読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

小さな子どものいる家庭が12月に大掃除をするのは無謀

1歳児 1歳児-1歳前半 育児の日常
スポンサードリンク

年末といえば大掃除。家をキレイにしなきゃ年を越せませんね。我が家もクリスマス前の土日に家の大掃除をしようと計画していました。でもそれは実行されることなく今年を終わろうとしています。

今回は我が家を襲った大掃除をめぐる悲劇を通じて、掃除なんて常日頃からしておくんだよということをお伝えします。

この時期高い確率で子どもは病気

ほんとに小さい子どもってデリケートです。すぐ体調崩します。

デリケートなくせにデリカシーはないので、色んなところを手当たり次第触りまくったり舐めまわしたりした結果、どこからともなく菌を貰ってくるみたいです。 http://www.flickr.com/photos/7394371@N06/4348514288
photo by Ibán

この時期高い確率で家族内をグルグル

手当たり次第触りまくるってことは我々も触られてるってことです。パパに関しては喜んで自らその身を差し出す勢いです。そんなことになっていれば当然、病気が家族内をグルグルします。

我が家は今3巡目に入りました(!!)。思い返せば12月の初旬あたりから何となく体調が下降線だった気がするので、かれこれ1ヶ月くらい続いています。

大掃除の日は私が39.5℃という比類なき値を叩き出し、それどころじゃありませんでした。ママも何かしらどこかしら弱っています。当の息子は、感染源のはずなのになぜか一番軽症だというこの矛盾。

12月はイベントがいっぱい

体調が本調子でないのに、クリスマスパーチーやらなんやら12月はイベントが多く、やっと治りかけかなというところで新しい不調がどこからともなく飛び込んできます。

パパも忘年会シーズンで不摂生をしてしまう時期です(これは理由にならないやつ)。

また、12月ってやつはクリスマスのことを考えないといけないし、年賀状のことも考えないといけないし、実家への帰省もあるし、我が家の場合息子の誕生日のことも考えないといけません。次から次へと考え事が舞い込んで頭が休まりません。

12月は疲れてる

とどのつまり、12月はベビー持ちの家庭は身も心も弱ってる確率が高いんです。それなのに大掃除なんてヤル気が起きるわけないじゃないですか。

寒い

決定的なのがこれです。掃除に拭き掃除は必須ですが、冬は冷たい、ヤダとなってしまいます。

まとめると

最後の理由はベビー関係ありませんが、結局これが一番の理由だったりします。

大掃除で一気にやろうとせず、常日頃の掃除の積み重ねが大掃除になっていることが理想ですね。少なくとも何回かに分けてコツコツやっていくのが吉です。一気にやろうとすると何かしら邪魔が入ります。

我が家にそんな日が来るかどうか…。

関連記事

小さい子どもとの同居は家が所帯染みていく
帰省のママ・子どもを迎え入れるためにパパがやっておくべきことリスト

オススメ記事

育児は足元が大事 ーパパをイクメンにするプレゼント
1歳児パパの子連れOKなおしゃれレストランの探し方
ママの最強の神器・電動自転車を導入しました