読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパッとパパ

ママのなすがままに

パパに最適なストレージサービス(4)ー用途別まとめ

オススメ・レビュー
スポンサードリンク

過去3回に渡り長々とストレージについて調べてきました。

パパに最適なストレージサービス(3)ーポータブルストレージ編
パパに最適なストレージサービス(2)ークラウドストレージ編
パパに最適なストレージサービス(1)

その結果、我が家のように写真にそこまで大きなこだわりがないファミリーであれば、Google+で2Lサイズまでのプリントアウトに耐えられる画質で無制限にバックアップするのが安価(というか無料)かつ手軽という結論になりました。

f:id:Pikky:20150325000633j:plain

でも、前提条件が変われば最適解も変わります。今回はいくつかのパターンで最適解を考えてみます。


パターン1:ママがスマホで写真を撮る

これは子どもがベビーの場合に多いパターンですね。四六時中ママと一緒にいて、ママが毎日ベビーの可愛らしい写真をたくさん撮るっていう状況です。この場合、ママのスマホがベビーの写真で溢れいっぱいいっぱいになります。母艦のPCにつなぐこともあんまりないのでバックアップもままならないことが多いです。

このケースの最適解は、Google+で自動バックアップです。コストも手間もかからないし、画質もライトユーザには十分満足できる質(2L)です。そして家族用のGoogleアカウントを一つ作っておけば、ママの手間をかけずにパパも写真を閲覧できてハッピーです。

f:id:Pikky:20150324141236p:plain

パターン2:ママ・パパが一眼レフで写真を撮る

写真に詳しくなくても一眼レフを持って写真を撮る時代となりました。一眼レフで撮る場合、当然ですがスマホに比べて写真1枚の容量が大きいです。せっかく一眼レフで綺麗に鮮明に撮ったのに、Google+だと圧縮されてしまいます。

この場合の最適解は、PC × Flickr。

FlickrはGoogle+と2大巨頭を成すクラウドストレージサービスです。このFlickr何がすごいって1枚あたり200MBかつ合計1TBが無料で使えるという点。1枚あたり200MBまで許されるのであれば一眼レフの写真でも十分オリジナルで保存できます。この場合、一眼レフからPCに画像を読み込んでFlickrに保存する形が一番早いと思います。でもこのFlicker、Google+に比べると日本語化されているドキュメントが少ないのでその点が使いづらいかも知れません。

f:id:Pikky:20150325001033p:plain

パターン3:動画をよく撮る

動画をよく撮る場合、容量が桁違いに必要になることから、クラウドストレージよりもポータブルストレージの方がより適しています。クラウドストレージの場合、インターネット環境も潤沢でないといけなくなりますしね。

I-O DATA Wi-Fi SDカードリーダー「ポケドラ」 WFS-SR02

I-O DATA Wi-Fi SDカードリーダー「ポケドラ」 WFS-SR02

 

この場合、あくまでもスマホは動画を見るビューアの役割で、それを手間なく行うためにWi-Fiストレージを使います。なので正確にはWi-Fi SDカードリーダとしての使い方です。保存は別途外付けHDD等を使うことになります。

 

----

なんだろう、急にアルバムが欲しくなってきたぞ・・・(いつかアルバム編に続く)