読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

ママの最強の神器・電動自転車を導入しました

オススメ・レビュー
スポンサードリンク

http://www.flickr.com/photos/38891071@N00/5885283490

photo by FaceMePLS

息子も1歳5か月を過ぎ、すくすくと育っております。

生まれたときには3000gに満たなかったその小さな体も、たったの1年で10kgぐらいまでになりました。

さすがにこの重さになると自転車での移動がツラくなります。東京って坂が多くないですか?

そういったわけで、ついに我が家も電動アシスト自転車を導入しようという話になりました。

子ども乗せ電動自転車とは

知らなかったのですが、電動自転車と子ども乗せ電動自転車は違うんですね。

より正確には、電動自転車のうち子どもを乗せるのに適合したものを子ども乗せ電動自転車として認定しているようです。

子ども乗せ電動自転車とは、6歳以下の子どもを2人まで乗せることができる自転車のこと。普通の電動自転車は1人までです。子ども乗せ電動自転車には「幼児2人同乗基準適合車BAAマーク」がついています。

どれがいい?子供乗せ電動自転車の賢い選び方とおすすめ車種|cuta [キュータ]

子ども乗せ電動自転車は、各パーツの強度が大きく、転倒防止のためのハンドルロックや幅の広いスタンドがついているのが、普通の電動自転車とは違います。

子どもが1人の場合だと「子ども乗せ」じゃなくても違反ではないですが、やっぱり安心を買うという意味で我が家は子ども乗せ電動自転車から選びました。

四天王

どうやら子ども乗せ自転車は、

  • シェアNo.1のパナのギュットミニ
  • 安心の大手メーカー・ブリジストンANGELINOとヤマハPAS Babby
  • セレブに別格の人気のHYDEE

の四天王でほぼほぼシェアが占められており、この中から選ぶことになるみたいです。

並べるだけではあまり違いは分かりませんね。

ちなみにヤマハとブリジストンは共同開発なので、ヤマハのPAS Babbyとブリジストンのアンジェリーノは、名前が違えど中身は同じものになります。

また、ブリジストンのHYDEE II はVERYとのコラボ商品で、他の自転車よりも値段も見た目もスタイリッシュです。

セレブ界では断トツの人気らしく、文京区ですれ違う電動自転車の3台に2台がこのHYDEEな気がします(※個人の感覚です)。

我が家は…

近くのチャリ屋さんを二軒ハシゴした結果、パナのギュットミニとブリジストンのアンジェリーノをそれぞれ勧められました。

1軒目はギュットミニがたくさんあったし、2軒目はアンジェリーノがたくさんあったので、そういうことなんだと思います。

結果的に、我が家はアンジェリーノにしました。カゴがギュットミニよりも力が入っていたことが決め手です。

実際にカゴに息子を入れてみて、息子へのフィット感が良かったです。

その他乗ってみての違いとか、バッテリーの性能とかにはあまり差はなかったように思います。

ギュットミニの2016年モデルはバッテリーの性能が3割増しになったようですが、カタログスペック的にはヤマハ・ブリジストンと差はありませんでした。

実際に乗ってみて

ママに貸してもらい、息子を前に乗せて運転してみました。初めての電動自転車です。

感覚的には後ろからグーーッて押してもらってる感じなんですね。不自然に加速する感じで、確かにラクですが、慣れるまではちょっと怖いかも。

あと、車体が重いので、後輪を持って自転車の方向を変えるのは難しいです。

普通の自転車を使ってると、駐輪場から出すときなど、後輪の荷台を持って自転車の向きを変えることが結構あったんですが、それができないので、狭い通路に自転車を出すときとかに神経を使いそうです。

おわりに

東京に住んでまっさきに思ったこと。坂道が多い…。

そんな東京で子育てするには、電動自転車は必須です。

ワーキングマザー3種の神器と言えば、食洗機・洗濯乾燥機・ルンバですが、坂の多い東京での子育てにおいては、電動アシスト自転車は3種の神器を超える"家電"です。

新たな神器を手に入れた我が家。

さっそく息子は特等席の前カゴに乗り、右へ左へ私達を指示してくれます。

方向違うけどね、息子。