読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

ブンバボーンの意味は?オカピにフラミンゴがフライパン?その魅力に迫ります

0歳児 0歳児-0歳後半 オススメ・レビュー
スポンサーリンク

ブンバ・ボーン

ご存知「おかあさんといっしょ」で流れる体操の歌です。

いないいないばぁを観るついでに見ていたのですが、気づけば息子も妻も私もブンバボーンに侵されてしまいました。特に妻と私は無意識に鼻歌ってるくらいの中毒です。

NHK「おかあさんといっしょ」ブンバ・ボーン!~たいそうとあそびうたで元気もりもり!~ [DVD]

子どもが産まれる前までは正直「おかあさんといっしょ(笑)」みたいな風に思っていました。スミマセン

まぁ子どもが好きだからしょうがなく観るか、程度だろうと舐めていましたが、この有り様です。

ハマった当初も「子どもが好きだから」という理由で逃げていましたが、今や大人の方がハマっています。もう言い訳もできません。

今回はなにがそこまで我々を魅了したのか、その魔力について考えてみます。

ブンバ・ボーンという響き

ブンバ・ボーンは造語(そらそうだ)で、エネルギーが元気いっぱいにはじける様子を表しているそうです。

はじける音がボーンで表現されているとして、「元気いっぱいに」というのがブンバに込められていることになります。元気いっぱいをその擬音で表現するセンスにまずは度肝を抜かれます。

一度聞いたら忘れられない

ブンバボッボッボブンバボン!ブンバボッボッボブンバボーン!

野生を感じるそのリズム感に一度聴いたら耳から離れない中毒性があります。ラッスンゴレライなんて目じゃない中毒性です(古い)。

ちょいちょい耳を疑う歌詞

パンダのお目めがつけまつげ〜

ってきゃりーぱみゅぱみゅも真っ青なイカれた歌詞が登場したり

(さらに言えば「さぁパンダを作るよ〜」とたいそうのお兄さんが掛け声をして、「タマゴが一つ♫ タマゴが二つ♬ パンダのお目めがつけまつげ〜」ってそれパンダ作ってないよね)

アルパカパッカパッカちょっとオカピー

ってそこでオカピるってどんなチョイスしてんねん!とツッコまずにはいられないチョイスで攻めてきたりと、関西人として思わず腕まくりをしてしまう歌詞に釘付けになってしまいます。

ちなみにオカピーってこんな動物らしいです。

f:id:Pikky:20071107221929j:plain
(5320)画像お遊び / オカピー:maechan

ブンバボーンを観てしまうと、漏れなく上野動物園でオカピーに興奮できます。もうオカピーを中心に上野動物園のスケジュールを決めてしまうレベルになります。

なおオカピーは池之端門のほうから入る方が近いです。また、オカピーの近くにフラミンゴがいます。ブンバボーンリレーですね。上野動物園がブンバボーンを意識しているのかどうかは分かりません。

関連記事

サンシャイン水族館vs上野動物園 1歳未満の赤ちゃんにオススメなのは?

たいそうのお兄さんのキレっぷり

最終的にはこれです。

このツッコミどころ満点で中毒性どっぷりなこのブンバボンに、一切手を抜かずキレッキレのダンスで応えるその姿は、ちょっとスパイスが効きすぎて眩しいです。

そして、自分と同年代のおにいさんが踊っているという事実がまた一つ私の胸をザワザワさせます。目の前でこんなに頑張ってる姿を見せつけられたら、私も乗らないわけにはいきません。

周りに小さな子ども達がいながら、あのキレを出すのは見た目以上に難易度が高いはずです。夏休み期間は子ども達なしでおにいさん・おねえさんだけで踊るのですが、そのキレ具合は思わずテレビから後ずさりするレベルです。

なお、ファミリーコンサートで生で観戦すると思わず感動の涙が出るレベルです。

すり替え仮面にいたずらされるブンバボーン

すりかえかめんのコーナーが放送される火曜日はブンバボーン要チェックです。というのもすり替え仮面が一部の歌詞をすり替えるのです。

すり替えられるのは「ミーアキャットがフラミンゴ」の部分で、フラミンゴがフライパンだったりフランケンシュタインだったりすることがあります。

もちろん画面のフラミンゴのアニメーションも体操のお兄さんの振り付けも、フライパンやフランケンシュタイン用のものに変わります。

一緒に踊っている子ども達だけよくわかっていないので、フラミンゴの振り付けをする子や「あれっ?」という顔をする子ばかりで、それも見所の一つです。

おわりに

息子が生まれる前は、平日の8時といえばフジテレビの特ダネでした。

それがおかあさんといっしょを観て、いないいないばぁのオープニングを観て、よしヤル気出た!っていう感じで会社に行くような人間になるとは、、、パパになるとは恐ろしいものです。

(2016.12追記)

息子も2歳になり、ブンバボーンを踊るようになりました。踊っている姿は可愛らしすぎてついついニヤけてしまいます。

また、途中で「ガッタンゴットン、ガッタンゴットン」と汽車が走るシーンがあるのですが、子鉄の息子はテレビにかじりついて観ています。随所に子どもを熱中されるポイントが仕込まれている、それがブンバボーンです。

おかあさんといっしょ関連記事

オススメ記事