読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

沖縄旅行は赤ちゃん連れだからこそ楽しめた・その理由と必需品を追う

スポンサーリンク
 

0歳児の息子を連れて行った沖縄旅行。お食事どころの情報などはこちらにまとめています。

なんだかんだ言いながらも、一言でまとめれば楽しかったです。

いや、赤ちゃん連れだからこそ沖縄旅行が楽しめたんじゃないかと思ってきました。今回はそんな興奮覚めやらぬうちに沖縄が赤ちゃん連れ向けな理由をあげていきます。

雨が降ってもへっちゃら

旅行には雨が付き物です。

普通、旅行で雨が降るととーってもテンションが下がると思いますが、赤ちゃん連れならそんなこともあまりありません。

なぜって?そもそもそんなに予定を組んでないからです

沖縄で雨で狂ってしまう予定の代表格がプールや海で泳ぐことだと思いますが、赤ちゃん連れだとそもそも長時間プールや海に行くのは現実的でないので、雨がちょっと止んだ隙に行くか、というノリでいけます。

 

予定通りにいかなくてもへっちゃら

なぜって?そもそもそんなに予定を組んでないからです(本日2回目)。

息子を中心に考えると午前に1つ、午後に1つ予定をこなすので精一杯です。またせいぜい美ら海水族館に行くとか、砂浜を散歩とかのレベルなのでゆったりのんびり消化できます。

あと赤ちゃんがいれば予定は狂うもんだと思って行動しているので、雨が降って多少予定がズレても、息子が意外と昼寝が伸びたりなんてことがあっても動じません。

f:id:Pikky:20150913202533j:plain

愚図ってもへっちゃら

沖縄旅行は基本レンタカー移動だと思いますが、レンタカーという個室で過ごすので、電車などと違って周りの目を何も気にしなくてよくてとても楽です。

またドアツードアで目的地まで行けるし、沢山の持ち物も車の中に置いておけるので、まさに赤ちゃん連れ向きだと思います。

他の旅行先だと電車移動とか徒歩移動が多くなるので、移動だけでとても疲れてしまいます。

息子の初めてにたくさん出会えた

白い砂浜、青い海、青い空、空を飛ぶ戦闘機(!!)、どれもこれも息子にとって初めてのものばかりでした。あと美ら海水族館にいた大型魚とかも初めてでしたね。

これら初めてのものに対して、興味深そうに見たり、怖がって泣いたり、テンションMAXで喜んだり、それはそれは楽しそうでした。

東京での3ヶ月分くらいの初めてを二泊三日で経験をしたんじゃないですかね。南の島というのはやはり別世界です。

と言いながらも長時間の移動は厳しい

といいながらも、東京から飛行機で2時間半、ひたすらあやし続けるという苦行を乗り越えなければいけないのが辛いところ・・・。
このときはノー対策で臨んでしまったため、必死に昼寝をさせようと2時間以上気が気でなかったです。飛行機だと動画を見せるわけにもいかず大変後悔しました。
この後、我が家は幼児の愚図り対策の神を発見したのです。そう、それはシール。シールは絶対旅のお供に持って行きましょう。

おわりに

小さな子どもは一回の旅行でとんでもなく成長します。それがキラキラした沖縄なら尚更のことです。

息子はこの沖縄旅行のことを覚えてはいないでしょうが、写真にはたくさん残したし、私の心のアルバムにもたくさん刻みこまれました。

赤ちゃん連れの沖縄旅行、行ってよかったです。

関連記事

赤ちゃん連れにオススメ食事処 in 沖縄

おすすめ記事