パパパッとパパ

パパ目線で伝える子育てのこと

ブンバボーンに取り憑かれた男が語るブンバボーン

スポンサーリンク
 

ブンバ・ボーン

ご存知「おかあさんといっしょ」で流れる体操の歌です。

いないいないばぁを観るついでに見ていたのですが、気づけば息子も妻も私もブンバボーンに侵されてしまいました。特に妻と私は無意識に鼻歌ってるくらいの中毒です。

NHK「おかあさんといっしょ」ブンバ・ボーン!~たいそうとあそびうたで元気もりもり!~ [DVD]

子どもが産まれる前までは正直「おかあさんといっしょ(笑)」みたいな風に思っていました。子どもが好きだからしょうがなく観るか、程度だろうと舐めていましたが、この有り様です。

ハマった当初も「子どもが好きだから」という理由で逃げていましたが、今や大人の方がハマっています。もう言い訳もできません。

今回はなにがそこまで我々を魅了したのか、ブンバボーンのいろんな不思議について考えてみます。

そもそもブンバ・ボーンの意味は

ブンバ・ボーンは造語(そらそうだ)で、エネルギーが元気いっぱいにはじける様子を表しています。

はじける音がボーンで表現されているとして、「元気いっぱいに」というのがブンバに込められていることになります。元気いっぱいをその擬音で表現するセンスにまずは度肝を抜かれます。

オカピって誰

アルパカパッカパッカちょっとオカピー

でおなじみのオカピーさんですが、正直この歌を知るまでそれが何者か知りませんでした。オカピーってこんな動物らしいです。

f:id:Pikky:20071107221929j:plain
(5320)画像お遊び / オカピー:maechan

オカピはジャイアントパンダ、コビトカバと並ぶ世界3大珍獣で、シマウマの仲間に見えますがキリンの仲間です。20世紀に入って初めてその存在が知られたまさに未知な動物です。

国内では上野動物園・よこはま動物園ズーラシア・横浜市立金沢動物園で見ることができます。

ブンバボーンを観てしまうと、漏れなく上野動物園でオカピーに興奮できます。もうオカピーを中心に上野動物園のスケジュールを決めてしまうレベルになります。

なおオカピーは池之端門のほうから入る方が近いです。また、オカピーの近くにフラミンゴがいます。ブンバボーンリレーですね。上野動物園がブンバボーンを意識しているのかどうかは分かりません。

関連記事

サンシャイン水族館vs上野動物園 1歳未満の赤ちゃんにオススメなのは?

 

ファミリーコンサート時のたいそうのお兄さんのキレの鋭さといったら

ツッコミどころ満点で中毒性どっぷりなこのブンバボンに、一切手を抜かずキレッキレのダンスで応えるたいそうのお兄さんは、ちょっとスパイスが効きすぎて眩しいです。

そして、自分と同年代のおにいさん(よしひさお兄さんは1981年生まれ)が踊っているという事実がまた一つ私の胸をザワザワさせます。目の前でこんなに頑張ってる姿を見せつけられたら、私も乗らないわけにはいきません。

周りに小さな子ども達がいながら、あのキレを出すのは見た目以上に難易度が高いはずです。夏休み期間は子ども達なしでおにいさん・おねえさんだけで踊るのですが、そのキレ具合は思わずテレビから後ずさりするレベルです。

なお、ファミリーコンサートで生で観戦すると思わず感動の涙が出るレベルです。

すり替え仮面にいたずらされるブンバボーン

すりかえかめんのコーナーが放送される火曜日はブンバボーン要チェックです。というのもすり替え仮面が一部の歌詞をすり替えるのです。

すり替えられるのは「ミーアキャットがフラミンゴ」の部分で、フラミンゴがフライパンだったりフランケンシュタインだったりすることがあります。

もちろん画面のフラミンゴのアニメーションも体操のお兄さんの振り付けも、フライパンやフランケンシュタイン用のものに変わります。

一緒に踊っている子ども達だけよくわかっていないので、フラミンゴの振り付けをする子や「あれっ?」という顔をする子ばかりで、それも見所の一つです。

おわりに

息子が生まれる前は、平日の8時といえばフジテレビの特ダネでした。

それがおかあさんといっしょを観て、いないいないばぁのオープニングを観て、よしヤル気出た!っていう感じで会社に行くような人間になるとは、、、パパになるとは恐ろしいものです。

関連記事

たくみロスを乗り切るためにたくみおねえさんの魅力を振り返る

☑あわせて読みたい