パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

2人目育児に四苦八苦な我が家に続々と応援の声(ギフト)が届いて泣きそう

スポンサーリンク

2人目育児に四苦八苦している我が家。

関連記事

2人目育児が楽だって言ったのは誰だ!

そんな戦場と化している我が家に、なんとまたまた差出人のないギフトが届きました。

もう私は涙が止まりません。

頂いたもの

おととい、昨日とAmazonから差出人不明の荷物が届きました。

贈っていただいたのはこちらです。

f:id:Pikky:20170403055800j:image

左から時計回りに

  • トーマスの塗り絵
  • ダスキンのギフトカード
  • おとがいっぱいプラレール博士

です。

トーマスの塗り絵とダスキンのギフトカードを同じ方から贈っていただき、おとがいっぱいプラレール博士を別の方から贈っていただきました(どちらも匿名です)。

NEWうきうきぬりえカラーワンダー トーマス

いつも電車を引いてばっかりの息子に色んな遊びを楽しんで欲しくて、最近少しずつ色んなものを試しています。

以前、水でぬれる塗り絵を買ってあげたことがあったんですが、イマイチはまってくれなかったので、同じような塗り絵のトーマスのものを欲しいものに入れていました。

塗り絵とか積極的に楽しんで欲しいんですが、色んな枠からはみ出るのが2歳児なので、普通のペンでさせることには抵抗があったんですよね。実際、我が家のダイニングテーブルは既に息子の手によって色んな線が描かれてしまってます。

これは塗り絵のノート以外に線を引いても何も付かず、ノートの上のみ色が付くものです。これであれば私とハラハラドキドキせずに存分に遊ばせられます。

f:id:Pikky:20170403055810j:image

早速開いてみると、塗るより先にトーマスの絵に惹かれてました…。まだ塗って遊ぶものだとイマイチ分かっていないようなので、大人がデモンストレーションしながら楽しみたいと思います。

おとがいっぱい!プラレール博士

電車好きな息子は、プラレールのカタログをいつも眺めています。そして眺めるだけでなく、1つ1つ指差しながら大人に車両の名前を言わせて、覚えようとします。

そこまで電車に熱い思いを持っているのであればとほしい物リストに入れておいたのがこれです。

これ、その車両のボタンを押せば名前を読み上げてくれます。また、上にもボタンがあり、走行・踏切・ドアの開閉・鉄橋を渡る・ベルの音がそれぞれ鳴ります。もう電車好きな子が楽しんでくれる可能性100パーセントの鉄板おもちゃとなっております。

f:id:Pikky:20170403055816j:image

(机の上が散らかっていてすみません)

ちょうど晩御飯前にぐずったときに息子に渡したのですが、一瞬でこの表情です。ひっさしぶりに「我を忘れて集中する」息子を見ました。

おかげさまで下の子が生まれ不安定気味だった息子が、いつも通りの電車好きな2歳児に戻って楽しそうな時間を過ごしていました。

ダスキン ギフトカード 家事おてつだい(1時間) 

このギフトカードは1時間家事を代行してもらえるカードです。

1時間1名1回で家事を代行致します。お掃除はもちろん洗濯やアイロンがけなど、さまざまな家事を組み合わせてご利用できます。

最近「2人目育児が大変だ」という内容の記事ばかり書いていました。そんな折に届いたこのギフトカード。いや、本当に泣きそうになりました。

今はまだ義母がサポートしてくれているから何とか回っている我が家ですが、義母もそろそろ義実家へと帰らなければいけないので、これはそのときに使わせていただこうと思います。

メッセージに涙する

トーマスの塗り絵とダスキンのギフトカードにはメッセージもついていました。

f:id:Pikky:20170403173559j:image

贈り主には「葉てな羽てな」となかなかふざけた名前が書いてあったのですが、その分メッセージの心優しさに余計に感動してしまいました。

ブログをやっていて、皆さんにこうして応援していただけて、折れそうな心が何とか折れずにしなっています。

今大変だなぁとかツライなぁってときは「ブログのネタになるし!」というモチベーションで自分を奮い立たせています。逆に平和になるとネタがなくなってそれはそれで悩むことになるんですが。ブログっていい逆張りの効果があることに気づきました。

お贈りいただいた皆さん、また心配していただいている皆さん、本当にありがとうございます。我が家は元気に奮闘しております。

おわりに

お祝いの品を開ける瞬間は、戦場と化した我が家に平穏が訪れます。中身が分からない荷物ってドキドキしますよね。箱の大きさから中身を推測したり、開けてみて予想外の贈り物だったり、楽しい限りです。

上の子の頑張りを多く取り上げているおかげか、上の子のオモチャ類をたくさん贈っていただいて、上の子はよく分かっていませんが幸せな顔をしています。

関連記事

2人目誕生フェスティバルが止まりません【Amazon欲しいものリスト】


☑あわせて読みたい