読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

パパ、育休取ろうかと思うんだ  第4話:ママの意見

0歳児-0歳前半 0歳児 知っ得
スポンサードリンク

パパの育休計画第4話です。

f:id:Pikky:20150329142012j:plain

これまで、収入面であったり同僚の経験談だったりをリサーチしてきましたが、肝心のママの意見を聞いていませんでした。妻も当事者ですからね、しっかりと考えを共有しとかないといけないです。

基本的には賛成

切り出し方としては「パパが夏あたりに1ヶ月〜2ヶ月育休取ろうと少し考えているんだけど、どう思う」と聞いてみました。その返しの一言目は

んーいいと思うよ

でした。あーよかった、一蹴されたらどうしようと思ってました。

時期は要検討

でもよくよく聞いてみると、やはりパパと同じことを思っていました。

ママの育休中にパパの都合に合わせて夏あたりに短期育休をとるのは、あんまり意味ないよねということです。それよりはママが職場復帰するのに合わせて、来年の4月に1ヶ月でも休みを取ってくれたほうがうれしい、と。いやほんとにごもっともです。

パパが育休をとる意義

ママが育休中にパパも育休を取る意義はそんなにない気がします。

パパが収入減を飲んでまで育休を取って意義があるのは、出産直後のママが動けない時期か職場復帰時くらいです。

ママの職場復帰って保育園入園に合わせて4月が多いですが、その時期って世のサラリーマンは大体忙しいので育休を取りづらいんですよね。パパの育休の必要性が高いときに限って、仕事で穴を開けれないっていうのは、もう少し世の中のシステムなんとかならないんかな。

なんで忙しい4月を入園時期にするんですかね。8月とか9月の世間が落ち着いているときをメインの入園時期にしてくれたら助かるのに・・・。

f:id:Pikky:20150329142722p:plain

数式化すると

パパが育休を取る意義があるかを判定する式を考えてみると以下のようになると思います。

家庭での育休必要度>会社を休む申し訳なさ+収入減のダメージ

会社を休む申し訳なさがMAXになるのは大体において3月4月ですね。

で、家庭での育休必要度がMAXになるのも4月と・・・。収入減はパパとママが同時に育休を取る場合が最大で、ママとバトンタッチで育休を取る場合には減少幅はそこまで大きくはならないはず。

プランの変更

取る意義もないのに育休を取ってもしょうがないです。

なので、当初の業務閑散期に育休を取ろうかなというプランAは撤回です。上述の式で言えば「会社を休む申し訳なさ」を最小にしたけど「家庭での育休必要度」も低くなってしまって、収入減のダメージだけが残った感じです。

育休を取るなら4月です。もしくは4月に1ヶ月休むのが困難そうなら、職場復帰時の1週間休むというのも選択肢としてあり得ます。取らなくていい1ヶ月の育休よりも取って役に立つ1週間の有給のほうが家庭と世の中のためです。

◆関連記事◆

◆おすすめ記事◆