読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

結婚式でも1歳児を大人しくしてくれるおもちゃ -実際に参加した我が家のオススメ

スポンサーリンク
 

この間、友人の結婚式に妻&息子の3人で行ってきました。

これまで何回も結婚式に出席してきましたが、子連れで結婚式に出席するのは初めてでした。

そして初めて子連れで行ってみての感想…。

1歳児に結婚式は厳しい

正直な感想です。

今回は旧知の仲の友人で、息子のことも知っており、家族全員で是非、ということで息子も参加しましたが、やはり厳しかったです。

新郎新婦にとって結婚式は一生に一度の晴れ舞台。それを息子が邪魔するようなことがあってはなりません。

細心の注意を払って、可能な限り息子が悪い意味で目立つことがないようにしましたが、多少は騒いでしまったな…と反省しています。

今回はそんな反省を形にしておくべく、1歳児にとって結婚式が難しいポイントを示しつつ、経験者がオススメする1歳児が大人しくなるグッズを紹介します。

f:id:Pikky:20160807230917j:image

おもちゃが効かない

我々も丸腰で臨んだわけではありません。

この結婚式用に新たな絵本を2冊、新たな車のおもちゃを2台用意しました。また、新郎新婦から絵本のプレゼントもありました(これは嬉しかった)。

でも、これらのおもちゃはほぼ効かなかったです。

おもちゃの目新しさよりも、初めての場所、大勢の知らない人、静かにしなくちゃいけない雰囲気、息子に集中しきれないパパママ、の不安が大きかったようです。動画や音の出るおもちゃを使えなかったことも痛手でした。

披露宴では祝辞や挨拶などで乾杯までざっと30分は、息を潜めていなければいけません。大人でもアレを待ちきるのは至難の技なのに、意味も分からず数十分黙っているなんて1歳児にはもう無理です。最初から新郎新婦の登場は諦めて、外で機嫌を取るという作戦が良かったかもしれません。

また、大人だと話が面白ければ何とか乗り越えられますが、1歳児には念仏にしか聞こえていないはずで、話し手の上手さが関係ないのがツラいところです。

1歳児が一番危険

今回の結婚式は、子連れの多い結婚式でした。まだあんよの出来ない0歳児、1歳児(息子)、3歳児くらいの子、それ以上の子がいましたが、1歳児が一番の危険幼児でした。

0歳児は抱っこされていればある程度大人しくしてくれるし、よく寝てくれます。

3歳くらいになれば「今は静かにしないといけない」という場の空気をある程度読むことができていました。長い時間の沈黙は厳しそうでしたが。

そういうわけで1歳児(息子)が、一番やんちゃで空気も読めず、思うがままに叫んでいました(苦笑)。

効果があったのはやっぱりYouTube

おもちゃも絵本も効かないとなれば、残すはもう動画に頼るしかありませんでした。トーマスと電車がひたすら走行するYoutubeをエンドレスリピートする作戦に出ました。

さすがに動画になれば息子も集中して見てくれ、私達に貴重な料理を楽しむ時間を提供してくれました。

ただし、この手は歓談のときにしか使えないという欠点があります。一番静かにしてほしい祝辞のときは、会場が静かで暗いのでとても動画を見てもらう環境ではありませんでした。

 

今だったらこれを持っていく

結婚式・披露宴に持っているおもちゃとなると意外と制約が多くなります。

音の鳴るおもちゃは歓談の時間には使えますが、スピーチ中などには使えません。また、テンションが上がり過ぎて興奮させてしまってもダメです。興奮するというより集中してくれるオモチャです。さらに言えば、ただでさえ荷物が多くなりがちなので、オモチャのスペースは最小限に抑えたい。

そんな厳しい条件のもと、もし今1歳児と結婚式・披露宴に行くとしたらこれをぐずり対策として持っていきます。

1歳くらいの子たちが時間を忘れて集中し、音も鳴らずに結婚式の邪魔をしない、そんな夢のようなグッズといえばシールです。とりあえずシールを渡しておけば数十分は黙って遊んでくれます。

男児なら電車のシールを渡せばいつまでも見つめています。上記のシールはノーマルなものに加え、最後にキラキラシールもあるので2段階で釣ることができます。

同じように塗り絵という手も有効です。1歳半くらいだとちょうど何かを描くことに興味を持ち始めている時期なので、一度ハマるとしばらくはじっと遊んでくれます。

上記の塗り絵は水で描くタイプで周りを汚す心配がなく、お出かけに持っていくにはもってこいなものです。式場に水はたくさんあるのでこれはオススメですね。1歳児にペンを持たせると確実にはみ出ますが、はみ出ても水なので心置きなくはみ出てもらえまあす。

おわりに

息子が騒いでしまった結婚式ですが、新郎新婦は「全然気にならなかった」と言ってくれたし、実際にも言うほど邪魔はしていなかったのかもしれません。でもやっぱり連れて行くほうとしてはワキ汗ダラダラの数時間でした。

小さい子どもが結婚式にいると、何となく場の幸せ感が2割増し3割増しになる気がしますが、連れて行くならまだあんよの出来ないくらいの子か、少し大きくなって状況を理解できる子のほうがまだ親も楽しめます。

もし静かにしてもらうためのおもちゃを持っていくなら「好きなおもちゃ」ではなく「熱中するおもちゃ」を持って行ったほうがいいです。1歳児が熱中するときは周りが見えなくなるくらい熱中するので、シールや塗り絵で一心不乱にさせましょう。

オススメ記事