読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

我が子のハーフバースデーはママのハーフバースデー

0歳児 0歳児-0歳前半 オススメ・レビュー
スポンサードリンク

先日、無事息子がハーフバースデーを迎えました。当日は平日でしたが、パパは有給休暇をいただき一緒にお祝いすることができました。

f:id:Pikky:20150613231342j:plain

めでたいことこの上ないハーフバースデーですが、浮かれてばかりはいられません。息子のハーフバースデーということはママもハーフバースデーということです。口に出さなくても世のママ達はほぼほぼ何らかの労いを期待しています。間違いありません。

というわけで、記念日ほどは肩肘張らない、でも日々の感謝の気持ちが伝わるようなちょっとした贈り物を挙げてみます。

ママグッズ

あると便利なママグッズの代表がベビーカーのフックです。マザーズバッグとかその他ちょっとしたものを掛けることができたらうれしいなぁと常々言っています。あとこの時期日焼けが気になるので、日傘を立てるグッズも重宝しそうです。

ちなみにベビーカーを一番痛めるのが重いものを吊ることらしいです。このフックを買ったからってあまり重いものを吊るしちゃダメです。

 ママを労わる系

これくらいの時期の赤ちゃんはベビーカーでは駄々をこねるので、四六時中抱っこ紐で行動することが多いです。 なので嫁さんは毎日全身バキバキで、特に足のむくみがひどいことになっています。ボソッとメディキュット欲しいなぁという心の声が聞こえてきました。

これを贈るとともにママにマッサージをしてあげると泣いて喜ぶんじゃないですかね。

カフェの回数券

6ヶ月くらいの時期はちょうど離乳食で日々のタスクが増えていく時期であり、また離乳食がうまくいかずにストレスが溜まる時期でもあります。

なので、カフェの回数券なりカードなりを贈るとともに、パパの休日に数時間程度のリフレッシュの時間をプレゼントしたりするととても喜ばれそう。

花&ケーキ

鉄板ですね。これまでに挙げたものと合わせて贈ると感謝の気持ちがより伝わりやすいと思います。実はケーキとお花が一番ママを喜ばせるものかもしれない。

おわりに

子どもの1歳の誕生日だとおじいちゃんおばあちゃんを呼んで盛大に祝ったりするので、ママへの労いとかを考える余裕がない可能性があります。

このハーフバースデーというある意味非公式だけど、それなりの節目の日を使ってママへの日々の感謝の気持ちを表しておくと、今後色々と効いてきますよ。

ともあれ、我が子のハーフバースデーはママのハーフバースデーでもあり、パパのハーフバースデーでもあります。ハーフバースデーおめでとうございます。

◆関連記事◆

◆オススメ記事◆