ホビーセンターカトー東京

それはホビーセンターカトーの東京店です。

私はKATOと聞いても何一つピンときませんでしたが、鉄道模型のメーカーとして有名らしいです。Nゲージとかやってるメーカーです。

息子はトレーンNゲージの電車をたくさん持っていますが、あれはトレーン社のもので今回のNゲージとは無関係です。というより精巧さのレベルが全く違った…。

入口から釘付け

最寄りは都営大江戸線の落合南長崎駅ですが、私達はJR目白駅からバスで行きました。バス停からも近かったし、小さな子連れはこっちのほうが楽なはずです。

そしていきなりこんな感じでお出迎え。

f:id:Pikky:20170417134239j:image

住宅街の真ん中に電車が現れたぞ…。

それを見つけた瞬間、私の手を離れ駆け出す息子。

f:id:Pikky:20170417134334j:image

あまりの衝撃にカーディガンが肩からずり落ちそうです。

ちなみにこれ本物の京急の車両らしいです。このあと普段は見れない車輪部分を食い入るように十分くらい見てました。

中に入ると巨大ジオラマが眼前に

f:id:Pikky:20170417134812j:image

店内に入るとすぐに巨大ジオラマが眼前に広がります。

本日2回目の「なにこれーっ!」 の目をしていました。開いた口が塞がらない感じでポカーンとただただ夢中に眺めていました。

ちなみにこのジオラマ、小さい子用に足場もあってなかなかのキッズフレンドリーでした。撮影可だったし、思う存分息子とジオラマの写真を撮らせてもらいました。

店内を進むと車両の模型が

ジオラマのトラップにこれまた十分くらい足止めされた後は、おもむろに店内探検です。

f:id:Pikky:20170417135334j:image

これはけいひーとーほくせん!(本当にこんな感じで言ってます)

f:id:Pikky:20170417135443j:image

はやぶしゃーーーっ!

f:id:Pikky:20170417135519j:image

ここはいったいなんなんでしゅかーっ!(心の叫びを代弁)

古今東西ありとあらゆる電車(の模型)に見とれていました。上ばっかり見すぎて3回ほど躓いてましたよ。

二階に上がると

f:id:Pikky:20170418134736j:image

でんしゃがちかいでしゅ!(と目が言っていた)

二階はどうやら一般の人も手持ちのNゲージを試走させることができるらしく2、3名ほどそんな人達がいました。

一階の展示用ジオラマよりも距離が近いので、ここでも大興奮。

そして、Nゲージを夢中で弄るおじさん達の間に入り、その手捌きにもしばし魅入ってました。パパはすげぇ恥ずかしかったけど、そんなこと言えないような真剣な眼差しで見つめていらっしゃった。

パパに嬉しいカード方式

百貨店やトイザらスなんかに行くとプラレールの模型が展示されてますよね。

それも息子は大好きなので結構立ち寄ったりするんですが、その模型の下には商品が置いてあるじゃないですか。

2歳にもなるとそれを取り出して「ぴーっ!ぴーっ!」(レジに行け!)と言い出すんですよ。

大体はその激しい押しに屈して買ってしまう羽目になり、我が家には数多の電車たちがあります。

プラレールは高いんでトレーンNゲージで何とかごまかすのですが、それでも千円くらいして痛い出費です。ところがこのトレーンのないNゲージはケタが変わってきます。一番安い車両のやつで3千円ほどはしてました。1万越えが当たり前の値札たち。危ない…。

これどうやって気を逸らそうかなぁとやきもきしていたんですが、なんとここは欲しい車両の名前が書いたカードをレジに持っていく方式でした。

まだまだ世の中の仕組みを分かっていない息子は、ショーケースの中の模型たちに夢中で手の届く位置にあるカードは華麗にスルー。しめしめ。カードに車両のイラストとか描いてなくて良かった…。

帰りたくないと愚図るレベル

午前中に行き、そろそろお昼ご飯だからと帰ろうとしたら

「やだ」

と言い出しました。

うちの子が帰りたくないと愚図ることってほとんどありません。最初スゴいテンション高そうに見えても帰るときは案外すんなり帰ってくれます(親としては助かる)。

それがここでは「しんかんせんみる」と言って大愚図りされていらっしゃいました。

「お昼ご飯に美味しいもの食べるよ〜」で何とか釣って帰ってきましたが、恐るべしKATOの魅力。

おわりに

久しぶりに息子にヒットしたお出かけスポット。

惜しむらくは周りに何もなく、ここ以外に行くところがないのがマイナスポイントです。

でもそれを差し引いても東京駅に匹敵するオススメお出かけスポットです。無料ですし。

休みの日にどこに連れて行こうかと悩んでいるパパの皆さん、ここは一度行ってみる価値ありです。

お店情報

ホビーセンターカトー東京店

〒161-0031 東京都新宿区西落合1-24-10
平日:11:00〜20:00時 土曜・休日:10:00時〜19:00
TEL:03-3954-2171
入館無料
都営地下鉄大江戸線 落合南長崎駅徒歩5分

関連ページ(外部)

レジャー・アクティビティの予約サイト「そとあそび」