読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

大都会東京で子育てをしてみて

1歳児 1歳児-1歳前半
スポンサードリンク

九州のド田舎が出身の私は、見渡せば大自然の環境で育ってきました。

http://www.flickr.com/photos/29096601@N00/6184117566

photo by bionicteaching

そんな私が今や、大都会東京のど真ん中で育児まっただ中。

都会での子育ての常識は何も知りません。

今回、初めてがいっぱいの東京での子育て・都心での子育ての実際についてお伝えします。なお、現在文京区に住んでいます。

都心に住むメリットがデメリットに

都心に住むメリットって、職住近接で働きやすい、共働きもしやすいっていうのが大きいと思うんですが、子どもが生まれると途端にそれを許してくれない環境に変貌します。

そう保育園に入れません。

区にもよりますが、激戦じゃない区のほうが少ないです。0歳児の認可に入れただけで運が良かったね扱いをされます。あるいは高い保育料を払って認可外に通わせる必要があります。

働きやすい場所にあるのに、働きにくい環境であるというのは、何ともジレンマです。

http://www.flickr.com/photos/33888437@N06/3992752224

photo by pjan vandaele

年齢層が高めでセレブ

ママ(20代)が児童館に行くと、周りにいる親御さんは大体が世代が違うようです。児童館にいるママは30代がメインです。

住んでいるマンションは3LDKのファミリー向け住戸がメインなんですが、今どき70m2以上あれば安くても8000万は下らず、購入層も30代後半から40代が多くなります。

なので、生活をしていて同世代のパパ・ママに会うことは少ないです。

 

また、年齢層が高めってことで、金銭的に余裕のある家が多いです。それが育児グッズに現れます。

最近我が家では電動アシスト自転車の購入を検討しています。参考までにスーパーとかで駐輪されている電動アシスト自転車を見ることが日課になっているんですが、7割くらいHYDEEという見た目も値段もスタイリッシュな電動アシスト自転車です。

そのほか抱っこ紐やベビーカー、マザーズバッグなど、ふと見てみるとハイエンドなブランド物であることが多い。

みんな使うからこそ見栄を張りたい…じゃなくて良い物・おしゃれな物を使いたいと思う人が多いみたいです。

やっぱり都心はセレブです。

便利だけど気を使う

都心に住むメリットは何と言っても利便性。

文京区だと地下鉄やバスに10分も揺られれば、池袋も上野も東京駅にも行けちゃいます。20分あれば新宿・渋谷にだって行けます。

行けちゃうんですが、時間を見誤るとギュウギュウ満員電車の恐れがあるし、そうでなくてもベビーカーを持って行くのは気を使います。

混んでる時間帯を避けても人はたくさん乗っているので、騒がないように泣かないように細心の注意を払います。

街を散歩していても、人通りも車通りも多いので常に気を配っていないと心配です。

都会の道路はみんなまっすぐ歩きます(当たり前か)。そんな中、空気を読まないちびっ子だけが道路の幅を目一杯使ってフラフラします。リードが欲しくなる瞬間も多いです。

マンション住まいも一苦労

色んな人が住むマンション。生活スタイルも人それぞれでです。

息子は夜8時に就寝するんですが、その時間に犬の散歩に行く住民の方がおり、その鳴き声にいつもヒヤヒヤしています。

逆に10kgに満たない体のどこからそんなパワーが生まれてくるんだというくらいドッタドッタ足音を立てて走り回る息子。幸い1階に住んでおり階下に迷惑をかけることはありませんが、お隣さんのところまで響いていないか内心ヒヤヒヤです。

周りに住む人たちが同じような子育て世代が多ければ、お互い様で済むかもしれませんが、小さな小さな子どもを抱える我が家はマンション内では少数派。やはり気を使います。

おわりに

都心はやっぱり大人に最適化された街

シングルだった頃・夫婦だけだった頃は気づきませんでしたが、子どもが生まれてから、都会は大人向けに作られた街だな、というのをヒシヒシと感じます。

大きな公園もキレイな公園も近くにはないし、芝生も草っ原も見当たらない。安心して遊ばせることのできる場所が少ないです。

ベビーグッズももっぱらAmazon・楽天。食材も宅配を利用しています。なんでもありそうなのが都会ですが、育児に関しては意外と不便だということが今更ながら分かりました。

でも、都心に住むことを決めたのは私達自身。置かれた環境を嘆いてもしょうがありません。

自転車通勤ができているのも都心に住んでいるおかげ。友達が会いに来やすいのも利便性が高いおかげ。

都心の不便は工夫でカバーして、日々楽しく幸せに暮らしていきたいです。