パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

パパになって良かったなと思うこと

スポンサーリンク

パパになってまだまだ日が浅いですが、ようやくパパ業も板についてきたかなと思います。実力はまだまだですが

今回は、パパ歴約半年でやっと少し慣れてきたかなぁと思う私が考える、パパになって良かったなーと思った点を挙げます。

f:id:Pikky:20150801190931j:plain

頑張るモチベーションができた

1番最初にあげるのはこれです。月並みですが、息子が生まれて「頑張ろう」と思いました。仕事でやなことがあっても息子の写真とか動画を見れば元気100倍に復活します。

誰かのために頑張らなきゃと思うのは、最も簡単だけど最も強力なモチベーションになると実感しました。

初めての経験を沢山できた

息子が生まれるまで、赤ちゃんのお世話どころか抱っこもしたことがありませんでした。

それがオムツの替え方を覚え、お風呂の入れ方を覚え、赤ちゃんの喜ぶ遊びを覚え、いろんなことを覚えることができました。

新入社員の頃の、右も左もわからないけどヤル気だけはあります!状態をこの歳になって経験できたことで、気持ちが若くなったような気がします。なんか仕事でもちょっと新しいこと挑戦してみようかなって気になりました。

交友関係が広がった/広がりそう

息子が生まれて、これまで特に交流のなかった同じマンションの人と赤ちゃんトークでお話しするようになりました。

また、職場でもおばさま達と息子トークでよく盛り上がることができます。職場のおばさま達とは息子がいなかったときから話はしていましたが、息子トークをするようになり、遠慮具合が減ったというか話の距離が近くなった気がします。

きっと保育園とか行きだすとまたグッと広がっていくんでしょう。基本人見知りで自分から交友関係を広げたりしない人なので、勝手に広がっていく交友関係はありがたいです。

痩せた

息子が生まれて5kg痩せました。もともとそんなに太ってはいなかったのですが、おかげさまで無駄なお肉が取れてくれました。

特に食事を減らしたというわけでもなく、何かを意識したわけでもなく、というので原因ははっきりしません。睡眠不足が要因な気もします・・・。

原因はなんであれ、とりあえず痩せて体が締まったので、良しとしています。

筋肉も付いた

貧弱で有名だった私ですが、息子の抱っこをしているうちに腕の筋肉とか胸の筋肉が結構ついていました。 なんかマッチョになった気分で悪くないです。ここに至るまでに何回筋肉痛の痛みを乗り越えてきたことか・・・。

次は腹筋を鍛える抱っこの仕方を考えよう。

好かれているという優越感

人見知りをするお年頃の息子ですが、嬉しいことにパパには懐いてくれています。

仕事から帰ってきて、パパを見つけると「ニコッ」としてくれます。それだけで1日の疲れが吹っ飛びます。パパ・ママ以外の人が抱っこすると大泣きするので、なんだかとても優越感。悪い気はしません。

明日も楽しいことが待っている

生後半年の息子は未だに成長曲線が衰えません。大げさではなく1日1日成長していきます。どこかの名監督が言っていたような気がしますが、これほど育てる身として嬉しいことはありません。

これまでに寝返りができ、ずり這いを始め、少しずつできることが増えてきて、これからつかまり立ちをして、たっちをして、あんよをして…楽しみは絶えません。

一人暮らしをしている頃、辛いこともあまりなかったけど、心からワクワクするような楽しいこともそんなにありませんでした。

結婚し、子どもが生まれて、夜泣きだったりいろんな辛いこと大変なこともありますが、楽しいこともそれ以上に増えました。起伏のある毎日って面白いです。

さいごに

パパになって独身で自由だった頃を懐かしむこともありますが、総合的に見るとパパ業は楽しいです。

関連記事

パパの男の子育児の楽しみ方 -男児を2年間育ててみて

☑あわせて読みたい Softbankから格安SIMへMNP(乗り換え)楽天ユーザは楽天モバイル一択
妊娠月数別・妊婦へのオススメプレゼント
息子に是非読ませたい漫画ベスト20