読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

育児の日常を知りたいあなたにオススメしたいブログ

知っ得 ブログ論
スポンサードリンク

自分が育児のブログを書き始めて、他のブロガーの育児ブログを読むようになりました。笑い話あり、共感できる話あり、懐かしい話あり、と毎日楽しく読ませてもらっています。

ところで、育児って誰も教えてくれないし、全部初めての経験なのに、最初からプロのようにやれと言われる理不尽な業務です。

また子育ては実際やってみないとその大変さが分かりません。私も息子が生まれるまでは、ここまで子育てが大変で、毎日が戦場だとは知りませんでした。いや聞いてはいたんですが、想像以上でした。

そこで、今回は今後もきっと学校では教えてくれないであろう育児の日常について、こんなに大変で、アクシデントばかりで、楽しいんだというのが伝わる育児ブログを紹介したいと思います。育児に必要な知識というよりは、育児の大変さ・楽しさが伝わるやつです。

(1)リンゴ日和。

まずはひーたむ(id:hitamu)さんの大人気ブログ、リンゴ日和から。5歳と2歳の女の子とその家族のほんわか話がてんこ盛りです。

姉妹の可愛さ、パパのお茶目さ、ママの可愛さ、どれも最高です。このブログを見たらもれなく女の子が欲しくなります。

時折ある切ない系の記事にも涙が止まりません。オススメ記事はリンゴ日和を大人気ブログに押し上げたこの記事。思わずキュンとなります。

(2)やめて!ハハのライフはもうゼロよ!

そして、今人気沸騰中のイメトモ(id:hahalife0) さんのブログ。毎回ハハのライフをゼロにしてしまう息子たちのおもしろ行動に笑いが止まりません。

リンゴ日和の後に見ると、同じような構成(5歳・2歳の姉妹と5歳・3歳の兄弟)なのに兄弟と姉妹でこんなにも違うのか・・・とダンスィの破天荒さに笑いが3倍増しとなります(失礼)。

オススメ記事は壮大な言い間違いのこの話。ひとしきり笑った後に4コマ漫画としてのクオリティの高さに驚嘆します。

(3)ばなな日和

続いては、ばななつま(id:bananatuma)さんのばなな日和。

とにかくこたろーくん(1歳)が可愛い。上記の2つはちょっと大きくなった子ども達の日常ですが、ばなな日和では1歳児の日常がよく分かります。

同じ1歳児男子を育てている身として、あるある〜と思うネタもしばしば。この記事なんか全く同じ現象を息子もやっていて思わずニヤニヤしてしまいました。

こたろーくんを知れば1歳児の日常を知ることができます。

1歳と3歳では日常が全然違います。1歳児は言葉が通じません。そのくせ好奇心だけは旺盛なので、しつけのできていない犬を飼ってるんじゃないかと錯覚する瞬間が1日に20回以上あります。でもだからこそ可愛さもハンパありません。

(4)絵描きパパの育児実験記ロクLABO

乳児の育児を現在進行形で頑張ってらっしゃるのが、ロクパパ(id:noahsartgallery)さん。

1歳児と0歳児では、これまた全然違います。1歳児は生物ですが、0歳児は天使です。しかも油断すると今にも消えてしまいそうな天使です。

このブログを見ていると、あーあったなーそんな頃・・・と涙腺が緩くなります。また、ママが相当破天荒?な方のようでその話にも笑ってしまいます(そっちがメイン?)。でも夫婦仲良しなんだなと伝わってきて、ほんわかした気持ちになります。

この記事は、新生児期の育児をしているママ・パパなら誰しもが共感する話だと思います。

(5)ゆきしめ成長記

そして、しめはは(id:planterplantan)さんのゆきしめ成長記は外せません。

妊娠期から時系列にしめちゃんが成長する様子が描かれていて、最近はちょっとした親戚のおじさんの気持ちになって見ています。意外とこういう時系列(しかも妊娠期から)の育児ブログは少ないです。

第2子がお生まれになるということで、ゆくゆくはリンゴ日和やハハライフ0のような話が出てくることを密かに期待しています。

オススメは出産のときのこの記事。帝王切開のときのママの不安な気持ちがよく伝わってくる記事なのに、最後は思わず笑ってしまいます。

(6)ちょっとガン再発闘病・姑と同居それでも手作りハッピーブログ

最後はきんさん(id:kinsankinsan)のブログ。

育児ブログではないんですが、孫を愛でるばばの気持ちがよく分かります。しかもそのお孫さんがしめちゃんということで、ゆきしめ日記を見た後に見るとより親近感が湧きます。

おわりに

紹介させていただいたブログを見れば0歳〜5歳までの男の子・女の子の日常を知ることができます。育児って笑いあり涙ありの楽しいお仕事なんです。

(3/27 21:25)一部リンクが誤っていたので、修正しましたスミマセン

>>85万円の英語教材の話

>>【備忘録】23区ベビーに優しいレストラン

>>息子の怖がる基準が謎すぎる - パパパッとパパ