読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

幼児と仲良くなるにはその子なりの儀式がある

知っ得-育児法 1歳児 1歳児-1歳後半 知っ得
スポンサーリンク

我が家のやんちゃ男児、1歳11ヶ月。

普段は傍若無人の極みみたいな行動ばかりしていますが、知らない人から話しかけられると途端にママやパパの後ろに隠れる人見知りボーイでもあります。

子育て広場や街中で人見知りを発揮する分にはあまり困ることはなく、逆に大人しくなってくれてラッキーなんですが、人見知りされると困る場面もあります。

人見知りされると困るのが、パパママの友達を家に招いたときや、おじいちゃん・おばあちゃんが上京してくれたとき。

これらのときは、理想を言えば懐いて欲しいし、そうでなくても普段通りのテンションでいて欲しいものです。

でもそういうときに限って怖がって近づかなかったり、終いには泣き出すこともあります。どうやら不自然に馴れ馴れしいと怖いようです。

Open the key to your heart

九州から来た祖母に人見知り

先日、九州から私の母、息子からすればおばあちゃんが泊まりにきました。

昨年会った以来なので約1年ぶりの再会です。当然昨年会ったことは覚えていないでしょうが、週に1回くらいのペースでテレビ電話はしていました。

多少は人見知りすると覚悟はしていましたが、玄関で会った瞬間にまさかの大号泣。その後も部屋の隅っこで背中を向けて、こちらを向こうとしません。

いや、これは困った。三泊する予定なのにどうしよう…。

とりあえず散歩に出かけてみた

どうしようもないので、とりあえず息子とパパとおばあちゃんの3人で散歩に出かけました。

我が家は息子でも歩いていける距離に走る電車が見えるスポットがあります。

f:id:Pikky:20161111233010j:image

その日は天気がイマイチ良くなかったので、息子を抱っこ紐で抱えてのんびり散歩していました。

息子はというと、電車スポットに行くまではほとんどおばあちゃんの方を向くことなく、むしろ顔を背けていました。

ところが、電車スポットにつき、電車が通るのを一緒に見た途端、息子の心がほぐれてきました。

私の母は結構な不思議系おばあちゃんで、幼児と気の合う性格をしています。なので、通り過ぎる電車を見たときも、なかなか良いリアクションをしたのですが、これが息子には嬉しかった模様。

帰り道ではおばあちゃんのほうをチラチラ見て、家に着くなりハイテンションでおばあちゃんと遊び出しました。

玄関先で号泣してから1時間も経ってないのに…。

友達、同志になった

「ぼくの敬愛してやまない電車をあんなに楽しそうに見てくれた…」「このおばあちゃんは悪い人じゃない…むしろ仲間だ!」と息子の脳内で判断されたのでしょう。

散歩から帰ってきてからの懐きようはパパママが引くレベルでした。仲の良い友達、あるいは電車を愛する同志として見るようになっていました。

幼児と仲良くなるにはその子なりの儀式がある

うちの息子の場合は「電車を一緒に見る」でした。

他の子だと「一緒におままごとをする」とか「一緒に追いかけっこをする」とかでしょうか。

その子なりの「友達になるための儀式」があって、それを通過すればすっかり心を開いてくれます。

子育て広場に行くと、たまにやたらと幼児が仲良く接してくれることがあるのですが、きっと知らず知らずのうちに私がその子の琴線に触れる行動をしていたのでしょう。

息子の仲良くなる儀式が今まで分からなかったのですが、今回の件でこれからの対策が立てやすくなりました。

電車を一緒に見る、というのは結構ハードルが高いですが、駅集合にしてひとしきり電車を見る、というような手が使えそうです。

おわりに

もうすぐ2歳になる息子ですが、まだまだその生態は未知な部分が多いです。

子どもが人見知りでおじいちゃんおばあちゃんに懐かないとお困りの方がいたら、一度その子の儀式を探ってみてはいかがでしょうか。

驚くくらいすぐに懐くかもしれませんよ。

余談

余談ですが、うちの息子は外出先や家にお客さんが来たときは、絶対にう○ちをしません。きっと気を張ってるのかな、と思います。外出先でう○ちをしないのは、親からするととても楽です。

で、家にお客さんが来たときもう○ちをしないのですが、逆に心を開いているときはちゃんとう○ちをします。

今回のおばあちゃんの件では、来た翌日の昼にう○ちをしました。なので、丸一日で完全に心を開いたということになります。

もし、小さな子がいる家庭に遊びにいって、その子がう○ちをしたら、"汚い"なんて思わず、"心を開いてくれてる"と喜びましょう。

1歳児の扱い方について

オススメ記事