読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

2歳児を釘付けにしたしまじろうの魅力を追う

知っ得 知っ得-教育 2歳児 2歳児-2歳前半
スポンサーリンク

1ヶ月ほど前、息子がしまじろう(こどもちゃれんじ)を始めました。

しまじろうを始めました −Eテレと比べてみる

始めた当初から結構食いつきは良かったのですが、それから1ヶ月が経った今しまじろうが大好きになったようです。

もはやアンパンマン、トーマスの幼児界2大スターに割って入る勢いで息子の好きなキャラクターに成り上がりました。

f:id:Pikky:20161220130827j:image

息子のしまじろう大好き!の様子

しまじろうを始める前は、テレビが見たい=アンパンマン or トーマスが見たいでした。

それが今はDVDプレーヤーのリモコンを持ってきて(アンパンマン・トーマスはHDDに録っていてリモコンが違う)、アンパンマンやトーマスでなく明確にしまじろうが見たいと主張するようになりました。

なお、アンパンマンやトーマスが見たいという駄々も相変わらず言っています。

しまじろう登場に大興奮

こどもちゃれんじのDVDはまずしまじろうが登場するところから始まるのですが(しかも尻尾から)、その登場シーンから大興奮で「しましまーーっ」と叫びます。

登場するだけで叫ぶのは、あのアンパンマン様・トーマスさんでもなかった快挙です。

しまじろう以外でも大爆笑

こどもちゃれんじのDVDの半分以上はしまじろうは出ません。

でもしまじろうが出なくても、それぞれのコンテンツでいちいち大興奮してくれます。

手遊びやダンスで一緒に踊るだけでなく、しまじろう以外のキャラクターにも大興奮で、DVDの最初から最後まで(多分20分くらい)ずっと興奮しっぱなしです。

そんなに面白いのか…と大人はキョトンとしてしまいました。

絵本も興味津々

DVDだけでなく、一緒に送られてきた絵本にも食いついています。

長い短いを理解するために長いうどん・短いうどんが載ったページがあるのですが、そのページを開くたび「おっきぃっ!」と大声をあげて喜んでいます。

まだ長い短いと大きい小さいの違いが分かっていないようですが、何にせよ楽しそうです。

しまじろうの何がいいのか

キャラクターとして息子のハートを掴んだところはどこなのでしょう。

それまでアンパンマンやトーマスに夢中になっていたので、丸顔で丸々した顔が好きなんだと思っていました。

ですが、しまじろうに丸顔のイメージはありません。だってトラだし。でもDVDを見て気づきました。

f:id:Pikky:20161220130439j:image

しまじろうも丸顔なんだね。やっぱり丸顔大好き説が有力です。

丸顔でシマシマで目立つ色(黄色)、こう考えるとしっかり幼児が好きなポイントを押さえています。

学ぶことの喜びを知ったかも

アンパンマンやトーマスと違って、しまじろうは自分と同じような世界を舞台にし、自分でもできそうなことをやっています。

椅子に座ってご飯、順番を守る(譲る)、はんぶんこ、色んな身近なことをしまじろうは画面の中でやっています。

大好きなキャラクターがやっていることを自分もできるかも、と思ったらその真似をするのは当然かもしれません。

学ぶとは真似ぶなので、立派にしまじろうから学んでいます。

DVDと一緒に送られた教本も、もうくちゃくちゃになるほど遊んでいます。電車以外の本にここまで興味を持ってくれて私は泣きそうです。

おわりに

しまじろうにどっぷりハマった2歳男児。しまじろうのおかげで心が急成長中です(多分)。

アンパンマンにハマった時もトーマスにハマった時も、私にはその良さが分かりませんでしたが、何だかんだいつの間にか私自身も好きになっていました。

今回まだ私はしまじろうの見た目に慣れていませんが、そのうち慣れてしまう日が来るのでしょうか。

我が家のオモチャ勢力図にも異変が出るのは確実です。

ベネッセのまわし者ではないのですが、あまりに息子がしまじろうにハマったのでちょっと感動しています。でも、このままハマり続けると辞めれなさそう…。

関連記事

しまじろうを始めました −Eテレと比べてみる

おすすめ記事

トミカかトレーンNゲージか、1歳児が喜ぶ新幹線玩具
パパの男の子育児の楽しみ方 -男児を2年間育ててみて
うちの1歳児を一気に成長させた玩具トップ5 −1歳前半編