読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

1歳半男児の散歩の常識30コ

1歳児 1歳児-1歳前半 お出かけ まとめ
スポンサードリンク

Like mother, like son

今、趣味はなんですかと聞かれたら「息子との散歩です」と答えるであろう私です。

休日の夕方、涼しくなると息子とともに散歩に出ます。時間にすると大体30分弱。

近所をウロつくだけですが、息子も結構楽しそうにしているのでパパもその姿を見て楽しくなってきます。

今日はそんな1歳半男児の自由気ままな散歩の常識をお伝えします。

1歳半の散歩の常識30コ

散歩したくなったら靴を手に持ちアピールする

まずはここからです。

普段は全く言うことを聞いてくれない息子ですが、このときだけは玄関におとなしく座り、ゴネることなく靴を履かせてくれます。

なお、こちらの準備が遅いと大人の靴まで持ってきてくれます。ありがた迷惑…。

道路は目いっぱい使う

散歩中息子は道路を目いっぱい使って歩きます。なんなら歩道という概念もないので、車道を含めて幅いっぱい使おうとします。

10メートル進んで11メートル戻る

たまにまっすぐ進むことがあるんですが、まっすぐ進んでもその後まっすぐ戻っていきます。

これが一番パパをorzな気持ちにさせます。

基本は走ってるか止まってるか

歩くという単語は息子の辞書にはありません。こっちも軽く小走りが必要なくらいのスピードで走ります。

で走ってたかと思うと急ブレーキし、方向転換して来た道を走りながら戻っていきます。

前しか見えない

すぐそばに人や障害物があってもお前が退けと言わんばかりに進んでいきます。あれは多分正面しか見えていません。

前も見ていない

目の前のガードレールにぶつかることも多いです。

石があったらとりあえず拾う

とりあえず拾います。複数あったら品定めをします。

たまにお気に入りの石を見つけると、「まーーぁっ」と顔をうっとりさせます。

からの舐めるまでが一連の動作

拾った石はとりあえず舐めます。間違いなくめっちゃ汚いんでホントやめて欲しいんですが、言っても聞かないので諦めました。免疫がつくと自分を納得させています。

しばらく拾った石を持ち続けるが、ふいに地面に置く

どんな石でもしばらくは持ち続けます。このとき取ろうとしたらめっちゃ怒ります。

ただ、しばらくするとふいに地面に大事そうに置いて立ち去ります。

もう興味なくなったかと思いきや、また拾いに行く

立ち去って5メートルくらい進んだかなというところで急に思い出して拾いに行きます。これを何回か繰り返します。

そろそろやめて欲しいときには、石を置いて目を離したタイミングで、その石をパパが蹴飛ばします。

息子は最初「あれっ」て顔をしてキョロキョロしますが、程なく諦めて違うところに行きます。

枝があったらとりあえず拾う

とりあえず拾ってしばらく持ってます。でも石のほうが好きみたいです。

排水溝は覗き込む

覗き込みます。手元に石があれば落とします。その度に「その石大事にしてたんちゃうんかーい」と心の中で突っ込んでいます。

マンホールにはしゃがみ込む

なぜかしゃがみこんでしばらく物色しています。

チェーンはブランブランさせる

駐車場とかお店の入り口にあるチェーンはブランブランさせます。

犬を見かけたらワンワンと指差す

かわいいですね。

結構大きな声で指差して言うので、ママはその犬の飼い主に聞こえるように「カワイイわんちゃんいるね」と言ってフォロー?するらしいです。

鳩を見かけたら、「あっ」と言って追いかける

鳩には追いつけると思っているらしい。スズメは見てるだけ。

バスが通ると、「あっ」と言って指差す

忙しいやつめ。

水溜まりがあったらそれしか見えなくなる

雨の日でもない水溜まりは、犬のオシッコとか絶対汚いものなので絶対に触らせないんですが、このときは息子も必死に抵抗します。多分周りからは異様な光景に見えてるはず。

ちょくちょく奇声をあげて道行く人の注目を集める

こっちが恥ずかしくなるからやめて欲しい気もする。でももう諦めている。

その割に話しかけられると人見知りでモジモジする

最近また人見知りがひどくなってきました。パパの足にギュッと抱きついてきます。カワイイので許します。

すれ違う自転車からは明らかに警戒されている

道路を目いっぱい使う歩行者は迷惑極まりないですよね。

一応、自転車が通るときには息子を端に寄せてガードしています。

階段を見かけると登らずにはいられない

マンションの外階段とか。

登ったら下りずにはいられない

なんで登ったんだろうという疑問ばかりが残ります。

自動扉が開くと入らずにはいられない

スーパーとかお店とか。

走って入っていく割に場所見知りして、すぐ後ずさりします。

店員さんが微笑ましくニコニコしてくれるのが救いです。

ボタンは押さずにはいられない

手に届くボタンは全部押します。

うちのマンションのエレベーターは下の方に非常ボタンがあるので困っています。

気が向いたら手をつないでくれる

たまに手をつないでくれるようになりました。自分から手を差し出すこともたまにあります。

面白いものを見つけるとすぐ離しますが。

散歩に目的はない

ほんと歩き散らかすという言葉がぴったりです。

共同玄関過ぎてから一悶着

やっと家に帰るかな、と思いきやそこからまた外に走り出そうとする。

家に帰って手を洗うと水が黒い

家に帰ったら当然手を洗うんですが、その水がなぜか黒ずんでいます。どんだけ汚いんだ。

ただの散歩なのに汗だくになっている

この季節、いくら夕暮れ時が涼しくてもずっと走り回ってれば汗だくにもなります。

ひとっ風呂浴びてきたかと勘違いするくらい髪の毛が濡れていて驚きます。

おわりに

1歳半、こんなに自由人だとは想像していなかったです。

そういえばこの前ママが児童館で声をかけられたそうです。「この前、道路走ってませんでしたか?」って。顔から火が出そうになったそうです。

ご近所の皆さん、生温い目で見てやってください。

◆おすすめ記事◆