読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

桶谷式断乳にトライ…できなかった話【1歳半】

1歳児 1歳児-1歳前半
スポンサードリンク

Baby Milk

何度となくチャレンジをしようとしては、うまくいっていない断乳。

もう自分たちだけではどうにもならん、もうやめたい!と色々と限界を感じたため、桶谷式をやっている母乳育児相談室に行って、桶谷式断乳にチャレンジすることにしました。

桶谷式断乳の流れ

我が家の場合です。

  1. 約3週間前:相談室に相談。断乳の日を決める
  2. 〜1週間前:求めたら好きなだけOPPAIを飲ませる
  3. 1週間前:カレンダーに断乳の日を書き、言い聞かせを始める
  4. 前々日夜:息子、熱を出す
  5. 全日:熱引かず
  6. 当日:やむなく断念…
  7. 途方にくれる←今ココ

はい、桶谷式を以ってしても上手くいきませんでした。

体調不良が原因なので桶谷式がどうこうではないですが、中々上手くいきませんね。

せっかくなので桶谷式で断乳にチャレンジした3週間の顛末を振り返ります。

断乳を決断させた状況とは

GW明けあたりから息子のOPPAIへの圧力が増すとともにグズりが激しくなってきました。

ちょうどイヤイヤ期を疑いだしたのもこの時期です。つまり、イヤイヤ期を疑うくらいのグズりっぷりでした。

しかもイヤイヤ=パパじゃダメなので、すべての負担をママが背負うことに。

ママがちょっとトイレに行くだけで大泣き。パパはなだめることもままならず、立ちすくむだけってことも多かったです。

もう一つママの心を打ち砕いたのがOPPAIへの執着です。

ママと家にいると数十分おきに求めてきます。さらにしんどいのが1回あたりの授乳時間が平均で30分以上に及ぶことです。

もうもはや吸ってなくて咥えているだけのときも多くあるんですが、離すと怒るのでダラダラと延々と授乳させられている、という状況でした。

もちろん授乳している間は、ママは何もできません。OPPAIも痛くなるし、生気まで吸い取られているようで、これは限界だ…となりました。

桶谷式に相談だ(断乳3週間前)

息子の現状を見ると、自分たちだけで断乳できる気は全くしませんでした。

これは何かしらプロの助けがなければいつまでも断乳できないと判断し、意を決して桶谷式に相談に行ったのです。

それが5月の下旬くらいです。GW明けから約2週間ですね。

そこで「ママのことが大好き過ぎる以外は断乳しても大丈夫な状況」と判断され、6月中旬に断乳をすることとなりました。

好きなだけ飲ませるツラさ(〜断乳1週間前)

今までは出来るだけ飲ませないようにしたい大人と、いつまでも飲んでいたい1歳児、という構図で戦っていました。

桶谷式の断乳は1週間前からの言い聞かせで、それまでは逆に自由に飲ませてください、という指示だったので、好きなだけ飲ませました。

好きなだけって言ってもこれまでも結構好きなだけ吸ってたし…と思っていましたが、甘かったです。

ホントに四六時中飲む1歳児

これまで何とかOPPAIへの執着のベクトルをずらそうと努力していたこともあり、逆にしばらく好きに飲めたら満足や安心して、ひょっとしたら授乳量も減るかも、と勝手に期待していました。

ところが自由に吸っていいとなったら、これまで以上にちょっとしたことで吸いに来るようになってしまいました。

ホントに四六時中くらいの勢いで吸うので、ママの体力気力が削がれるし、家事は進まないし、で家が殺伐としてきてきました。ホントにハハのライフが0になっていました。

そこで助けを求める目でパパを見つめてくることも多いんですが、パパにはOPPAI以上に息子の興味を惹くモノがなく、立ちすくむだけの日々…

ホント断乳の日が待ち遠しかった…

言い聞かせ(断乳一週間前〜前日)

断乳一週間前からいよいよ言い聞かせです。手書きのカレンダーを準備し、毎日その日の欄にアンパンマンやトーマスを描いていきました。

息子は描かれたトーマスを見て「とっと※トーマスのこと」と言ったりしてましたが、断乳の日に対しては無反応でした。

でも反応しなかっただけで、確実に断乳については分かっていたと思います。そういう雰囲気がありました。

そして熱を出す(断乳前々日)

前々日となり1日1回の言い聞かせの回数を少し増やしました。そして、その晩39度の熱を出したのです。

そんなに断乳が嫌だったのか…。

ストレスやプレッシャーがあったのかな…。

結局無理はできないということで、断乳を断念することとなりました。

ちなみにその後病院にかかった際に聞いたところ「このくらいの子がストレスだけで39度の熱を出すことはない」と言われました。ま、偶然だったのでしょう。

途方にくれる

そして現在途方にくれる、というところです。

断乳の時期として梅雨や夏は適していないということで次回のトライはまだ未定ですが、状況は悪化の一途なので、少し様子を見て夏の断乳に踏み切るかも…。

とりあえず息子の体調回復待ちです。

おわりに

結果的にはタイミング悪く体調が悪くなり断念せざるを得なかった断乳。桶谷式にトライしてみましたが、結果だけで言えばOPPAIへの執着が増しただけでした…。

ホント子育てって思い通りに進まないですね。