読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

パパの育児ダイエット記録

1歳児 1歳児-1歳前半 知っ得
スポンサードリンク

パパになって1年、何が変わったって体重の変化が激しかったです。もともと太ってはおらず、どちらかというと痩せている方でしたが、息子が生まれてなぜかどんどん痩せてしまいました。

一方で、同年代の友人達のなかには「こいつ太ってきたな」と思うような人たちも増えています。そこで、今回は私がみごと成功した育児ダイエットを振り返ります。

体重の推移

正確に記録を取っているわけではないので、小数点は切り捨ててます。ちなみに身長は約170cmです。
  • 2013年春(結婚時):55kg
  • 2013年秋(結婚式):57kg
  • 2014年12月(息子誕生):59kg
  • 2015年5月:56kg
  • 2015年8月:54kg
  • 2015年11月:56kg
  • 2016年1月:54kg
3年前に結婚したときは55kgでしたが、いわゆる幸せ太りってやつで1年半後には+4kg太ってしまいました。それが息子が生まれて1年、紆余曲折ありましたが結果的に−5kgとなりました。

育児初期に痩せた要因(59kg→56kg)

…環境の変化ですかね。今まで「家に帰る=休む」でしたが、息子と一緒に暮らすようになってからはむしろ家にいる方が運動量が多かったと思います(普段運動しないっていうのもあります)。

この頃は抱っこで腕がパンパンになっていました。わずか3〜4kgの赤ちゃんですが、ものすごく慎重に力を込めて抱くのでものの10分で疲れます。抱っこ紐も使えないし。しかし、疲れたからって抱っこをやめるわけにもいかず、数十分抱っこし続けることもしばしばでした。結構な運動量かつ筋トレになっていました。

あとはご飯の優先順位の低下でしょうか。息子が生まれてから(特に必要もないのに)早食いになりました。普通早食いって太りますが、ママが満足にご飯食べれていない中、一人悠々とおかわりをするのもなんだかなーとパパもさっさとご飯を切り上げていたので、早食いの少食だったようです。
 

育児中期に痩せた要因・太った要因(56kg↔︎54kg)

時期でいうと2015年5月から11月ですが、この時期の体重変動は全て夜泣きと連動していたように思います。数時間おきに夜泣きをしていた頃は体重が減り、調子良く朝方までグッスリ寝てくれるときには体重が戻っていました。

睡眠不足で体重が減ったのもあるし、普通は寝ている夜中に息子を抱っこして部屋の中を数十分うろうろしているという運動も体重減少の要因だと思います。どっちにしろ不健康な痩せ方です。
 

最近痩せ出したのは

体調不良が主な原因な気がします。

12月に入って家族を襲った体調不良の嵐。独身の時なんか体調が悪いなら薬飲んでゆっくり休めばすぐ治ってましたが、今やそのゆっくり休むということができない環境になっています。パパはまだ薬が飲めるだけマシですね。

体調不良なのに、休めないっていうジレンマで2kg痩せました。あぁなんて不健康。
 

まとめ

結局健康的なダイエットだったのは、育児初期の食事量が減り、抱っこ抱っこで運動量が増えたときだけですね。それでも日頃運動をしないような人なら、子どもが生まれるだけで十分ダイエットになります。

これから先は、息子のやんちゃに付き合うエクササイズで運動を欠かさないことで、健康的に体型を維持したいです。