読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

(夜間)断乳インポッシブル -パパの休日編

知っ得 知っ得-睡眠 0歳児 0歳児-0歳後半
スポンサードリンク

息子も三回食をパクパク食べるようになり、あんよもできるようになって、だいぶ子どもっぽくなりました。

もう赤ちゃんじゃないのかぁ成長したなぁ…、じゃあ赤ちゃん卒業なんだから夜のパイパイも卒業だよ、と最近我が家ではにわかに盛り上がっていました。本日はパイパイ星人がパイパイなしで夜寝れるのか検証した結果をお伝えします。

断乳インポッシブル

この話を見ていたため、断乳とはかくも恐ろしいものかと実はビクビクしていました。でも早く夜間断乳しとかないと変に知恵がついて、断乳しにくくなるって言うし・・・。うちの子はキットダイジョウブ。

 

息子の執着がウィルスとなって現れる

当初は先々週の末から始めようとしていました。息子にも「もうすぐパイパイないないだよ」「明日からパイパイないないだよ」と言い聞かせていました。

そして断乳当日。

 

ノロにかかる。

当然それどころじゃなくなり断乳は一時延期に。これは我が家の断乳の呪いとして一生語り継がれるでしょう。

http://www.flickr.com/photos/9031691@N08/3018653630

photo by Lisa Brewster

第1夜

気を取り直して、病気も癒えた先週末に再実行。幸いパパも3連休で臨戦体勢ばっちり。
方針としては、背中トントンで寝るわけないし、起きたらパパ抱っこ→ママ抱っこ→パパ抱っこ紐でいこうということに。
ちなみに我が家はそれまで夜泣きは100パーセント添い乳で対応していました。
 
20:30 息子就寝
23:30 パパ就寝
24:00 息子、最初の夜泣き
  • まずパパが抱っこで当然寝ず→
  • ママが抱っこ。パパの時よりも泣かないが、それでも寝ない→
  • パパ抱っこ紐で登場→
  • 延々40分くらい抱っこ紐でお尻トントン&子守唄を唄い続ける→
25:00 息子、気が済んだのか何とか眠りへ
  • パパもひと安心して、(抱っこ紐をつけたまま)さぁ眠ろうかとしたそのとき
25:30 息子、ふと泣き始める(!!)
  • パパ抱っこ紐で熱唱。
25:45 息子、割と早く寝てくれる
27:00 息子、2回目の夜泣き
  • 本気でパイパイが欲しかったらしく、パパの胸ぐらをグイグイしてくる
27:10 息子のオムツがお漏らしってる状況に気づき、パパママ意気消沈
27:15 それでも諦めないパパとママ
27:30 パパの心の肋骨が折れ、ママにパイパイを提案
  • 予想外のトラブルがあったし、今日はもういいんじゃないかと。ママに却下される。
28:00 ママの心の肋骨が折れ、パパにパイパイを提案
  • もう私達がんばったじゃない、と。パパ意地の却下。
28:10 息子、見かねて寝てくれる
  • ありがとう、息子。
29:00 息子、やっぱ起きる
29:05 頑張ったよね、とパイパイ
  • 2人とも心の肋骨が複雑骨折
07:20 起床
 
第1夜・公式記録
息子泣いた時間累計:2時間半
パパ睡眠時間:3時間弱(推定)
しょんぼりがっくりため息ふー(おもちゃのブルース)と熱唱した回数:500回以上(推定)
パパとママの心の肋骨が折れた本数累計:10本
断乳記録:朝5時
 

第2夜

パパの前夜の反省から夜少し早めに寝ることに。じゃないと体が持たない。。。2日目は初日よりだいぶ楽になるという噂だけを心の支えに勝負の夜へ。
 
20:30 息子就寝
22:30 パパ就寝
  • 1時間早めに。
24:00 息子、最初の夜泣き
24:30 割とあっさり寝んね
  • 息子、その調子だ
25:00 息子、とりあえず泣いてみる
  • やっぱり泣くのね
25:20 割とあっさり寝んね
  • よしよし
26:50 息子、2回目の夜泣き
  • そろそろじゃないかと思ってたよ
27:10 ここでも割とあっさり寝んね
  • すごいぞ息子
27:30 抱っこで寝かせてさぁ下ろそうかと置くと泣く
  • を散々繰り返す
27:45 やっと寝る
  • が、すぐ起きる(泣きながら)
28:00 すぐ寝る
  • んだけどすぐ起きる
28:05 息子を抱き上げるスクワット拷問に心がバッキバキになる
  • ママに授乳を依頼
29:30 まだ起きてきやがる
  • 最後の頑張りで抱っこで寝かす
7:10 起床
 
第2夜・公式記録
息子泣いた時間累計:2時間
パパ睡眠時間:5時間(推定)
パパとママの心の肋骨が折れた本数累計:8本
断乳記録:朝4時
初夜に比べたらだいぶ楽になった気はしましたが、パパの心の弱さから朝の4時に授乳してしまいました。抱っこで寝てくれるんだけど下ろしたら泣く病にかかってしまった模様。
でもパイパイの要求も減っているし、いい感じのはず。
 

第3夜

昼間の作戦会議でふとした疑問が。「これっておっぱいが抱っこに変わっただけじゃね?」確かに…。
そういうわけで第3夜はまずトントンで寝かせてみようということに。さぁ決戦の夜へ
 
20:00 息子を寝かせるためトントン開始
  • 当然寝ない&大号泣
20:30 あまりの号泣にママの心折れる
  • トントンを諦め抱っこ紐に
20:40 息子寝る
  • 抱っこ紐で寝かせるのはもう完璧
25:40 夜泣き1回目
  • 泣き疲れたのか、5時間も寝てくれた
26:00 ママの抱っこ紐で寝るが、下ろした途端泣く
  • を繰り返す。昨日のデジャブ
27:00 ママの心が折れる
  • パパと選手交代
27:10 息子寝る
  • パパちょっとプロってくる
29:00 夜泣き2回目
  • 想定の範囲内
29:30 息子寝る
  • 何度か下ろすのを失敗したけど、何とか着地成功
30:30 夜泣き(朝泣き?)3回目
  • 朝方起きるのは何なんだろう。。パパの体が限界を迎えママに授乳のお願い
7:10 起床
 
第3夜・公式記録
息子泣いた時間累計:2時間くらい
パパ睡眠時間:6時間(推定)
ママの心の肋骨が折れた本数:5本
断乳記録:朝6時半
抱っこ自体はだいぶ楽になりました。抱っこで割とすんなり寝てくれます。ただトントンの道は険しい。ママは息子の涙に弱いので大号泣なんかされたらすぐに心の肋骨を骨折します。
 
-----
やっぱり3日目になるとだいぶ楽になります。息子も3日目には起きてもおっぱいを求めなくなりました。
ただ体力的には相当しんどいです。パパが平日にこれに付き合うのは厳しい…。トントンで寝てくれたらいいんだけど、それはそれで精神的に付き合えない。。というわけで第2部に続く。