読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

短い睡眠でスッキリする方法

知っ得 知っ得-睡眠
スポンサードリンク

息子が生まれて困っていること。いやそんなものはないんですけどね。大体は笑って許せるものだし。でも、敢えて挙げるとすると、パパもママも慢性的な睡眠不足であるということですかね。

f:id:Pikky:20150725094006p:plain

我が家は仲良く親子3人川の字になって寝ています。こう書くと仲睦まじく清流のような爽やかな雰囲気を醸し出していますが、息子の寝相はなかなかの濁流。パパは先日1時間に渡って回し蹴りを食らい続けていました。川の字になって寝るのも息子の寝相が悪すぎて布団からはみ出ることを防ぐためであり、いわばパパとママはコンクリート護岸の役割です。

また、あやつは2〜3時間おきに号泣しながら起きてきて、ぱいぱいを探しに彷徨う過程でパパに体当たりをかますことも多々あるので、ついついパパも起きてしまいます。

 

効率良く良質な睡眠を取る方法

人は眠るとすぐに深い眠りに落ち、90分周期で深い眠りと浅い眠りを繰り返します。 そして最初と2回目の周期の眠りが特に深い眠りとなるので、この2周期の眠りを万全に取ることが重要なようです。

90分のサイクルが2回なので3時間ですね。自分の子供のグズり傾向と照らし合わせて、この最初の3時間をグッスリ寝るように心掛けるのが◯ですね。ちなみに息子のグズり傾向は、寝かして割と早い段階で1回目覚め、そこを越えると長めに寝てくれ、その後頻繁に起きるというものです。なので、1回起きてグズった後に一緒に寝るというのが効果的なのかも。

 

昼寝も効果的

夜寝れない分を補うために昼寝をするのが効果的です。その時間も数十分で良いみたいなので、ママは赤ちゃんと一緒に昼寝に付き合うのも良いですね。ただし、あんまり長時間の昼寝は夜の睡眠に影響するので、数十分程度に抑えるのが肝です。

f:id:Pikky:20150725094313j:plain

寝溜めは意味なし

昼寝が良いと言われても日中働いているパパにはなかなかハードルが高いですね。じゃあ、休日にまとめて寝まくるというのを、赤ちゃんがいるいないに限らず、ブラックなお勤めをしている方はよくやると思います。が、アレはほとんど意味がないようです。

休日に寝過ぎるというのを体内時計を乱してしまい体に良くないとのこと。 ただし、睡眠不足を取り返すためにちょこっと多めに寝るというのはアリです。ちょこっとというのはプラス1時間程度で、これくらいだと体内時計を乱さず不足している睡眠を取り返すことができます。

f:id:Pikky:20150725094527j:plain

まとめると

  1. 最初の3時間を大切に寝るスケジュールにする
  2. 休日にちょっとだけ長めに寝て取り返す
  3. 仕事中こっそりちょっとだけ寝る

というのが少ない睡眠を良質なものにするコツのようですね。

 

-----

そんな努力より、息子の夜泣きを改善するのが大事ですね。えぇもちろんそっちも頑張ってますよ。

>>赤ちゃんの快眠を妨げてしまった行動
>>息子、快眠エンジェルへ
>>我が子が背中トントンで寝る日