読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

パパにもできる離乳食 -お粥としらすくらいはどんなズボラでもできる

スポンサーリンク

自分で言うのもなんですが、私は他の一般的なパパと比較しても見劣りないくらいは育児・家事をしていると思います。皿洗い・洗濯・風呂掃除・オムツ替え・息子のお風呂・お着替え・・・etc、それなりにやっています。

でも、一つ苦手というか億劫になっている家事があります。

それは料理

一人暮らしの経験もあるので料理ができないことはないのですが、明らかにママが作ったほうが美味しいし、明らかにママが作ったほうが手際がいいし、明らかにママが作ったほうが安心だし、明ら(以下略)

とにかく家族のご飯を作ったことがほとんどありません(ママがいないときに自分の食べる料理くらいは作る)。

そんな私に重大なミッションが与えられました。

Tomatoes

離乳食作っといて〜

ただ今妻が息子(生後8ヶ月)とともに実家にプチ帰省中です。そして、もうすぐ帰ってくるんですが、ポロっと頼まれてしまいました。

いやいやいやいy

変な味がして息子が食べなかったら・・・息子くんが万が一お腹壊したら・・・いややっぱりやめといたほうが・・・

と軽く抵抗はしたのですが、「お粥としらすだけでいいから。ていうか簡単だから。」という言葉でもう逃げれませんでした。

妻の気持ちも分かります。長旅で帰ってきて離乳食を作るってのは面倒です。せめてお粥ぐらい作っとけば妻もだいぶ楽になるはず。

こうなればやるしかない!さぁ、臆病な自分を奮いたたせ、いざレッツクッキン!

本当に簡単だった

妻に言われたのは

「米150gに水900ml混ぜて火にかける。沸騰したら弱火で20分。これだけっ」

でしたが、本当にこれだけでした。ちょっと迷ったらcookpad先生に聞けるし、本当簡単でした。

しらすもお湯で塩抜きして、すりつぶすだけ。お、俺にもできたよ!

カップラーメンを作るレベルでできる

カップラーメンは規定量のお湯を入れて、規定の時間を待つだけです。

そして、お粥も規定量の水を入れて、沸騰するのを待って、規定時間弱火にして待つだけ。もうほぼ同じレベルでできます。

どんなぐうたらパパでも、いやカップラーメンを作り慣れているぐうたらパパだからこそ簡単に完璧にできる一品です。

子どもが自分の作ったお粥を食べるって

めっちゃ素敵やーん。

この後、帰省から帰ってきた息子に食べさせましたが、何の違和感もなくパクパク食べてくれました。味付けも何もしていないんだから、誰が作っても同じ味がするんです。意外と簡単、離乳食です。

さいごに

うまく妻の掌の上で転がされた感じがしなくもないですが、うまく転がることで一つできることが増えました。

料理をしないパパの皆さん、離乳食で一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事