読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

パパの子育てブログは1歳を過ぎてからがヤマ

1歳児 1歳児-1歳前半 ブログ論
スポンサードリンク

息子が生まれてから1年以上たちますが、当ブログは何とか2日に1記事のペースで書き続けることができています。

そろそろ限界な気がしてきた

ご近所さんではやんちゃで有名な息子ですが、流石に1歳を過ぎて日々の生活も安定してきているので、2日に1回のペースで書けるほどハプニングが起きなくなってきました。そうです、ネタが尽きてきたのです。
〜ハーフバースデーくらいまでは毎日がイベント
だったような気がします。パパもママも毎日が新しい経験ばかりで、トラブルもハプニングも有名温泉地ばりに湧き出ていました。
息子も生まれたばかりの寝るか泣くかだけだった頃から、だんだん笑ってくれるようになり、寝返りをしてずり這いをして動きが出てくるようになり、大げさじゃなく毎日成長していました。身近に変化がたくさんあったので、ブログのネタも見つけやすかったように思います。
初節句も初旅行も初クリスマスも初誕生日も終わってしまった

1歳までは本当のイベントが目白押しで、一つ終わってもまた次のイベントが控えている状態でした。その集大成がファーストバースデーだったのかな。1歳を過ぎて目に見えてお祝い事がなくなりました。そんないつもお祝いしてたらたまったものじゃありませんね。

あと、あの頃は毎月誕生”日”が来るたびに〜ヶ月記念と言って騒いでいたのに、そういえば1歳1ヶ月の日も1歳2ヶ月の日も普通に過ごしていました・・・。1歳を過ぎて1ヶ月の重みがだいぶ減ってきて、気づけば1ヶ月が経ってしまった的な日常に戻りつつあります。

育児ネタからいつの間にか日々の生活のネタに

ファーストバースデーの前くらいからネタはもう尽きかけていたのですが、引っ越しネタ・マンションネタでどうにか食いつないでいました。なるほど、パパが書いてるブログっていつの間にか雑記ブログっぽくなるのはこういうことなのか、というのが身に染みて分かってしまいました。

働くパパは当然ママほど濃密に育児に関われないので、1歳前後のネタ枯渇期をどう乗り越えるか、パパブログが抱える宿命かもしれないです。

 

パパブログの行く末

育児ブログのネタの豊富さでいえば、春先の新年度・新学期がネタの宝庫なんじゃないかと期待しています。逆に冬は、外の気候と同じくブログネタもお寒い時期。

息子も4月からは保育園に預ける予定なので、生活が一変してネタがわんさか湧き出てくることを願っています。まだ保育園も決まっていませんが…。

今後の予定

今後きっとブログで書くだろうネタを予想してみます。

  • 春:保育園〜息子が保育園に慣れません涙 or 息子が馴染みすぎてパパ寂しい涙
  • 夏:パパ、保育園の準備ができません/保育園でパパ友ができました
  • 秋:息子、初めての芋掘り/息子、保育士さんに恋をする
  • 冬:保育園で病気をもらって悲惨です

ええ、すべて妄想です。

 

-------
ブログのネタがないということは家族が平和に過ごしているということなので、更新が止まったら「あいつ幸せに暮らしてるんだな」と思ってください。