読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

2歳の誕生日プレゼントに適していたもの、クリスマスプレゼントに適していたもの

スポンサーリンク

息子は12月生まれで、先月で2歳を迎えました。

12月といえばもう1つ大きなイベント、クリスマスがありますね。

今回の息子の誕生日とクリスマスはそれぞれプレゼントを貰ったり買ったりしました。

我が家の中で2歳児といえば…というプレゼントを選んだのですが、実際に2歳なりたての息子がちゃんと愛用してくれているのか、まとめてみます。

いや、ほんとこのくらいの子どもって何がツボに入ってくれるか分からないし、そもそも能力的に遊べるのかって問題もあります。

同じ2歳の子を持つ皆さまの参考になればと思います。なお、うちの息子は運動能力は人並み、言葉の発育は少し遅めかなといった感じです。

贈ったプレゼント

ストライダー

ペダルのない自転車で足で蹴って進みます。ランニングバイクって言うんですかね。その代表的なものがストライダーになります。

対象年齢は2歳からで、ストライダーのHPには「2歳のお子さまでも直感的に楽しめ…」と書いてあります。

これに乗っているとゆくゆくは自転車を補助輪なしでいきなり乗れるようになる、という素晴らしいバイクです。

息子は部屋の中で三輪の木製バイクを乗りこなしているし、対象年齢2歳からだし、というので選びました。

東京でも公園や車通りのない道路を歩いていると、小さな子どもがこれに跨って遊んでいる姿をよく見ますよね。

アンパンマン NEWことばずかんDX

ストライダーとともに2歳の子へのプレゼントの定番となっているのが、このアンパンマンのことばずかんDXです。シリーズ累計100万台を突破しているそうです。アンパンマン恐るべし。

専用のペンで絵柄を押すと、アンパンマンやその他のキャラクターがその絵柄の名前を言ってくれるというものです。

おしゃべりしてくれる数は、日本語の名詞で800以上、英語で700、効果音や鳴き声が150以上で、トータル1700種類以上!恐ろしいほどのボリュームです。

キッズ用リュック

他の方のブログを見ていると、2歳を過ぎたあたりから子どもにリュックを背負わせている写真をよく見るような気がします。

息子が自分のオムツやストローマグを自分で持ってくれたらどれだけお出かけが楽になるか…と、あと単純にリュックを背負った子どもが可愛いっていうのがあって、これもプレゼントに選びました。あの背負われている感じがたまんないです。

プレゼントしたのはフェールラーベンのキッズ用カンケンリュックです。偶然にもこちらのリン(id:simple-kurashi)さんと同じリュックのキッズ用のようです(多分)。

関連記事(外部)

お洒落なリュック!フェルラーベン・KANKENを購入! - Rinのシンプル生活

カンケンリュックは軽くて丈夫なので、うちのやんちゃ男児にピッタリだと思い購入しました。多分私もそのうち息子とお揃い(=Rinさんとお揃い)のリュックを買ってしまいそうな気がします。

2歳なりたての使用状況

さて肝心の息子の使用状況です。だいたい2歳になりたてから1ヶ月間の状況となります。

ストライダー

誕生日に贈ってからしばらくはリビングに他の室内用バイクと一緒に置いていました。そうしたほうが触るかなと思ってです。

その間、何度か手に取ることはありましたが、手押ししたり跨ったりということはありませんでした。

そこで、部屋に置いているのがいけないのかな、とプレゼントしてから2週間後に満を持して外で乗せてみようとしたのですが、そこでも興味を持たず未だにほとんど乗っていません。

一応、こう乗るんだよとストライダーに跨ってみたりしましたがリアクションは薄いです。

今後、同年代の子どもたちがストライダーで遊んでいるときを見計らってまた誘いたいな、と思案中です。

ちなみに子育てイルカ(id:kosodateiruka)さんとこのお嬢さんは、何も教えずに一から自分で乗りこなしたそうです。しかも乗せた初日からちゃんと跨ったという…。うちの子はそこまでの興味がまだありませんでした。

関連記事(外部)

【感想】ストライダーを買ってよかったよ。ペダル無し自転車買うなら絶対おすすめ【STRIDER】 - 子育てイルカが笛を吹く

というわけで2歳0ヶ月の息子は、ストライダーでは遊べていません。

アンパンマン NEWことばずかんDX

こちらはリビングの絵本と同じところに収納しています。

プレゼントしてからすぐに一緒にペンでタッチ→音が出る様子を実演してみました。するとすぐ仕組みを理解したようで、それからは自分でペンでタッチしています。

毎日なんだかんだ絵本棚から取り出してはタッチしています。

今のところすでに知っている電車や新幹線関係の部分ばっかりタッチする状況で、他の電車ずかんと似たような立ち位置になっています。

まだ知らないものにタッチして、そのものを覚えるという段階にはなっていません。

というわけで、2歳0ヶ月の息子、仕組みは理解しそれなりに遊んでいる状況です。

ちなみに1歳9ヶ月のアンパンマン好き女子が我が家に遊びに来たときに、このずかんを見せたところ、すごい食いついていました。

仕組みもちゃんと理解していたし、1歳台の子どものプレゼントでもいけると思います。

キッズ用リュック

こちらは誕生日から3週間後のクリスマスをプレゼントしたものですが、すぐに背負うものだと理解し、部屋の中で背負っては走り回っています。

ちょうどオムツ替えシートが入る大きさで、オムツ替えシート、タオル、お茶の息子に必要なものを入れています。

まだ自分の好きなものを入れるというところまでは気づいておらず、もっぱら親が入れているところです。

部屋の中で背負いたがる割に、いざ外に出ようとすると降ろしたがることも多く、結局わたしが持つことになることも多いのです。

あと肩紐の作りがシンプルなので、肩紐がよく落ちてきてしまいます。肩紐同士を留めるバックルがあるものを買えば良かったかな、という気もします。

というわけで、2歳と3週間でプレゼントしたリュックもそれなりに使えています。が、多少不便なところもあります。

我が家的2歳の誕生日とクリスマスプレゼントの使い分けのオススメ

息子は誕生日とクリスマスが同時期になってしまいますが、多くの2歳児は時期が離れているはずです。

我が家の実体験からオススメする上記商品のプレゼント適齢期は、

  • ストライダー:2歳なりたてには早い
  • ことばずかんDX:1歳後半からでもイケる
  • キッズ用リュック:2歳なりたてでもイケる。ただ冬は厚着だからリュックを背負いにくい。

こんな感じです。

ストライダーはまだ息子には早かったですが、いずれ乗り倒してくれると思うので特に焦ったり後悔したりはしていません。

でも誕生日が夏頃の子どもなら、誕生日プレゼントよりももう少し色々成長したクリスマス頃にプレゼントしたほうがいいかもしれません。

おわりに

12月生まれって、誕生日プレゼント、クリスマスプレゼント、お年玉って立て続けに親のお金が飛んでいってしまうことを今更に気づきました。

どうしても月に2回もそういう機会があるというので、1回のプレゼント額をケチってしまいそうで、子どもにも損が多い生まれ月かもしれません。

そう思っていたら、あき(id:akisan)さんが「誕生日には体験を、クリスマスにはプレゼントを」と仰っていて、早速我が家でも来年から採用しようかなと思ったり。

関連記事(外部)

3歳娘へのクリスマスプレゼント。物を増やしたくない母からは消え物にしました。 - 気の向くままに~703の雑記帳

誕生日とクリスマスで贈る種類を変えるっていいアイデアです。

関連記事

オススメ記事