読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

1歳児にとって最も過酷な傷病は口内炎かもしれない

1歳児 1歳児-1歳後半
スポンサードリンク

totoro teeth

息子(1歳9ヶ月)が手足口病にかかってしまいました(たぶん)。

多分というのは病院でそう診断されたわけではないからなんですが、おかげさまで症状も軽く、熱も38度を超えたのは一晩だけで、結構元気に過ごしています。

たった一つ、口内環境を除けば。

口の中に無数に口内炎ができる

手足口病といえば、手足や口の中に水疱ができるっていうのが特徴です。

息子も、口を覗いてみると見えただけで下唇に5個、舌に大きなものが1個ありました。多分見えないところにももっとあるはずです。

舌に見える大きなものと、下唇にある大きなものは本当に見てるだけで痛そう。

大きなやつはどちらかというと手足口病じゃなくて、口を切ってできるような口内炎のような痛そうなやつでした。

口を切るようなやんちゃには心当たりがあるので、これは手足口病のものではないかもしれません。

あれは大人でも1週間くらいまともに口にモノを入れれないレベルです。さすがに写真は撮っていませんが…。

ご飯が口を通らない

この大小無数の口内炎のおかげで、固形物が喉を通らないどころか、口の中にすら入れてもらえません。

一番酷かった日は、固形物どころかお茶・水も受け付けませんでした。

いくら最近少しずつ涼しくなっているとはいえ、水分が摂れないのは心配です。

でも、気持ちはよく分かる。

食べ物を口に入れると発狂する

これは結構辛いです。

体調が悪くないのが凶と出ました。なんたって発狂のレベルが違う。家の中が震えるくらい発狂します。うちのマンションの耐震性能が良くてよかった。

体調が悪くてグッタリでもしてくれればトーンももう少し弱くなるだろうに。それはそれで心配なんだけど。

舌にできていた口内炎が特に痛そうだったので、それと反対側で噛むように促しますが、自由人の1歳児にはなかなか伝わらず…。

今度は一口一口を小さめにして、患部にできるだけ触れないようにしますが、そんな大人の気遣いも虚しく、1歳児は自らたくさん口に入れて自滅していきます。

もうほんとこのときほど1歳児のアホさ加減を恨んだことはありません。

とにかく、刺激の少なそうなゼリーやうどんをちょっとずつ与えています。

食事時のストレスが半端ない

食べ物を口に入れると発狂するので、食事の時間はもはや虐待のようです。

こっちとしてもできるだけ食べてもらわないといけない使命があり、息子もお腹は減っていて食べたい気持ちは大いにある。

でも食べ物を口に入れるたびに発狂するんです。なんでなんだっ!という怒る目で見るんです。

お互い食事へのストレスが半端ありませんでした。そして、食事は1日3回あるんです。おやつも入れたら1日5回あるんです。

1日のストレス総量が平常時の10倍くらになりました。

夜泣きにもなる

お腹が空くのか、寝返りで痛むのか、昼間の発狂の残像なのか、ここ数日夜泣きに近いものが復活してしまいました。

そして、さらに残念なことに朝5時前に起きてしまうように。5時前に起きて、ゼリーをあげて、ちょっと機嫌を落ち着かせ、6時に散歩で寝かしつけ…。

そして起きて、また口に何かを入れるたびに発狂。

こっちが発狂したくなる。

日中もご機嫌ナナメ

お腹も満たされないし、口も痛むしで、基本的な機嫌がナナメになっています。ほんのちょっとしたことでムスッとなります。何もなくてもムスッとなります(きっと口が痛いんでしょう)。

この一週間、東京はずっと天気が悪いので外に散歩に行くこともままならず、トーマスさんとアンパンマン様にフル稼働で活躍してもらっています。

なかなか治らない

口内炎は1日2日で治るものじゃありません。下手すると10日くらいずっと痛いですよね。

え、この悪夢いつまで続くの?

おわりに

息子の口内炎地獄。現在進行形です。

ピークは過ぎ去ったと思われ、今はお菓子なら食べる状況です。

かっぱえびせんを食べれたら、ご飯も食べれそうなものですが、ご飯は断固拒否です。

ご飯は水分が多いからしみるんだと好意的に解釈してあげています。

息子が再びお腹いっぱい・思う存分食べれる日が来ることを願っています、切実に。

 

◆関連記事◆

◆おすすめ記事◆