読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

街で出会う子どもの可愛さを信じるなかれ

1歳児 1歳児-1歳後半 雑記・社会派
スポンサードリンク

Dancing Girl - Kid

先日、マンションの駐輪場で自転車を出そうとしていたら、駐輪場入口のエレベーターから元気な声で「こんにちは」と声をかけられました。

見ると2歳くらいの可愛らしい女の子がママといて、挨拶をしてくれたのです。

こちらも笑顔で「こんにちは」と返し、自分のチャリを出す作業にまた戻ったのですが、しばらくその女の子がエレベーターの前から離れません。

その間、その子のママは自分の自転車を出していて「早くこっちに来て」と女の子に声をかけていました。しかし、それでもその子はそれでもその場から動かずにじーっとしていました。

どうしたのだろうと思いながら、チャリに乗り駐輪場から出ようとすると、元気な声で「ばいばい」と言われました。

可愛いなぁと思いながら、こっちもバイバイと手を振ってその子の前を通り過ぎると、デヘヘと笑い、私が行ったのを確認してテテテテテっとママのところへと行ったのです。

一言、

 

 か わ い い 

 

という感想しか出てこなかったです。思わずギュッと抱っこしたい衝動に駆られました(ちゃんと堪えました)。

うちの息子にも・・・と思ったけど

うちのやんちゃ息子(1歳児)にもあんな可愛さがあったらなぁと一瞬思ったのですが、よくよく考えると息子も案外可愛いことに気づきました。

道を歩いていると、なかなかの頻度で「カワイイ」と黄色い声が飛びます。

全然知らない通行人の後を追いかけて笑いかけたり、全然知らない通行人に必死に話しかけたり、迷惑なときも沢山ありますが、でも自分がその他人だったら「カワイイなぁ」と思います。

ああいう姿を見たら、小さい子どもってなんて天使なんだ、と思うでしょう。もっと端的に子ども欲しいなぁ、と思うかもしれません。

でも本当の姿は

道端で見せる天使の表情は演技でもなんでもなく、紛れもない100%素直な息子の姿です。それは間違いない。

でも、それは息子が見せる態度のごくごく一部分です。

家に帰れば、愛想を振りまく時間の1000倍くらい何かしら駄々をこねています。正直可愛くない瞬間やイラっとする瞬間もあります。

朝起きてご飯を食べたかと思うと、すぐに「暇だから散歩に連れて行け」と相当なボリュームで駄々をこねます。こちらがまだパジャマであるとか、仕事に行かなければならないなんて事情は全く考慮してくれません。

パパやママがだらんと横になったら、間髪入れずに「何くつろいでんだ、遊べ」と駄々をこねます。自分はいっぱい昼寝するくせに。息子が起きている間は、ゆっくり休憩することもままなりません。

ママが家事をするために、トーマスのテレビで時間稼ぎをしようにも、一緒に見ないとすぐに怒り出します。

着替えでもさせようとパジャマを脱がそうとすると、烈火のごとく嫌がります。すっぽんぽんのパオーンがテローンには抵抗ないくせに、服を脱がされるのには異様に拒否反応を示します。

こっそりアイスを食べているのがバレようものなら、ものすごい剣幕で「俺にもよこせ」と要求してきます。あげたらあげたで一口食べて「もういい、俺好みのデザートを用意せい」となるんですが。

これらはうちの息子に限った話でなく、世界中の小さい子ども達みんな似たり寄ったりのはずです。駐輪場で愛想振りまいてくれたあの女の子も、家に帰れば聞かん坊でママやパパをキリキリ舞いさせているんです、きっと。

本当の姿を街中でさらけ出すときもある

うちの息子はそんな本当の姿を公衆の面前でさらけ出してしまうときがあります。

あるときはスーパーで駄々をこねて大泣きしてレジのおばちゃんに思い切り苦笑されることもあれば、

あるときは子育て広場の職員3人がかりで取り押さえられて強制撤収を余儀なくされたこともあります。

平均回数で言えば1日1回くらいは道ゆく人達に苦笑されているはずです。でも、黄色い声も1日1回くらいは聞きます。

結局何が言いたいかというと、街中でキャーキャー可愛いって言われる息子であっても実際は可愛くない瞬間もあるし、逆に道行く人を引かせてしまっている息子でもその数分後には道行く人をフォーリンラブさせているのです。

つまりは、街中で駄々をこねる小さい子どもがいても「きっと別の瞬間では天使のような表情を見せているんだろうな」というお心遣いをしていただければ、ということです。

おわりに

街で見かける天使のような子ども達。街で見かける小悪魔のような子ども達。

天使と悪魔が別々にいるんじゃなくて、同じ子どもが気分によって表情を変えているんです。

成長し感情に起伏が出てきたからこそ、街中で愛想を振りまけるんです。街中でとびっきりの笑顔を見せてくれる子ほど、家でのデビルっぷりはえげつなかったりします。

道でとびっきりの笑顔に出会ったあなた。

その笑顔は家でパパとママが必死に追いかけた賜物です、きっと。

道でとびっきりのヤダヤダで出くわしたあなた。

この子は5分後にとびっきりの笑顔で街じゅうに愛想を振りまいて帳尻を合わせるんだ、と思って通り過ぎてください。

 

◆関連記事◆

◆オススメ記事◆