読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

マンションの内覧会を実況 -自分で設備のチェックも行いました

知っ得 知っ得-住宅
スポンサーリンク

先日、購入した新築マンションの内覧会に行ってきました。

多分、だいたいの人は一生に一度あるかないかのイベント。数千万〜億くらいの商品の納品チェックという超重要イベントなのに、ネットに転がってる情報が少なくて四苦八苦しました。

というわけで、少しでも誰かの参考になればと当日の様子をご報告します。ちなみにディベロッパーは準大手くらいのとこです。多分ディベロッパーによってマチマチだと思うので、あくまで参考程度ですね。

当日のスケジュール

  • 11:30
    マンション到着。到着後すぐ、ディベロッパーの担当者からオートロックの説明を受ける。デベの担当は、これまで相手してくれた人でなく初対面の人でした。
  • 11:35
    部屋に入室。デベ側は、デベ担当者、施工業者担当者、インテリアコーディネーターの3名体制。
    デベの担当より部屋の設備について一通り説明される。その後、ディスポーザーのメーカー、浄水器のメーカーの担当者がやってきて、それぞれ使い方等を説明。最後にインテリアオプションの説明。
  • 12:00
    インテリアオプションの説明まで終わった段階で、施工担当者のみ残して他は退室。ここから私達のチェック開始。
  • 12:00
    フロアコーティングの人来る(事前にこちらが手配)。
    フローリングの様子を見て、コーティング可能かどうかと見積もりを出してくれる
  • 12:30
    カーテン業者来る(事前にこちらが手配)。嫁さんが対応し、パパはチェックを続ける
  • 14:00くらい
    とりあえずチェック終わる。細かい汚れ・キズは目をつむり、指摘数は10箇所程度。
  • 14:00
    エントランスロビーに行き、メールボックス・駐輪場の説明を受ける
  • 14:10
    ダスキンの説明を受ける
  • 14:15
    とりあえず終わる。この後、部屋に戻り家具家電設置用に色々採寸した。
  • 14:30
    退散

チェックの様子

息子をママに任せ、パパが全体的なチェックをしました。とかいいつつ、指摘事項のほとんどはママがしましたが。施工業者の方は、私の後を付いてきて、たまに補足説明してくれるっていう感じでした。

ちなみに事前にスリッパとメジャーを持ってくるよう言われてましたが、スリッパはあちらさんもいっぱい用意してくれてました。あと図面と指摘事項用のマスキングテープも持っていました。

なお、主な指摘事項はこんな感じでした。

f:id:Pikky:20151011140016j:plain

壁の汚れで気になったもの。

f:id:Pikky:20151013224316j:plain

壁の汚れで気になったもの②

f:id:Pikky:20151013224338j:plain

ベランダの壁のひび割れ。これは多分あかんやつやー。

内覧会と息子

お昼寝の時間帯だったにも関わらず、終始ご機嫌だった息子。あちこちで仁王立ちを披露し、あちこち舐めまわしてマーキングし、施工業者のおっちゃん・カーテン屋のおっちゃんに愛想振りまいてました。

息子を連れていってみての感想は、可能であれば内覧会のときはじじばばに任せるほうが良かったです。あるいは業者に頼んでチェックしてもらうか。

実質1人は面倒を見ないといけないので、チェックの戦力不足は否めないです。1人だとやはり時間がかかります。。息子がいるから早くしたいのに、息子がいるから遅々として終わらないという矛盾が生じてしまいます。

おわりに

何はともあれ、家も満足できる出来で、新しい家に家族3人テンション上げ上げでした。

(2017年1月追記)

その後実際に住んでみて1年点検等がありましたが、その際にキッチンで不具合が見つかりました。具体的には、シンクと引き出しの間に少し空間が空いていたのですが、本来はそこにパーツを挿しているべきところでした(画像がなくてすみません)。

私もこういうものかと思っていて、言われなければ気づきませんでした(点検に来たおじさんが見つけてくれた)。こういった細かな備品類は図面には書かれていないし、内覧会時に素人だけで見つけるのは至難の業であったな、という印象です。

内覧会をプロに頼むというのも大事ですが、その後の1年点検・2年点検の体制がしっかりしているかも確認しておいた方がいいと思います。

関連記事

内覧会に持っていった心構え -内覧会はお祭りじゃない

オススメ記事

フロアコーティングを試してみました
我が家が10年固定のローンを選んだ理由
賢い引っ越しの味方、その名はメルカリ