読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

育児は東京じゃ消耗するんじゃなかろうか

スポンサードリンク

私は九州のど田舎に生まれ、今は東京で働いています。ちなみに嫁さんは関西の地方都市の出身です。

自分の乳幼児期のことなんてほとんど覚えていませんが、嫁さんの実家で過ごす息子の様子や、地元の友達の話を聞くに乳幼児期の子育ては東京じゃ消耗するだけだなと思えてきました。

f:id:Pikky:20150902082409j:plain

photo by ThomasLife

きっかけ

息子が嫁さんの実家に帰省すると、必ず一皮むけて帰ってきます。短期間でそんなに成長する赤ちゃんってすごいなぁとその度に思っていました。
が、つい先日フォトスタジオで息子の写真を撮ってもらったときに気付きました。
我が家に比べてだだっ広いフォトスタジオ(+カメラマンが可愛いお姉さん)で、息子は終始テンション高め。高速ずり這いで部屋中をうろうろし、しまいには今までほとんど披露してなかったハイハイまで始める始末。
 

我が家じゃ物足りなかったのか

その日をきっかけに明らかにハイハイの頻度が増えました。
そうか我が家じゃ息子の能力を十分に発揮させるには物足りなかったのか。部屋は広いに限る。嫁さんの実家に帰っていたときも広い部屋でノビノビと動き回ってぐんっと成長したのかな。
ちなみによく動き回った後はよく寝るので、親としても助かる。逆に雨の日とかで児童館に行けず、部屋でのんびりしていると息子はムズムズからグズグズに変わるらしい。広い家ならこんなこともないのかな。
 

東京って狭い

我が家とて2DKでそれなりの家なんですよ。大人2人に子ども1人が住むにはちょうどいいはずです。でも、息子としてはハイハイを習得するまでもない・ムズムズがグズグズになる広さであったようです。
そういえばそろそろ保活を本格化する時期なんですが、私がいた田舎の保育園はだだっ広い運動場があったりして、私はそれはそれは動き回っていたらしいです。東京で認証だとビルの中で園庭がないところも多いですよね。きっと窮屈なんだろうなぁ。
 

東京は高い

都会は生きていくのに金がかかります。大阪にいたときはそこまで思いませんでしたが、東京に来てから色んなことがマジ高い。その分給料もいいんですが、育児休暇中だったり、ママ時短で保育園代っていうのはお金の面ではかなり痛い。都会に住む人って共働きを前提とした生活をしている人も多いと思います。子どもが生まれて金はかかる一方、収入は減るはで頭が痛い・・・。
 

電車vs車

便利な都会といえど、徒歩圏内で全てをまかないきるのは厳しいです。結構な頻度で電車やバスに乗ることになります。駅ってけっこう不便で、エレベーターのないホームが多いのはもちろん、エスカレーターさえないホームも多いです。真夏に5kgとか10kgの湯たんぽ抱えて階段登るのはかなりの重労働。その上、電車で愚図られた日には1時間でげっそりしてしまいます。
地方だと車社会で、チャイルドシートイヤイヤ戦争との戦いだと思うんですが、外を歩かずに済むっていうのと他人様に迷惑を掛けずに済むってのは大きいと思うんですよね・・・。
 

田舎での子育てにもはや不便はないんじゃなかろうか

これまでの田舎のデメリットといえば、物的に不便である点です。車で走り回らないと必要なものが買えない、ものによって車を使っても売っていないこともあるでしょう。
でも今や都会でも赤ちゃんグッズはamazonだったり楽天だったりで買います。翌日には来るし、玄関まで持ってきてくれるし、安いし。
 

都会が勝っているのは教育環境だけ?

教育の環境は圧倒的に都会のほうが充実しています。でもこれも今のMOOC(オンラインで大学の講義受けれるやつね)がもっと定着して、学校に通うことから解放されてしまったら、都会と田舎の差がどんどん縮まっていくんでしょう。
 
−−−−−
人が多い(切磋琢磨し合える・競争がある)っていうのは都会のメリットだと思いますが、小さいうちは競争も何もないし、させる気もない家庭が多いと思うので、本当に東京にいても消耗するだけだなぁって思います。東京にいるのはある種親のエゴなので、息子にはその分お返しをしないとな、と思うのでした。