読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

出来立てパパにおくる保育園戦況調査(2016年度文京区)

知っ得-保育園
スポンサードリンク

2016年4月を狙った保活もそろそろ佳境を迎える頃ですね。我が家もママが色々見学に行って情報収集をしてくれています。我が家は現状ママが育休中なので、1歳児での入園を狙うことになります。ええ、激戦です。

息子が通うことになる文京区の認可保育園の各種情報は11月に公開されるので、まだ状況がよく分からないところが多いですが、今ある情報で2016年度の状況を推察してみます。

2014年度と2015年度の比較から考える

0歳児・1歳児人口
  • 2014年7月1日時点:1825名(0歳児)、1769名(1歳児)
  • 2015年7月1日時点:1970名(0歳児)、1884名(1歳児)

文京区 文京区人口統計資料

0歳児・1歳児の人口は昨年と比べて増えています。ま、この数だけでなく実際に保育施設への入所を希望する割合も影響してくるので(例年35%程度)、このデータ自体にはあんまり意味はないです。でも人口が増えているってことはライバルも増える可能性が高いとは言えますかね。

待機児童数
  • 2014年4月1日時点:104名
  • 2015年4月1日時点:69名

http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2015/07/DATA/60p7n202.pdf

待機児童数は減っているんですね。来年も継続して減ってくれるといいですが・・・。1歳児からの入園を希望している我が家としては、ポイントにも影響してくるし、待機児童が少ないことはいいことです。

内定指数

f:id:Pikky:20150922185125p:plain

f:id:Pikky:20150922185142p:plain

平成26年度(2014年)の内定指数は昨年念のために保存しておいたのですが、今はもう文京区のHPにないので保存しておいてよかった・・・。一応グレーで塗りつぶしているのがそもそも募集をしていないところで、ハイフンは今年度新規のため過年度のデータがないか募集が少なく値が公表されていないところです。

ちなみに「東京こども保育園」「日生湯島保育園ひびき」「にじのいるか保育園小石川」「テンダーラビング保育園茗荷谷」は2015年度に新規開園した保育園なので、1歳児の数値は参考程度ですね。

2014年度と比べて指数が上がったところも下がったところもあるので一概に傾向を言うことは難しいですが、数値が下がったところは2015年度に新規開園した保育園が近くにある・・・ような気もする。

2016年度新規開園の保育園・認定こども園

  • にじのいるか保育園千石(認可:茗荷谷駅徒歩10分 / 千石駅13分)
  • えがおの森保育園・せんごく(認可:千石駅徒歩2分)
  • お茶の水女子大学こども園(認定こども園:茗荷谷駅徒歩6分 / 護国寺駅13分)

全貌は公開されていないのでよく分かりません。区役所に行ったら教えてくれるのかな?なお、上の2つは保育士の求人から取ってきた情報です。あくまで参考情報ですね。

現状確定している新規開園の保育園は茗荷谷駅と千石駅の間で、千石1丁目とか大塚3丁目あたりは供給が増えるということですね。ベネッセかごまち、ベネッセ千石、本駒込西、千石、千石西、まなびの森、小学館アカデミー茗荷谷ぐらいには多少影響するかも。

2015年度竣工した新築マンション

あんまり気にしてもしょうがないかもしれませんが、2016年4月に影響しそうな新築マンションの状況です。総戸数が100戸を超えるような地域はそれなりに気にした方がいいような気もします。

さいごに

色々調べてみましたが、結局何だかよく分からないですね。これからもコツコツ情報収集していきます。

(2016年1月時点の情報はこちらにまとめました)

(2016年度文京区保活の総括はこちら)