読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

選び取りカードを作ってみた【1時間でサクッと】

1歳児 1歳児-1歳前半 作ってみた
スポンサードリンク

子どもが1歳の誕生日を迎えてすることといえば…一升餅を背負わせて選び取りで将来を占う、ですね。

選び取りとは、幼児の前に意味のある品物を置き、どれを取るかでその子の将来を占うものであり、地域によっては、「将来選び」ともいわれる。幼児にお餅を背負わせる一升餅とあわせて、「選び取り」をする地域がある。

今どきの選び取りは

今どきはお金とかソロバンとかの実物ではなく、可愛らしいイラストが描かれたカードで選び取りをさせる家庭も多いようです。

ソロバン・筆・お金の実物を並べたら、外見のインパクトでソロバンに行きそうだし、カードの方が公平な気がしますね。

作ってみた

どうやら選び取りカード的なものも売ってはいるようですが、せっかくなので自作してみました。
とは言っても大したスキルもない私なので、簡単にちょろっとできる方法で作りました。
手順
まず、職業別で可愛らしいイラストのあるウェブページを探す。ちなみに我が家はこのページを使いました。

数あるイラストの中から選び取りカード用のイラストをダウンロード。ちなみに下のイラストは「成績優秀」用のイラストです。

f:id:Pikky:20151212150842p:plain

このイラストから顔だけを切り取ります。

Macだとプレビュー .appの投げ縄機能で顔の部分だけ選択し、カットすればオーケー。不器用な私でもちゃちゃちゃっとできました。

今どきはスマホアプリでも写真の切り取りができるので、スマホで済ませてしまうのも手ですね。

f:id:Pikky:20151212151311p:plain

続いて、イラストに挿入するベビーの写真を選びます。

f:id:Pikky:20151212151156p:plain

とりあえずキリッとした息子を選んでみました。これも同じように顔だけ切り出します。

 f:id:Pikky:20151212151533p:plain

切り出し方が荒いですが、細かいことは気にしません。そしてこれら画像をPowerPointでも使って重ねあわせれば…

f:id:Pikky:20151212151351p:plain

こんな感じで科学者の息子ができあがりました。同じ要領でスポーツ万能とか大金持ちとかも作り、これらをプリンタで印刷して色画用紙にでも貼り付ければ

f:id:Pikky:20151230152659j:image

選び取りカードの完成です。ほぼほぼお金かかってません。

息子の反応は?

こんな感じで並べて、

f:id:Pikky:20151211154720j:plain

さぁ行け、と1メートル前くらいから解き放つと、

f:id:Pikky:20151211154819j:plain

選んでます、選んでます。

ちなみに息子はスポーツ万能のカードを取りました。パパ的には汎用性の高い大金持ちのカードをとって欲しかったんですが。

おわりに

カードの製作時間は1時間くらいです。元となるイラストさえ手に入れば後はいかようにでもできます。
ファーストバースデーはママ大忙しのはずなので、パパがパパッと作ってみるのもアリですよ。
◆おすすめ記事◆