読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

パパ、育休取ろうかと思うんだ 第3話:経験談を聞きました

0歳児 0歳児-0歳前半 知っ得
スポンサードリンク

さて、パパの育休計画について第3話です。

前回、前々回と一人で悶々と考えてきましたが、一人で考えてもしょうがないので旦那さんが育休を取っている同僚(つまり奥さんのほう)にどんな感じだったか聞いてみました。

f:id:Pikky:20150207220611j:plain

男の育休生活

私がまず聞いたのは、育休を取っている旦那さんの今の生活でした。話を聞いた同僚は、職場結婚で部署は違うという状況です。

まず奥さんが約半年間育休をとり、その後バトンタッチして旦那さんが9ヶ月の育休生活を取っています。もともと旦那さんが育休を取りたい願望&奥さんが早く職場復帰したい願望があって「バトンタッチ育休」を選んだようです。

赤ちゃんを認証保育園に預けており、赤ちゃんをつきっきりでお世話するということではないみたいですが、家事好きな旦那さんで主夫+育児生活をとても有意義に過ごしているようでした。

また、落ち着いて自分のことを見つめなおす期間にもなっているという話を聞いて、いいなぁと正直思いました。

職場への切り出し方

まぁ一番聞きたかったのはこれでした。向こうも「これが聞きたかったんでしょ笑」みたいな感じで詳しく教えてくれました。

無理(笑)

最初に上司に切り出した時の反応は「無理(笑)」だったそうです。このご時勢人員に余裕なんてないので、ない袖を振れない上司の気持ちも分からないでもありませんが、それを何とかするのがお前の仕事だろ、と平社員は思うわけですよ。

真面目に切り出した結果が一蹴だったので、旦那さんも奥さんも一度諦めたそうです。

きっかけはいつも外から

話が急転したのは人事異動時期の3週間前。その上司が一応育休希望している社員がいると人事に報告していて、人事が「どうせそいつあと1年くらいで異動だし、その分の人員先取りしてもいいよ」と言ったことで話が急に進んだそうです。なんだそれ・・・。

急に育休を取れることになったので、奥さんも急に職場復帰する手続き・準備をしたそうです。職場復帰を受け入れる部署も、いきなり予定外に職場復帰すると言われててんやわんやだったことは言うまでもありません。

上司がカギを握る

その旦那さんのいる部署は、人手が足りない足りないと言ってはいるものの、私の部署から見ると割と人員も多いところなので、正直1人抜けても回ったんじゃないのって思います。

結果だけを見れば、職場的にプラマイゼロで部下の育休を叶えたので有能な上司となるのかもしれませんが、完全に偶然です。

そして、自分の状況を考えると、人員は本当に足りていない、私の異動はまだまだ・・・と職場(上司)の理解が得にくい状況です。

おわりに

いくら世間ではイクメン推進と叫ばれていても実際はこんなものですね。育休を取るなら相当な覚悟で職場と交渉する必要がありそうです。

◆関連記事◆

◆おすすめ記事◆