読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

ディズニーのショー抽選必勝法 -周りを見渡すのが大事

知っ得
スポンサードリンク

東京ディズニーリゾートといえば、小さな子どもから大きな大人まで楽しめるテーマパーク。

私も関西に住んでいた大学時代には、夜行バスを使った0泊3日といった今考えたらゾッとするようなハードスケジュールで年に何回も行っていました。

もちろん、息子と一緒にディズニーに行く日をいまかいまかと楽しみにしています。東京に住んでいるのでいつでもいけるのですが、まだ0歳なので我慢しています。

ところで、小さな子どもとのディズニーは、ショーの鑑賞がメインとなると思いますが、ショーを鑑賞するために抽選が必要な場合があります。メインイベントとなるショーが落選したらせっかく綿密に立てたプランが根底から覆ることにもなりかねません。

そこで今回は、この抽選に必勝法がないか調べてみました。

f:id:Pikky:20150722231951j:plain

抽選システムの特許を出している

オリエンタルランドは2004年にこの抽選システムに関する特許(特開2005-266842 抽選システム及び抽選情報処理装置)を出願しています。

新規性がないとかで拒絶を食らっていますが、この特許の中身を見ればディズニーで使われている抽選システムのおおよその仕組みが分かるんじゃないかというわけです。

なお、特許を申請しただけなので、本当にパークで使用されているかどうかは定かではありませんが、全く使わないものを特許に出すとも思えないので参考にはなるはずです。

大体の抽選システムの内容

まずは抽選の際に使うパラメータとして下記の記載があります。

所定期間毎の平均抽選申込人数、及び主催者により設定された抽選期間と景品数を基にした抽選残期間と景品残数を取得し、当該取得情報に基づいて当選倍率を算出

つまりは、

  • ある一定時間で抽選申込み者がいっぱい来ていたら当選確率を下げ、あんまり来ていなかったら確率を上げる
  • 残り時間がまだまだあるのに席があんまり余っていなかったら当選確率を下げ、残り時間がないのに席が余っている場合には確率を上げる

的なことだと推測できます。

当選確率をあげるための行動

以上から、当選確率には時間的な偏りがあり、当選確率が高い状態と言えるのは

  • 所定時間毎の平均抽選申込人数が少ない
  • 残り時間に対して席が余っている

のときだと言えます。これを実際に列に並ぶときに判断する方法としては

  • 抽選機の前にあんまり人が並んでいない→申込人数が少ない
  • 周りの人がばんばか当選している→その時間帯の当選確率が上がっている

ということになるんですかね。

そんなタイミングが都合よくあるのかと言われたら怪しいですが、とりあえず自分が抽選する前に周りを見渡してやたら当選しているようだったら自分も当たる可能性が高いということです。

時間に関わらず確率が一定だと思ってしまうと、周りの当選でドキドキしてしまいますが、逆に時間によって(のみ)確率が変わるのであれば、周りの当選状況で今どういう状況か分かります。

だいたい当たった人は態度に出して喜ぶので、周りを見回すだけでもある程度状況をつかめるかもしれません。

f:id:Pikky:20150722232645j:plain

グループについて

グループの場合は、そのグループでまとめて一回ですが、

平均抽選申込み人数と平均グループ構成人数が多く、抽選残期間が少なく、景品残数が少ないほど算出される当選倍率が高くなる。

と書かれているので、グループ人数が多いほど当選倍率が高くなってしまい、当たりにくくなる模様。まあ当然と言えば当然ですね。

あと特許で書かれている内容から漂う雰囲気として、グループの人数分の席が空いているどうか以前に、グループの人数が多いほどそもそも確率が低く設定されているような感じがしました。

この特許にはそのような記載はないのであくまで個人的な感覚ですが。

おわりに

先ほども書きましたが、当選確率が上がっているかどうかを見破るには、

  • 混雑状況
  • 周りの当選状況

が大切です。

あとはできるだけ鑑賞する人数を減らすことですかね。パパとママをグループにせず、個別に抽選に臨めばグループにしたときよりも当選する確率があがります。

◆オススメ記事◆
うちの1歳児を一気に成長させた玩具トップ5 −1歳後半編
2歳目前の息子にトトロを観せたら・・
リトルキディーズのレインカバーが息子を夢の国へと誘います